5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミネバさま誘拐事件記録

1 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:37:30 ID:cy2x8z/O
シャアはどの様な手口で厳重注意の中ミネバを誘拐した?
教えて

2 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:41:53 ID:???
赤い衣装とゴキブリマントで堂々と正面から珍入

3 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:48:23 ID:???
高らかに笑いながら駆け足でアクシズの廊下を失踪する赤い影

4 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:49:15 ID:???
途中女子更衣室で鉄拳制裁を受けて更に赤く染まる赤い彗星

5 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:50:05 ID:???
食堂の匂いに轢かれて食券の行列に並ぶ赤い彗星

6 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 13:50:45 ID:???
オムライスをケチャップでこれ以上無いほど赤く染める赤い彗星

7 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 14:44:44 ID:???
子供を犯罪から守る?どきどきプルちゃん
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/x3/1113034792/
関連スレ

8 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 14:45:56 ID:???
体に金粉をまぶして空を飛ぶ赤い彗星

9 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 14:57:23 ID:VLsmgzej
衛兵達を次々に射殺

10 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 14:58:16 ID:???
  「フハハハハハハハ・・、教えてやろうかハマーン。

   私だよ、私が赤い彗星のシャアだ。ハハハハハハ・・・」


  ある時は彗星のように ある時は金ピカのごとく

  どこから来るのか そいつは そいつは秘密さ

  黒いマントをなびかせながら 狙ったミネバを盗み去る男

  人呼んで 人呼んで 赤い彗星のシャア

  「フハハハハハハ、ウハハハハハハ・・・」

11 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:04:48 ID:???
山田康雄の声の赤い彗星

12 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:07:47 ID:VLsmgzej
マシュマーと遭遇

13 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:11:50 ID:VLsmgzej
マシュマーを亀甲縛り

14 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:17:35 ID:VLsmgzej
マシュマー尻に薔薇を刺される

15 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:25:07 ID:VLsmgzej
昔 自分の使ってた部屋に到着・思い出に浸る

16 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:27:15 ID:VLsmgzej
ちょと思い出しオナ2ー

17 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 15:34:24 ID:VLsmgzej
すっきりして 軽い自己嫌悪にとらわれ いろんな人に心の中で謝る赤い彗星

18 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 16:57:36 ID:???
ちょっと思い出したWin95の時のジョークソフト
「タキシード山本仮面さま」

19 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/06(金) 21:37:27 ID:gfyEBL6h
調書  一日目
シャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)
アクシズ正面より(恐らく港から)堂々と潜入
公国時代の士官服(赤いやつ)のため怪しまれず?
高笑いしながら女子更衣室へ向かうが中にいた者に
制裁を受け・その後食堂へ向かい行列に並びオムライス
を注文・・・大量にケチャップをかけ、自らを更に赤く
染めたとおもいきや、金粉で金色になりハマーンの部屋へ
衛兵を数人殺害・ハマーンを挑発し逃亡
マシュマー・セロ氏を拘束陵辱し元自分の部屋に到着
自慰行為をした後、タキシード山本仮面さまの事をおもいだす。


20 :zzzzzしゃ:2005/05/06(金) 23:33:33 ID:opdM9RP9
たぶんミネバさまは敵の武将島左近に鉄砲で殺されて...あ べ し

21 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 01:26:26 ID:???
調書を取られながらカツ丼を食べる赤い彗星

22 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 01:27:38 ID:???
味噌汁が白みそだったのでしょぼんとする赤い彗星

23 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 01:28:51 ID:???
「ミネバ様」の単語に過剰反応する赤い彗星

24 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 01:29:23 ID:???
「ハマーン」の単語にも過剰反応の赤い彗星

25 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 01:31:35 ID:???
本名を聞かれて「ヤザン・ゲーブル」と答える赤い彗星

26 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 10:58:12 ID:???
応えながら「縮んでるぞ…」と取調官の股間を握り締める赤い彗星

27 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 15:08:30 ID:07mDR6eu
取調官の睾丸を握り潰し 親衛隊数人にカンチョウ&ニギリッ屁を食らわし
逃走「俺の名はヤザン・ゲーブルだぁぁっぁ!」と叫びながら居住区へ向かう

28 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 16:29:23 ID:gpgmq2ll
居住区のバーにて
バーのモニターにはハマーンの演説が映し出されている
赤い彗星はその映像を見て、怒りでロックグラスを
震わせ一言「小娘め・・百式タンの恨み・・・体で償ってもらう!」

29 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:07:36 ID:???
どこかで財布を落としたらしく、体で払わされる赤い彗星

30 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:25:06 ID:WciQEqlb
皿洗いをさせられ ようやく開放され やっとこさミネバのいるブロックを目指す
シャア

31 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:31:12 ID:WciQEqlb
ハマーン「!!・・・悪寒が・・この感じ・・間違いないシャアか・・・。
何を考えている・・」
その頃・・・
シャア「ミネバをさらい・・あーして・あんなかっこうさせて・イッシシシ・・」
黙々と宮殿をめざしていた。


32 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:36:31 ID:gpgmq2ll
これって?いつぐらい?
コロニー落とし前?

33 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:40:07 ID:WciQEqlb
おとといぐらいじゃねーのか?

34 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 19:40:50 ID:WciQEqlb
神戸の列車事故の後だ

35 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 20:29:46 ID:???
宮殿前で夜を待つシャア

36 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/07(土) 20:31:55 ID:???
アクシズ内部に夜もくそも無い事に気づき
地団駄を踏む

37 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 02:08:50 ID:???
続けてやるよ
宮殿内は蜂の巣を突いた様な騒ぎだ。
常識で考えればあたりまえか、ダカールで演説をし、グリプス2で
戦死したはずのクワトロこと赤い彗星のシャアがアクシズ内に侵入し
親衛隊を射殺 一度は捕まったと思いきや脱走、親衛隊の威厳に関わる
大問題。しかも闇にもみ消そうと思っても、ハマーンにもばれている、
さて、赤い彗星どうやってミネバをさらうのか・・・。

38 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 02:57:01 ID:???
「シャア・・何を企んでいる・・」窓から遠く地球を眺め赤い髪の女がつぶやいた。
別に空調の効きが悪いわけではないが女は寒そうにしていた。
「私は・・まだ心の奥ではシャアをまっているのか・・憎いはずの男なのに・・・
近くに感じただけで・・胸がたかなる・・。」
無意識なのかケープを持った手が女のふくよかすぎる胸へと移動していく
甘い、そして熱い思い出が頭の中をよぎる度に、自分の理性とは逆に指が乳房を刺激する・・。
「シャア・・ん・・・ん・・。」名前を口にすると女は体をよじらせ身悶えた。
グラスを持った左手はいつしかショーツの中へと移動し・・指先は女の陰部へ滑り込んでいた。
「シャア・・あぁ・・ん・ん・シャア・・ん」
クリOリスを刺激するたび・体に電撃の様に快感が走る。女の理性とは逆に
指は激しく動き・奥からは洪水のように愛液が溢れ出していた。
女の指はもう意思とは関係なく奥へと入ってゆく・・チュク・・チュクと音をたて
指先に感じるヒダの部分を何度も擦り、その度に体に電気が流れる・・・。
「あ・あぁん・・ん・・ん・・はぁ・・シャア・・」
そのうち体を走る電撃は大きな波へと変わってゆく・・もうやめなきゃと
心の中で思いつつも・・乳房を弄る右手と秘部を捏ね繰り回す指はもう
自分の意思では止められなかった。
「・・あぁぁ・ん・・シャア・・シャアぁぁ!]
ビクッビクッと体を震わせ・・女は昇天していた。


ガタッ!


「誰だ!」
クローゼットの中からの物音に女は慌てて服の乱れを直し机の上の拳銃えお構えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・。



39 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 03:00:48 ID:qawkLluF
いや ミネバ様誘拐だってば・・・


40 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 03:11:07 ID:???
>>38
欲求不満?

41 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 03:13:03 ID:???
>>38
誤字多いの如し



42 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 03:16:20 ID:eKfGXPWk

        ,..::''" ̄ ゙~ヽ、
       r''"       ゙i     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      r'  r,/゙i_  、   h..     |  白馬に乗って、ミネバを
      l  jl,/ ,.つ;==f  j!    |  
      ゙i i!l ゙̄^  l!l L「l !, ._ノ  迎えに来たに決まっておろう
      \ヽ_/」\_/j//  ` ̄ヽ
        ヾ、 ― ,.イ ゙̄^i      `ー―――――――
      r――ヽ.../l Eヨ /
      \  ,「  ̄l   ゙ー-、__rへ、
    ,.へ-‐'")./  /      _r'" r‐、`i
   ,//___.ヾv  / ,...-‐‐'''" ̄,. / /"  ヾ!
  ,イ 「   l !l ;/ /      l / /    !
  !i !   l! lレ' /      、 l" /     \
  ll l!  _ l l.l / r--、__   「! l f、       ヽ.
  }! レ''"''ヽ ,,/-.、 ゙̄ー`=i ヾ !、l_)‐、      ヽ.
  {ヾ"   `     ー―''    / \      ヽ
  l l   ''"            ,,/   ヽ、   _,.  !、
  l .l               /      ,>    ヽ.
   ! !             ./     ,_,.:'      ,/
   } {__r==、______,r''     /  \    ./
  .ノ ,)  l「~i」    ,.-‐''"ヽ、.   /     l,,..:-‐'
  / f ゙ーニニ---‐‐f_,;;'",,゙ニ  ゙ー'"   ,.:_/
 i゙  l         ヽ",.r--、__ ,ヾ_,.-‐''"
 L__」               「
 l /                l


43 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 11:29:09 ID:???
シャア
「この淫乱女め!大人になったお前などに興味はない!ミネバタンはどこだ!!」


44 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 18:21:02 ID:???
「フッ シャア・・今の状況が理解出来ないとは・・愚かな・・・」
「お前の下らない野望とやらを、独房の中でゆっくりと練るがいい!」
「誰か!曲者だ!」ハマーンは通信モニターに向かって叫んだ。
・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。
辺りは静まり返っている。
シャアは腰に手をあて笑みを浮かべながらサングラス越しに
ハマーンを見つめていた。
「悪いな・・。こんな密閉された空間でガスを使うのは、
私の流儀ではないのだが・・・。」

「ガスだと!?ふざけたまねを!」

「安心しろ・・。ただの催眠ガスだ、お前の集めた即席親衛隊は
今頃は夢の中だ。」
ハマーンは、不安な顔を見せつつも気丈に・
「フッ しかし貴様は丸腰だろう?私の拳銃は引き金を引くだけで
貴様の頭に風穴を開ける・・。
貴様が不利な状況にかわりはないさ・・。」
「これで終わりにするか?続けるか?シャア!」
シャアは笑みを崩さない、自信に満ちた顔でサングラスを投げ捨てた。
「前にも言ったろう?そんな決定権はお前にはない!」
「これを見ろ!!」
そう言うと胸ポケットから何かをとりだした。

「・・ボールペンがどうかしたのか?」
ハマーンは不思議そうな表情で尋ねた?
「フフフ・・・これはペンではない!秋葉原で買った
超小型ビデオカメラだ!」

「!!!」
ハマーンの顔を・髪に隠れて見えないが耳まで真っ赤に変わっていった。
「そ・それをよこせ!」
ハマーンが銃を下にさげたその瞬間シャアの蹴りが見事に
ハマーンの銃に命中し部屋のすみへ飛ばされた。
そして、すかさず右手をつかみ背後に回りこんでねじ上げた。
「女性に暴力は振るわない主義なんだが、お前は別だハマーン!」
「あの日、私はノーマルスーツにバーニヤ一つだ・・・漂流してたんだぞ!」
「もう少しで酸素欠乏症になるところだったんだ!」
記憶が蘇りシャアの顔がくもり始めた。

45 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:28:38 ID:???
シャアはてを伸ばしカーテンの止めひもでハマーンの両手を縛りあげた。
「ハマーン・・・。安心しろ・・。フフフ・・これは、ただのボールペンだ!
ハーッハッハッハッハ!」
ハマーンはもがきながら叫ぶ「よくも!よくも!貴様ー!!」
シャアはもがくハマーンを押さえつけ椅子へ縛り付けた。


46 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:32:07 ID:pVzT2vm5
官能小説になっちゃってるよ
このスレ
ミネバ様待ってるよ早く行かなきゃ大佐!

47 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:36:50 ID:???
「まだだ・・まだおわらんよ」

48 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:43:23 ID:???
われらのハマーン様を・・貴様許さん
ってゆーか 俺も参加サセロ!!

49 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:44:16 ID:???
「ひかえろ!下郎!」
叫び声と共に部屋へと転がり込んできたなにか。

「私の名前はマシュマー!ハマーン様の薔薇騎士マシュゥゥゥ・・・」
空気より重いので足元に未だに残留するガスを吸い込んで声の主は沈黙した。

シャ「・・・・・・」
ハマ「・・・・・・」
一瞬、しかしながら長い沈黙の後で続ける。

シャ「・・・え・・・と、どうだ!恥ずかしかろう!」
ハマ「お・・・オノレ!恥を知れ!俗物!」
シャ「恥を知れ・・・か。君に言える言葉かな?」

50 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/08(日) 20:47:13 ID:???
マシュー!立つんや!!俺のためにハマーンさまを!!

51 :ハマーン様の危機に鋼の救世主が!!:2005/05/08(日) 21:00:47 ID:???
             ,. - 、- 、
       _ノ!__,イ_/ ‐'= , ヾ !ト、_ ,.、,.、
      |  !l !l l `ヽ_‐_、 ,.-r‐_Tl'lT!T !
       l ,- _  j` -、_l〉ーl_,r'l ´  ´,!
        \  ` ト、\ l  ̄ l.イ //   
         \,r' ト、 `l  ̄ !.イ /     
          <   ll `ヽ__‐,r'l l        
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;|
│ ジーグ  | ;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;!
├───‐─┴────────────────────────
│シャアめ、この鋼鉄ジーグが相手だ!!
└─────────────────────────────‐

52 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 01:47:14 ID:???
椅子に縛り付けられながらも身を捩じらせて、抵抗するハマーンを、笑みを浮かべながら
シャアは眺めていた。
「何をみている!」
「ん?いや・・私の名を呼びながら、自慰行為をする悪い子には
どんな、お仕置きが相応しいか、考えてる」
ハマーンは、あまりの羞恥心で、目に涙がたまっている。
今、出来る抵抗といえば、無言でシャアを睨み付ける事しか
できなかった。
「とりあえず・・・どれだけ成長したか、身体検査・・だな。」
そういうとシャアは、ハマーンの服を、無理矢理捲くり上げた。
「フフ・・かなり成長したかな。」
捲り上げられた服は、ブラジャーから溢れんがばかりの、乳房に引っかかり
眩しいほど白いハマーンの肌がさらけ出されている。
「やめろ!シャア!」
涙目でシャアを睨み付けたが、お構いなしにシャアは、ハマーンの
後ろに回り込んだ。
「ほんとに・・やめてほしいのかい?」
そう耳元で、囁くとシャアは、ハマーンの乳房をわし掴みにした。
「!やめろ・・やめ・・・!ん!」
最初は強引に、そして、やさしくハマーンの胸をもみしだいた。
「かなり大きくなったんじゃないか?・・」
ブラジャーから、胸の大きさのわりに小さな乳首をほじくりだした。
「シャア・・やめろ・・・んん・・」
理性を無くさないように、下唇をかみしめ声を殺すが、
シャアの指先は、そんなハマーンの乳首を愛撫し妨害した。
「さっきイッたばかりだから・・感じやすくなってるのかい?」
必死で耐えようとする、ハマーンの顔を眺め、シャアは悪戯めいた笑みを
浮かべ乳首をつまみ、引っ張りあげた。
「!あ!んっ!痛い!」
やさしく愛撫して、時に強くつまんだり・・交互に繰り返し
ハマーンは、いつの間にか、快感に体をくねらせ
声を上げてしまっていた。
「あん・・あっ・・は・はぁん・・・ん・ん」
シャアの愛撫が続き、ハマーンは完全に理性を失っていた。
「相変わらず・・可愛い声で鳴く・・」
「これでは、お仕置きにならんな・・」
そういうと、シャアは、左手をハマーンの下半身に手をのばす・・。

53 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:13:09 ID:???
ハマーンのショーツの上から触れると、もうグショグショになっていた。
「こんなにして・・・悪い子だ」
ハマーンは顔を真っ赤にして、愛おしそうな表情でシャアを見つめる。
「気持ち悪かったろうに・・・」
シャアは、ハマーンの足を縛っていた紐をほどき、やさしくハマーンの
腰を持ち上げショーツをずらしていった。足が自由になったにもかかわらず、
ハマーンは抵抗しない。
ショーツに付いた、ネバネバした愛液は、ハマーンの赤い陰毛から糸を伸ばすほどだった。
シャアは、ハマーンの両足を持ち上げ、大きく広げさせ、ハマーンの陰部
を、まじまじと見つめた。
「や・・いやぁ・・シャア・・恥ずかしい」
足を閉じようとするが、シャアによって、それは阻止された。

54 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:18:27 ID:???
誰か止めてくれ


55 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:27:06 ID:???
エロ小説書いてるやつウザイ、スレ違いだから他所池。

56 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:27:58 ID:???
シャア「ほらほら・・・どうした・・・・むにゃむにゃ・・・・」

マシュ「楽しい夢を見てるみたいですね・・・」
ハマ 「俗物め・・・・・何だこの悪寒は??」

アクシズ内特別捕虜調教室、椅子に縛られたシャアがよだれをたらしながらにやけている。
自分でばら撒いたガスを自分で吸ったシャアは楽しい夢を見ているようだ。

マシュ「そろそろ起こしますか?」
ハマ 「そうだな・・・・起きろ!俗物!」

ハマーンの一喝と共に股間に蹴りをいれられたシャアは椅子ごと飛び跳ねて地面へと墜ちた。

57 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:35:57 ID:???
シャア「ぐぅぅぅぅ・・・・よくもジーンを・・・・」

痛みで錯乱し、涙目になったシャアが地面に這いつくばったまま上目づかいでハマーンを見上げる。

ハマ 「マシュマー、例のものを。」
マシュ「はっ!」

ハマーンの出した手にマシュマーが渡したもの・・・それは
ハマ 「どうやら私の包容力も限界のようだ。二度と人前に出れないようにしないとな。」

マスク!あのマスク!シャアのマスク!しかし・・・・・一旦つけたら外れないように細工された。

ハマ 「そいつには発信機が埋め込まれていて・・・・ミネバ様の半径100mに入り込んだら・・・」
瞬間、シャアの全身に電撃が走る。

シャア「グフゥゥゥゥッッッ!」

ハマーンの高笑いと怯えながらも恍惚のマシュマーの顔が薄れいく意識の中でシャアが確認したものだった。

58 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:40:43 ID:???
見えるぞ
私には>>53
がハアハア言いながら必死でタイプする
キモぃ姿が見えるぞ

59 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 02:52:38 ID:???
,.、-''"´  ̄     ̄`''''- 、
                        /                   `ヽ、
                    /              、`ヽ    ヽ
                   /               、.゙i ドi     ヽ
                 /                 lノ | i|   ヽ   ゙、
                  //               i i / |i/, i!    ゙、   ゙、
                  ,'/  i!         / / / / /|l 丿    |゙i  l、.゙i
               l i   |ト-‐' _,ノ /  /./,.イ// ゙i'、、,. ヽ i |ト  |゙i l
                | | i ト、二´  / ///7/    l;ヾ、iヽ ゙i|/i | | | |
                | | l |ミミ三彡彡'''ヽ,   / ,r'' ̄`'ヽ、゙i}゙iV|iノ ,' l !|!
               | | i、 l三='",.,-┬-、     -,.-r- 、  |i レ'/ / ,' ,'
                  l、i、|rヾ、i| 、/ {゙'''::::::l`       イ゙''':::::::ヽ_lレ'ヽ,/ //
                l、i`゙iy'^i   ヽ、;;;;ノ       ゙i;;;;;;;;;/ ./l/)!ノノ〃
                 ゙、、ヽ、_,l  〃〃       〃〃,イ/i_ノ,.//
                  ヽ,、ヾ;、゙、      _'___     /::///     早く来いシャア
                  ヽ,l゙i|、l:ヽ,     l    l    /:〃/
                   l.i/ノ!:::::i:ヽ、   ヽ、_,ノ   /:i:::i./
                  ー''-'"ノ,.ノi.ノ,.._`i'- .,_ _,. -'" |、::、iヾ:、_,
                      '´ ‐''"|゙、'、l_   __,,. '-'"|
      ,..、    r'''i          _,./、| |゙i フ ̄「 <.| `-.| |、
        {. ゙、   ! |  _,.-r'´二>‐'",.、 ヽ, ヽ.l _> 0 |.0<| l,.、-' >‐(コヽ、__
      ヽ_, ヽ ト ゙i //´´ ____.ヽ'´:::::/ l`''-、_`''T'''"´___'" /`ヽ、`''-、iヽ,
   r─‐-、. ゙i. ヽ|  |//`i く:::::::| ゙、::/  l:::::::::::::l l 「´::::::::::l  ヽ;::::::/ ,へ `ヽ
   `ー‐'、 ヽ!_  !  |l   |n ヽ;::::l.  '´  l:::::::::::::| l |::::::::::::::|    `-' /::::::/n i゙i
   ,. ---`v   ,. -'"  |゙i ! l::i::`=っ  |:::::::::::::| .l |:::::::::::::::|  r-、_/::::::人l_| | l
   /,. ノ- .,_  /!    /.┘ニl'v'‐::ヽイ> ヽ;:::::::::| .l |:::::::::::/ ,.、 `'7:::l:/::/::::`i'´
   `''    l        l,.`i:::゙i゙/:::::::::::ヽ_,.ク ヽ;:| .l |:::::::/,.、 \`'::::::|::::/:::::::::ノ|
        ヽ,、_   //l゙、::l|:::::::::::::::::::く_,「l  | レ' ,.、ヽヽ/::::ヾ:|::/:::::::::::::/
         ((_|,.>'"   ゙i l |!::::::::::::::::::::::::::ヽ, | __,,,.> `'":::::::::::::::::l/:::::__,,./::〉
        ゙i         ∧、゙、::::::::::::::::::::::__| | l__::::::::::::::::::::::::::::,':::::´:::::::::/
         ゙i-    /::::::ヽ::ヽ:__::::::::::::ヽ __人_ /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
          〉、___,./::::::::::ヽ::ヽ:|:::::::::::::::::::ヽヽ,//::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::/
         ヽ;::::::、::::::/:::::::::ヽ;:l|::::::::::::::::::::::ヽ ':::::::::::::::、::::::ヽ、:::l::::::::::::::/::l
          ヽ;:::::::´ ::::::::::::::::/゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、::、:::゙i|::::::::/:/::/
           ヽ、:::::::::::::::::::::/ |、::::::::::::::::::i:::::::::::::::::、i::::、|::::::::::|:::::::::::/::::ヽ
             `''''- :;__:/ ,._Y`ー----r 、__i,l_,.l、、--─''|ヽ,::::::::::::i::::゙i
                  ∧:::`- .,,__  | l__l |    __,ノ!;:l::::::::::::l:::::::|
                 r'":::::\::\::::` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ::/:::::ヽ、,_::::ノ::::/|
                ハ::l::::::::::::ヽ:::::\::`--:::::::::::::::::'´:::::::::::/::ヽ- 、:



60 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:10:29 ID:tCSKohrm
ミネバ様目指した方が・・・
ん?そもそも、ミネバさまは、誘拐されたのか?

61 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:14:53 ID:???
シャアが誘拐したかは知らん

62 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:22:20 ID:???
まず、大きなタライを用意する。一本だけ棒を立てひもでつなぐ。
タライを棒に立てかける。大佐がタライの下に入る。ミネバを
おびき出す。下に入ったのを、見計らってひもを引く。
ミネバ捕獲。・・・・・だと思う。

63 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:24:50 ID:???
>>62
誰がひもひいた??
愚かな

64 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:27:11 ID:???
ニュータイプは人の革新
ひもぐらい どうとでもできるさ!

65 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/09(月) 03:34:27 ID:???
マシュ「ハマーンさま、縛っておいたシャアが逃げ出しました。」
ハマ 「構わん、あの仮面は絶対に取れん」

ところ変わって倉庫の中
シャア「ここを・・・こうして・・・ジオン脅威のメカニズム!・・・・とりゃ!」

仮面は外れずアクシズ内に警報が鳴り響いた。

66 :なんかダラダラだけど許して:2005/05/13(金) 14:53:36 ID:???
シャア「くっ…なんだこの仮面は、アロンαでもつけているのかっ!!」

『居たぞ〜!』
「むっ!」
小銃を携帯したアクシズ兵が格納庫を包囲する。
体調っぽい人『ふはははははっ!観念しろ赤い彗星!昔グリプスで貴様にやられた古傷が真っ赤に燃えr(ry』
シャア「ぬぬぬぬ…」
体調っぽい人『良し!取り押さえろ!殺しても構わん!!』
アクシズ兵『しかし…ハマーン様は無傷で捕らえよと…』
その僅かな兵達の逡巡を見逃すシャアではない。
『ぐはっ!ぎゃっ!』
一瞬で数人の兵をほふる。
シャア「後七…八人って所か…いいぞ、私にも敵が見える!」
体調っぽい人『きっっさまぁぁあっ!!』鬼気迫る顔でシャアを撃つアクシズ兵達。
シャア『あたらなければどうt(ry』
金属粒子の残像を残しながら華麗に銃撃を交わすシャア。
体調っぽい人『何故だ!何故あたらん!』シャア「宇宙の果てで引き篭ってる貴様等にはわかるまぃ!!私の体を通してでる炉利パワーを!!」
『くっ!銃がっ!何故撃てない!』
「甘い!」
兵の一人に拳を減り込ませ、ひるんでいる体調っぽい人に飛びかかるシャア。
体調っぽい人『な、なめるなぁぁっっ!』
シャア「なんだこのプレッシャーは!」
その瞬間体調っぽい人の体は光に包まれた。

67 :続き:2005/05/13(金) 15:23:35 ID:???
みるみる巨大化し、体に纏うオーラが増大する体調っぽい人。
シャア「大きい…」
迫力に圧倒され、身動きのとれないシャア。
体調っぽい人『死ねぇぇっ!』
その巨大にあるまじきスピードでシャアを殴り飛ばす体調っぽい人。
「ぐはぁあっ!」
格納庫の備品を吹き飛ばしつつ転がるシャア。三十b程転がったのち止まった。
体調っぽい人『くはははっ!なんだかよくわからんが体に力が溢れてくる!』
「く、そっ…」
その凄まじい戦闘に恐怖したのか安全な場所に避難して((((;゚д゚)))ガクガクブルブルしているアクシズ兵。
『ん〜?さっきまでの威勢をどうしたのかな?シャアさんよ〜ふはははははっ』
(どうしたものか…奴に私は勝てないのか…教えてくれララァ…)
その時だった、傷を負ったシャアの体から血が一滴仮面に滴り落ちた。
ガシャン!
シャア「ぎぃぃやぁああっっ!!」
なんと仮面から無数の突起物が現れ、シャアの頭に食い込んだのだ。
体調っぽい人『ん〜?その仮面は中世の拷問器具かなんかか?なんにしろ手間が省けたわ!ふはははははっ』
妙に静かな格納庫内。
体調っぽい人『おい!いつまで縮こまってつもりだ。早くこいつを運び出せ!』
返事をしないアクシズ兵。
体調っぽい人『聞いているのか!おい!』「無駄だよ」

68 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/13(金) 15:26:13 ID:AtAndGm3
スレ違いなのは重々承知でさ
なんかバトル書いてみたかったwww
不愉快だったらもう続きは書かないから許してちょ
SS書いたの初めてこれ楽しいwww

69 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/13(金) 15:31:53 ID:???
安芸チッタ
スマソ

70 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/13(金) 22:00:40 ID:???
  ∧_∧
 ( ・∀・)<エロクなければいいんじゃない?。 (    ) 
 | | |  
 (__)_)   

71 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/16(月) 13:13:30 ID:???
そして再び潜入する赤い彗星

72 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/16(月) 23:48:23 ID:???
「潜入するにはやはり全身タイツでなければ!」と赤鼻に怒られる赤い彗星

73 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/17(火) 02:31:15 ID:1DruM0l0
何故赤鼻が?なんて心野中で突っ込みをいれつつミネバを探すシャア

74 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/20(金) 01:09:41 ID:???
「ララア・・・私を導いてくれ・・・」
そうつぶやき、再び女子更衣室へ、潜入を試みる赤い彗星




75 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/20(金) 01:14:22 ID:???
一度目の侵入のときに仕掛けた
隠し撮り用カメラを確認・・
電源が、入っておらず・・・・。
「ええイ!慣らし運転をしないで使うと!」
赤い彗星・・・・・。

76 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/20(金) 01:15:50 ID:???
  _, ,_  パーン
 /ゝ‘д‘)ゝ
   ⊂彡☆))Д´)

ちょっと出張

77 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/20(金) 08:25:05 ID:???
「アルテイシア…」とつぶやく赤い彗星

78 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/21(土) 02:02:44 ID:???
ところで・・・・このスレトニー竹崎の絵で妄想している俺にはかなり面白いのだが

79 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/22(日) 14:31:38 ID:???
血便をいきおいよく噴出して空を飛ぶ赤い彗星

80 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/25(水) 22:19:44 ID:???
そして宮殿の屋根の上に着地しようとして失敗

81 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/25(水) 22:26:39 ID:???
ここは「昔観たアニメ映画の様に!」と全速力で屋根を駆け下りる赤い彗星…

82 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/25(水) 22:28:18 ID:???
                        ,r‐―‐-、
                      /      \
                     /   ,ィ       ヽ   >> 59
                    i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l   お迎えに参りましたミネバ様
                    iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ
                     ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,' )   
                      ヽヽ,j  ,__''_、  j r,'  
                      /iヽ.  ー  /l )
             /~⌒~ ̄|,~ ̄ -‐'\`ー‐ '/  \~⌒~⌒~ ̄  ̄\
           /      | `ー―-、ヽ   ノ -―'~ ̄ 、       \
          /       /      `ーV -‐' ̄      ヽ         |
          /                ||          \           |
          |                ||                   |`、
        /`-、   /          ヽ||/          ヽ   ー、_ノ \
       /       、           ||/           |/      \ \
       /        V        \. ||            /         ? ?
      |         ヽ        ヽ/ヽ、          人          |  |
      |        / \、_     /  \       /  ヽ         |  |
      /       ノ /    ̄`ーー'   l  、 ̄`ーー-ー'    ∧        l   |
     (       / /\  入   /   |   |     / )  /  \      人  ?
    /    \ ,/    \     l、_ 人_ _,|    -‐',/l /    `ー、_>-‐'~    |
    //      〈       | \   /   |   ヽ   /  |        |        |
   | |         |        |     |   |    |      /          |        |
    | |       |         |    l、_ 人_ _ _ ,|     _/         |       |
   | |       /       /                 〈          |      |
   | |       /       /                 〈          |      |
   | |,      /       /        /´:|uヽ     ヽ  、         |      |
   |~    /       / /      (;,.人u.)     ヽ  、         |      /
    |    /        / /     ミミ|;;  :|ミ彡     ヽ  l        |      |
               /       ミミミ|;;  ;;l彡ミ      l  l 
               / ヽ     ミ ミ:|;; | ::l;彡彡     / l
                      ヾミ::|; ;; ;;;lミ彡

83 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/26(木) 00:29:03 ID:???
豆乳でどら焼きを流し込みながら北斗の拳を鑑賞する赤い彗星

84 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/26(木) 11:15:57 ID:???
シャア「リンたんハァハァ」

85 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/26(木) 22:14:28 ID:???
         ,r‐―‐-、            ___,,,,,___
       /      \        /     `''ヽ、
      /   ,ィ       ヽ     ./      ノ)、 ヽ
     i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l    ..|     ミノノ _,,、リ
     iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ    |    ネ/_,,.  イフ|
      ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,' )    \   バ イフ ゝ "|   
       ヽヽ,j  ,__''_、  j r,'      \(6ゝ ゙  凵@ノ  私達結婚します♪
        )ヽ.  ー  /l )        レレ ヽ.,__/
     _,r┴‐`ー‐/ -‐j-、__  , -‐-、_r┴─'┴チト 
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ',
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l
    l:.:.:.:.:.:.!     !   l:.:.:.ト/   /  ```´-ァ‐'''"     /   l
、__/:.:.:.:.:.:l     |    |:.:.:ヽヘ  l    //         / _ ィノ
    /:.:.:.:.:.:.:!    l   |:.:.:.:.:l `ーヽ、_ノ´l、______/lニ二」
____l:.:.:.:.:.:.:.|      l   |:.:.:.:.:!        |_  ( ( ) )_〕|   l
   l`ー‐‐'匸二l ̄ ̄l二フーイ       /   ̄ `‐‐'´ ヽ  |

86 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/27(金) 16:27:23 ID:???
左側が首ぐらついてて、赤い人を誤魔化す為のマネキンみたいに見える。

87 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/29(日) 23:15:57 ID:???
実はマネキン

88 :通常の名無しさんの3倍:2005/05/30(月) 23:59:45 ID:???
つかダッチワイフ

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

                ハ::l::::::::::::ヽ:::::\::`--:::::::::::::::::'´:::::::::::/::ヽ- 、:

@ V,-──'´ /test/read.cgi/x3/1115354250/">★スマホ版★
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)