5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

こっちむいてよ小狼くん♪

1 :CC名無したん:02/09/28 12:44 ID:cjDizv7N
『ねえ、小狼くん。あの人・・・』
『ん・・・・?』
さくらのかわいらしい手。その人差し指の指した先に小狼は神経を注ぐ。

『あ・・・』
『ね、小狼くんも知ってるでしょ?』
『ああ・・・でも・・』
『じつは私もわからないの。 どこで会ったのかなあ?』
『・・・あっ、テレビだ・・』
小狼はさくらの疑問に答えようと必死に頭をひねり、ついに一つの結論をだした。

『あっ! そうだよ、テレビだよ!・・・でも、どんな人だっけ・・?』
『・・んん・・』
小狼は再び記憶の回路をたどる。
結論が出ないまま、その人は通りすぎて行った。


851 :355:05/02/21 01:45:17 ID:viKdBJVW0
『あ・・さくらちゃん、あちらに・・』
『ほえ?あ、りーくんと苺鈴ちゃん!!』

さくらと知世は右正面十メートルほど離れた文房具屋から出てきた所だった。
小狼と苺鈴とは違い、軽装のさくらと知世の方から駆け寄ってきた。

『お買い物ですか?』
『・・すごい荷物だね・・だ、大丈夫?りーくん?』
『・・はぁ・・』
『果物がいっぱいですわね』
『ケーキ作ろうと思って、ね?小狼?』
『・・・・・』
『これからお作りになるんですの?・・では御夕食はどうなさるんですの?』
『っっ!!!!』

夕焼けが四人を照らしていた。
しかし流石の太陽も、凍りついた苺鈴を溶かせる事が出来るだけの修行は積んではいなかったようだ。

息を切らしながら歩く小狼の少し後を、肩を落とした苺鈴がまるでナメクジのように伸びた影を引きずりながら進む。

『はぁ〜あ〜・・・せっかく材料も買ったのにぃ・・・・』
『お前・・本当に今日作るつもりだったのか?』
『だって早く小狼においしいケーキ食べてほしかったんだもん・・』
『ケーキなんて作ったら台所使えないだろ?偉にこれ以上迷惑かけるな』
『ぷー・・』
『明日は日曜日だから今日は我慢しろ・・な?』
『ぷー・・』

852 :CC名無したん:05/02/21 01:57:52 ID:hxxMn+4g0

               (())
            ,〜((((((((〜〜、
           ( _(((((((((_ )
           (/ ~^^^^^~^^~ヽ )
           (  ;;;;;;;;  ;;;;;;;;  )        {二二_¨¨7
           (  -=・=  =・=- )          ,へ/ ./
           (    (oo)    )           \__ >
            (    )3(    )    ┌i ┌i  {二_¨¨7 
            (____二二二_____)人  {二 二 二}  / ./
           ,..- '゙。 ゞ、≡//x:`Y´、 凵_j |   / /\\
     ,-.、   /*:x・'┼゚ ゞ/(~)_..:::..::x.X  匚..,,ノ   ,ニ    ̄
    _,ノミ}ハ / X..|。.::*.+゚// `ヒ \...*  く~> ,.へ ノ ,_ ̄二}
  / iゞ_ノY人。.:x|・.'゚x。'゙//::+`ゞ  人※   _/ / `¨_ノ ノ
 / X | /:x`Y´, 。|.::・'゚。/./::*.+∧ゞ `、o:: ゞ_,/   ヽ- '゙
 !:x・人,レ'::::+::・ix: ・|::x../ /.x,/..゚。:..:ハ. ハ x ,ヘ r-ロロ く~> ,.へ
 l  `Y´。.:x・'..xl..::x..l//,/..:::.::x.。.l八/:::i / .ハ. ヽ、 _/ /
 ゞ、X 。.::*:;+:;:。''xトく;;ノ_..:::x.::...+。l.*ハ、j〈_/...X 廴.>ゞ_,/
   }。.:+:*...:::...::x..:/  / /~`7''ァ‐ィハ:;:。''x:::.: /
  j;:;+:;x:;:。''x-.. /⊥∠ノ ,ノ ノ ノ|Y※:::.::x.。/.
  i:+:。*x:;%..。/ゞ:x・ゞ|` ̄`;'─ヶ-|:;%..。:;:。'/
  `ー- -一'   `Y´゙|;;'‐、'`''ー-、,`ー-、イ    
               |:+:|・。 ヽ、X 。.::*


853 :CC名無したん:05/02/21 02:09:53 ID:hxxMn+4g0
誤爆した

854 :355:05/02/21 15:47:40 ID:Hdxk+7Nh0
『・・そういえば家出る前にちゃんと台所の片付けしたのか?』
『・・・・』
『まったく・・』

家に帰ると予想通り台所は偉によってキレイに片付けられており、夕御飯の仕度の真っ最中であった。
その作業もほぼ九割方完了しているようで、焼けた魚のいい香りが苺鈴の罪悪感を増幅させた。

『ごめんなさい・・』
『いえいえ、もうすぐ出来上がりますので、どうぞテーブルでお待ちになっていてください』

苺鈴は何か手伝うことはないか探している様子だったが、食器も箸も全部テーブルに並べられていた。
諦めた苺鈴はテレビのスイッチを入れた。
時を待たずして苺鈴は笑い始めた。

『きゃはははは』
『(落ち込んでたんじゃなっかったのかよ・・)』
『きゃははは、小狼の声にそっくり〜!!』
《かぁ〜つらさぁ〜ん・・・》
『似てないって言ってるだろ!!!』
『きゃはははは♪そっくりそっくり♪』

苺鈴が毎週この時間に観ているアニメの主人公の声が小狼に似てるか似ていないかでいつも言い合いになる。
苺鈴も、小狼に声が似ているからという理由だけで観ているようなものだ。

855 :CC名無したん:05/02/21 21:28:12 ID:6IC2A3yd0
いいよいいよー

856 :CC名無したん:05/02/22 01:08:57 ID:XoABhpCi0
お前らさ、そろそろ355が寂しがりはじめるから・・

857 :CC名無したん:05/02/22 13:58:20 ID:tCkZYdtr0
かぁ〜つらさぁ〜ん・・・
ワロタ

858 :355:05/02/22 14:11:45 ID:QxmGeIIo0
小狼にとっては気に食わない過程だったが、苺鈴が立ち直り夕食も明るく終了した。
夕食はそれでもよかったが、苺鈴はもう少し反省すべきだ、と皿を洗いながら小狼は眉を歪めた。

入浴中の苺鈴の鼻歌を、小狼は背中で感じながらリビングを出た。
自分の部屋に戻り扉を閉めても鼻歌は微かに耳に入ってくる。
どこにいても騒がしいヤツだ、と思いつつもなぜかほっとしたものも同時に湧いてくる。

机の上の汚してない便箋。

クロウカードには心があった。人間に準ずる存在といってもいいかもしれない。
小狼が魔法に使う札にはそこまでの繊細さは無い。だからどこか道具として扱ってしまう。
だから初めて木之本に出会った時、無理矢理クロウカードを奪おうとした。
今ではとても恥ずかしい事をしてしまったと心から悔やんでいる。
たかだか半年足らず前の自分だった。

夕方、木之本に会った。
木之本の存在は、確実に自分に大きな変化を齎した。
木之本を通してクロウカードに接することで、まず自分の未熟さ加減というものが段々と見えてきた。

859 :不安 ◆AAIX.pwMao :05/02/22 15:26:57 ID:l6u7LRVD0
355タンはトリップつけんの?
まぁ偽者はそれなりに分かるからいいけどさ。

ttp://f14.aaa.livedoor.jp/~sifo/kb/trip.cgi

860 :888:05/02/22 18:59:33 ID:ECgQaH4Q0
355さんお久しぶりです
ここのスレを1から読ましてもらいました
355さんのスレ面白い^^
続きが気になります。これからも頑張ってくださいね^^

861 :355:05/02/23 03:42:52 ID:ttoDNk6g0
ひたすらカードを集めることしか頭になかった自分を、小狼は心から恥じていた。
木之本の言動の根本にはいつも周囲に対する優しさがあり、最後までそれを貫き通すだけの粘りもある。
ただ、考えるのではなく悩みこむ、という沼にはまり大事なものを逃がしてまうことも多々あるのだ。
そんな木之本には正直イライラさせられるが、最後に出す答えはいつも非凡なところがある。

小狼の使う魔法の札とは違い、クロウカードには人間の持つ脆さや気難しさも備えていた。
カードを創った者の器の大きさの違いを今でははっきりと感じることができる。
札を創った先祖には失礼だが、それは差は自分の木之本との間にも、同じことがいえるのではないのか。
クロウカードを集めるのは身勝手な自分よりも、悲しみや悲しみをを共有できるあいつのほうがいいのもしれない、と小狼は思うようになっていた。

木之本に『その程度の力では、お前には無理だ』と言い放った事があった。
カードを集める力など、もしかしたら自分が思っているほど重要なものではないのかもしれない。
優しすぎて見失うもの、苦しみも多いかもしれないが、カード自身は最後には自分より木之本を選ぶだろう。

カードを魔法を使うための手段としての道具としか見ていた自分の心の隙が、数々の愚かな言動に至らせていた。
無理矢理カードを奪おうとした事を、木之本に対して自分ははまだちゃんと謝ってすらいないのだ。

小狼は知らないうちに眠っていた。
便箋は白いままだった。


862 :355(手直ししないで投稿しちまった・・):05/02/23 03:54:09 ID:ttoDNk6g0
ひたすらカードを集めることしか頭になかった自分を、小狼は心から恥じていた。
木之本の言動の根本にはいつも周囲に対する優しさがあり、最後までそれを貫き通すだけの粘りもある。
ただ、考えるのではなく悩みこむ、という沼にはまり大事なものを逃がしてまうことも多々あるのだ。
そんなあいつには正直イライラさせられるが、最後に出す答えはいつも非凡なところがある。

小狼の使う魔法の札とは違い、クロウカードには人間の持つ脆さや気難しさも備えていた。
カードを創った者の器の大きさの違いを今でははっきりと感じることができる。
札を創った先祖には失礼だが、その差は自分のあいつとの間にも、同じことがいえるのではないのか。
クロウカードを集めるのは身勝手な自分よりも、苦しみやや悲しみをを共有できるあいつのほうがいいのもしれない、と小狼は思うようになっていた。

あいつに『その程度の力では、お前には無理だ』と言い放った事があった。
カードを集める力など、もしかしたら自分が思っているほど重要なものではないのかもしれない。
優しすぎて見失うもの、苦しみも多いかもしれないが、カード自身は最後には自分よりあいつを選ぶだろう。

カードを魔法を使うための手段としての道具としか見ていなかった自分の心の隙が、数々の愚かな言動に至らせていた。
無理矢理カードを奪おうとした事を、あいつに対して自分ははまだちゃんと謝ってすらいないのだ。

小狼は知らないうちに眠っていた。
『手紙は白いままか・・』小狼は夢の中でつぶやいたが、自分ですら聞き取れなかった。

863 :CC名無したん:05/02/24 01:38:16 ID:LQZ0wwEPO
最高

864 :CC名無したん:05/02/24 06:03:57 ID:NIGgOzGh0
なんでこんなに面白いのに他スレほど盛り上がってないんだろ?

865 :CC名無したん:05/02/24 15:05:40 ID:Q0cp255j0
他スレのノリについていけない自分的にはその方がいい。

866 :CC名無したん:05/02/24 20:24:19 ID:Sess67Ns0
マターリいくのが一番ですよ。

867 :355:05/03/02 01:46:03 ID:WqpHoT+O0
朝食を終えると、苺鈴はさっそくケーキ作りの準備を始めた。
小言は言いたくはないが、限度というものもある。
しかし苺鈴の一生懸命な姿や、失敗により落ち込む姿を何度も側で見ていると、言葉を失うのだ。

『見てなさい、小狼!!今日のあなたの最初の笑顔は私が作ってあげるんだから!!』
『え・・ああ・・』

苺鈴の、今回の一連のケーキ作りにおける成功率は今のところゼロだった。
苺鈴は料理はとても上手なはずだ。尚の事プライドに障ったのだろう。
小狼も正直なところ、苺鈴の無様な姿に驚いていた。
本人が一番驚いたであろう事は、ケーキに対する異常な執着が物語っていた。

『苺鈴・・手伝おうか?』
『小狼のためのケーキだもん!!小狼が作ってどーすんのよ!?いいからテーブルで待ってなさい!!』
『・・・』
『返事は!?』
『・・わかったよ』

俺が食べるから手伝うんだ、という言葉を小狼は今日も呑み込んだ。
言葉を呑み込んだ果てに、飲み込めるケーキが出来上がった事は、これまでに一度もなかった。

868 :CC名無したん:05/03/02 18:25:17 ID:+7DCCQO50
ウマー

869 :CC名無したん:05/03/02 18:29:49 ID:DXPUAv79O
小狼優し過ぎダロw

870 :355:05/03/05 09:51:09 ID:c1L2eklv0
部屋に戻ると憂鬱になる。
しかしケーキを一人で作るのにはどうしても時間がかかる。
せっかくの日曜日をテーブルで長時間すごすのはどう考えても馬鹿らしい。
外出などすれば苺鈴が怒るかもしれない。結局小狼は部屋に戻るしかないのだ。

昨夜は風呂にも入らず、机で便箋を枕にして眠った。
朝起きると毛布がかけられていて、暖房の独特の匂いと音が小狼を覚醒させた。
偉だ、とすぐに気付いた。
リビングに入ると既に偉は朝食の準備をしており、邪魔にならないタイミングでまず謝り、礼の言葉を述べた。
偉はいつものようにまず小狼に頭を下げ、微笑みながら体を気遣う言葉をくれた。

偉がいなくなってしまう日が、いつかは来てしまうのだろうか。
偉は小狼にとってある意味、母よりも心を許せる相手だった。
故に何につけても頭を下げる偉の態度は、小狼にとっては苦痛であり悲しくもあった。
名前も呼び捨てにして欲しかったが、その気持ちを実際口にしたことはない。
気持ちを口にすることで偉が困る姿は、小さな頃からでも想像できた。

偉と言葉を交わす度に距離を感じ、それがいつのまにか溝や壁までできてしまわないかと不安になることもあったが
今日この日まで特に何も変化はない。
それは立場の違いはあるにしても、偉が自分のことを大切に思ってくれる心は確かなものであったからだ。
小狼に父親はいなかった。

871 :CC名無したん:05/03/05 23:51:59 ID:0X1BybL80
355で四回も抜いた。

872 :CC名無したん:05/03/07 01:07:27 ID:dadde2G+0
つまんね

873 :355:05/03/07 01:21:46 ID:8Rs2kRQn0
そうか、いい加減身を引くよ

874 :CC名無したん:05/03/07 03:16:36 ID:1dPlZ3mT0
>>872
なら黙って消えろ

>>873
そんな煽り本気にするなって

875 :CC名無したん:05/03/07 17:00:44 ID:vbsiBX9B0
そうですよ。ここにもあなたを待ってる人がいますよ。

876 :CC名無したん:05/03/07 17:04:34 ID:Qor7Tcwg0
俺と俺の八千人の部下は355など待ってない

877 :CC名無したん:05/03/07 18:27:08 ID:h5QjKXeT0
俺と俺の8001人の部下は355を待っている

878 :CC名無したん:05/03/08 02:37:32 ID:ubDp+vWN0
実際ここ来てる香具師ってどの程度いるんだ?
355含めて4,5人ってとこじゃねえの?
はっきりいって他の小説スレに比べて需要ねーよ

879 :CC名無したん:05/03/08 02:56:54 ID:euzvb9fQ0
ROMってる奴は結構いるんじゃないかと思うんだが。

880 :CC名無したん:05/03/08 03:11:06 ID:v2lJ5yPv0
自分が楽しみにしているSSはここのと、子供たちスレのと、妄想さん&村田たんのぐらい
正直355たんにはがんばってもらいたい

881 :CC名無したん:05/03/08 11:53:22 ID:Kgjf18X+0
子供たちスレもあんなに秀作なのにここの様にマターリしてるじゃないか。

882 :CC名無したん:05/03/08 12:00:36 ID:JMMFfr900

今まで書きこんだ事も無く、ずっとROMってました。
改めてスレを見返すと、自分が見始めたのは一回目のお勉強会が終わってからですからもう、二年以上たってるんですね…。
355さん、本当にご苦労様です。


883 :さくらたん:05/03/08 13:47:42 ID:wmWWVhGB0
このスレは今から変態大使館文官です。
ていうかおまいら、ヨウジョとかきもい

884 :355:05/03/08 17:17:20 ID:rSJ99pfR0
みんな何やってんだ?
>>873は俺じゃないよ。
トリップつけてないと時々面白いことが起きるなあ

885 :888:05/03/08 19:23:40 ID:JMMFfr900
>>884
トリップって何ですか??

886 :CC名無したん:05/03/08 19:36:45 ID:NeFKsB4m0
俺、メジャーの後チャンネル変えるけど355見る為にここに来るよ。

887 :CC名無したん:05/03/09 21:00:15 ID:sUBG6uDf0
おれ は まってる 355

888 : ◆MFV5elHKgs :05/03/10 02:49:09 ID:A8YiSesx0
母はとても厳しく小狼に接していた。
しかし小狼は最近、その母の姿は、自分が頭の中で長い時をかけて勝手に創り上げたものかもしれない、
と感じるようになっていた。
母の元を離れての生活。その日々を半年ほど重ねてみて初めて感じた事だった。

特に激しく叱られた記憶は殆どない。というより母の意見や本音、感情すら具体的な言葉で直接説かれたことは少なかった。
ただ、物静かではあるが、自分に対しての気合の入れ様は幼い頃から感じていた。
とにかく母が口にする前に全部自ら動いた、実際動くことで自分は充実していたし、母もそれを望んでいたはずだ。

幼きある日、自宅の大きな図書室の扉の鍵が低い位置に移されていた。
目の前に本を置いて、読みなさい、と言うのではなくそういうやり方で母は意思を放つ。

母との会話は少なかった。
勉強していて理解できない所があっても、母に質問するという事はできなかった。
母が落胆する姿を恐がり、独りで納得するまで勉強した。
偉はその頃から小狼の体を気遣い、小狼の気付かない内に暖かいお茶等を運んでくれていた。
小狼が暖かいお茶を口に含んだとしても、それはもう何度も冷えきり、偉がその都度交換した事で熱を保ったお茶だった。

889 :355 ◆MFV5elHKgs :05/03/10 03:54:23 ID:A8YiSesx0
偉に手紙は書ける。
はたして母に手紙は書けるのか。
今の気持ちを伝えられるのか。

一度、母に頬や頭を優しく撫でられた事があった。
何かを褒められた時で、具体的に何を褒められたかは全く憶えていない。
優しく撫でられた事だけが強く切なく頭に残っている。
魔法を習い始めた時期だった。
それが嬉しくて、再び欲しくて、必死に魔法を勉強した。

母にそれ以降、撫でてもらった記憶はない。
自分で求めに行く勇気は無く、最初に撫でてもらった理由を忘れてしまった自分を心底悔やんだ。
甘えたがる情けない姿を見せれば、母を失望させ、二度とあの柔らかい手のひらは望めない。
そう思い、ひたすら母の期待に答える為に魔法を習得することに心と体を向けるしかなかった。

『母上・・』

ベッドに仰向けになり、小狼は呟いた。
『呟きこそが最大の叫びだ』と、何かの本に書いてあった事を思い出した。
その本を読んだ時の記憶の映像に、偉と湯気の立つお茶の姿も入っていた。

890 :CC名無したん:05/03/10 05:38:56 ID:XkWwCwf10
みっなさ〜ん、こんにちは。あたし、春野カスミ。小学4年生。
○○板に来てみたんだけど、このスレの>>1はDQNだったの。
>>1のお父さん、>>1のお母さん、>>1のお兄さん、>>1のお姉さん、>>1の妹のはるかちゃん、
そして、クラスメイトに担任の先生にパソコンに携帯電話に背後霊に精子に清掃局と警察。
あ、調査団も来たんだわ。なんだか大変そう。これからどうなるのかしら〜。

891 :CC名無したん:05/03/10 07:07:20 ID:IcQ2gR7h0
『355・・』

892 :355:05/03/10 16:19:57 ID:XNJXvJKX0
ここ良スレ!
のどかでいい、小狼かっこいい!
バリ感動した、不安たんこれからもがんばって。
かげながら応援してる。
どうも邪魔しちゃってごめんね。
もうしばらくロムるので、つづきよろ。
がんがれっ!!

893 :355 ◆MFV5elHKgs :05/03/11 01:23:01 ID:sUZ6L2UE0
>892
誤爆なのか荒らしなのか・・・

894 :汗さくらー ◆AsESaKuRAA :05/03/11 16:26:07 ID:JXyG89NN0
>892
トリビアを一つー!
さくら板で、イマイチな縦読みを貼ると


スルーされまくり

895 :355 ◆ZA5u5UFbug :05/03/14 13:09:42 ID:kT9u+m+80
それはしらなかった・・・。
おもしろいねここ

896 :CC名無したん:05/03/14 20:40:55 ID:jqt6hkca0
トリップが違うわけだが

897 :355 ◆dyGtRFYN8Q :05/03/15 13:10:42 ID:mxBGfEEb0
小狼くんまだぁ?

898 :CC名無したん:05/03/15 15:42:25 ID:Y4WdDj5i0
a?


899 :CC名無したん:05/03/15 21:40:11 ID:TwMbCACR0
我、小狼を渇望す。

900 :CC名無したん:05/03/16 15:07:41 ID:x3dj0hv60
age

901 :CC名無したん:05/03/17 00:31:30 ID:4kiqZPdY0
sage

902 :CC名無したん:05/03/17 00:54:23 ID:rjhS9cFb0
レス消費させんなバカ

903 :CC名無したん:05/03/17 00:55:25 ID:rjhS9cFb0
レス消費させちゃだめだよバカ

904 :CC名無したん:05/03/17 00:57:33 ID:hZCiRYP10
早く書かないとスレなくなっちゃうよバカ

905 :CC名無したん:05/03/17 01:10:36 ID:+4DOz2KV0
さっさと埋めちまおう是

906 :CC名無したん:05/03/17 01:37:09 ID:+4DOz2KV0
age消費

907 :CC名無したん:05/03/17 11:30:16 ID:1h8PfMD70
定期埋め

908 :CCsakura:05/03/17 12:53:20 ID:6Xyr7NzN0
早くぅ、さくらもう待てない〜〜!

909 :CC名無したん:05/03/17 14:07:16 ID:815DXntH0
埋め干しsage

910 :CC名無したん:05/03/17 14:09:29 ID:nGz3l8LI0
テレスドン

911 :CC名無したん:05/03/17 14:56:52 ID:bmc9c00b0
埋めますよ〜

912 :CC名無したん:05/03/17 15:05:03 ID:2xXGu5dz0
クソスレ埋葬中

913 :CC名無したん:05/03/17 15:06:50 ID:2xXGu5dz0
あと88

914 :CC名無したん:05/03/17 15:08:16 ID:qxiL4E+b0
あと87

915 :CC名無したん:05/03/17 15:10:21 ID:sJyg1nde0
86

916 :CC名無したん:05/03/17 15:12:51 ID:ozy2pird0
85

917 :CC名無したん:05/03/17 15:17:58 ID:vvVATnMx0
84
今日中に埋めるよ、暇だしw

918 :CC名無したん:05/03/17 15:18:58 ID:vvVATnMx0
83

919 :CC名無したん:05/03/17 15:19:47 ID:Gyve0zuh0
82

920 :CC名無したん:05/03/17 15:20:18 ID:6IMLttCT0
81

921 :CC名無したん:05/03/17 15:20:56 ID:2P+m29B20
80

922 :CC名無したん:05/03/17 15:22:52 ID:1cnk0meL0
79な、考えるんだ

923 :CC名無したん:05/03/17 15:25:33 ID:PTHrWkuV0
78!!俺の言うことが聞けんのか

924 :CC名無したん:05/03/17 15:33:52 ID:a4O5WkAI0
小狼くんSARSで死77いで

925 :CC名無したん:05/03/17 15:38:28 ID:aDKAq8RB0
暑い76すなぁ

926 :CC名無したん:05/03/17 15:40:41 ID:QfNVtsSq0
こお75ってやらしい字だよね

927 :CC名無したん:05/03/17 15:43:52 ID:QfNVtsSq0
む74く埋めてます

928 :CC名無したん:05/03/17 15:52:55 ID:+Uy9EbCe0
このスレもようやく面白くなってきたな
ねえみ73

929 :CC名無したん:05/03/17 16:03:41 ID:+QR4Ppkb0
こん72ほんに誰がした!?

930 :CC名無したん:05/03/17 16:06:24 ID:+QR4Ppkb0
小狼くん、西71ル熱で死なないで!!

931 :CC名無したん:05/03/17 16:10:52 ID:uEKBE3Tg0
こうしてみると355支持の書き込みって355の自作自演としか思えない。


932 :CC名無したん:05/03/18 00:37:38 ID:udXHmcIG0
こうしてみると355支持の書き込みって355の自作自演としか思えない。


933 :CC名無したん:05/03/18 00:40:09 ID:udXHmcIG0
こうしてみると355支持の書き込みって355の自作自演としか思えない。


934 :CC名無したん:05/03/18 00:42:44 ID:udXHmcIG0
こうしてみると355支持の書き込みって355の自作自演としか思えない。
こうしてみると355支持の書き込みって355の自作自演としか思えない。


935 :CC名無したん:05/03/18 10:20:08 ID:Q6J+K3VO0
クソスレ皿仕上げ消費

936 :CC名無したん:05/03/18 10:21:24 ID:/rCdW/9v0
自作自演355晒しage

937 :CC名無したん:05/03/18 10:22:06 ID:GKpIzVSC0
埋め埋め埋め

938 :CC名無したん:05/03/18 10:23:57 ID:M0mSKILi0
図星だったんだな355の自作自演は


939 :CC名無したん:05/03/18 10:25:09 ID:yuXi2sy+0
晒し

940 :CC名無したん:05/03/18 10:26:01 ID:/rCdW/9v0
お前の支持者はお前の脳内

941 :CC名無したん:05/03/18 10:27:41 ID:L/cSw+kh0
埋め

942 :CC名無したん:05/03/18 10:29:00 ID:L/cSw+kh0
でてこいや355

943 :CC名無したん:05/03/18 10:39:40 ID:L/cSw+kh0
ミラーのお留守番スレとかさくらと小狼の子供スレのファンの多さに嫉妬する355
思いついたのは自作自演を使って盛り上がってるフリwwwww
プププププwwwwwwww

944 :CC名無したん:05/03/18 10:45:34 ID:JxnRBHOV0
実際どうなの?
ファンているの?
俺も前から胡散臭いと思ってたんだが
355氏はもう戻ってこないだろうからこの機会にファンの方挙手願う

ノシ

945 :CC名無したん:05/03/18 11:03:26 ID:aN7XpqTI0
じゃ挙手。ノシ

でももう駄目だね。

946 :CC名無したん:05/03/18 11:20:37 ID:TiB0jbhh0
ていうか何で355ばっかり叩かれなきゃいけねーんだよ!!
根拠なんてねーだろ!?
ずっとROMってたけど異常だろこんなの!?
何で誰もフォローしようとしてねえんだよ・・まあそういう意味じゃ俺も悪いんだが・・
ただでさえ寂しがりの355なのにさ
荒らしは放置が原則なのはわかってるけどこのまま終わるのは俺は嫌だ!!
355戻ってきてくれ!!

947 :CC名無したん:05/03/18 11:22:34 ID:K5MqUP3e0
ノシ

948 :CC名無したん:05/03/18 12:29:31 ID:aN7XpqTI0
どうせこれも自作自演とかいわれんだろう。
355には頑張ってもらいたいけどここではもう無理だろうね。

949 :355 ◆MFV5elHKgs :05/03/18 16:07:46 ID:zTTUlACh0
久しぶりに来て見たら・・なんとまあ・・

これまでと変わらずに書くけどさ、荒らされるのは別にいいんだよ。
それより何の反応もない方が辛いんだな。
荒らされるにろ、応援してくれるにしろ、小説の内容に全く触れられないのが一番堪える。

前にも書いたけど、そういう意味では子供スレとか純愛小説スレが羨ましいよ。
色んな意見や解釈が飛び交っててさ・・批判するにしても具体的な例を挙げて筋を通して批判してるし、見てて楽しい。
まあ、同じものが欲しいと言うのはどう考えても俺の我侭なんだけどね。

俺の場合・・何だよ自作自演てw

950 :CC名無したん:05/03/18 17:35:45 ID:K9+txNuN0
つまんねえ

951 :汗さくらー ◆AsESaKuRAA :05/03/18 18:52:54 ID:Lr+Uwvg20
便りの無きは良き報せ、と思ってみるとか

反応無いのがきっついのは、おいらもよーっく分かるー(汗
僭越ながら、敢えて355たんに関してその点を語ってみると、
既に読むに当たって問題ないと言える完成度に達しているのが第一点。

読んでてあからさまに文意がどっか行っちゃったリとか、文のスタイルが
固まってないとか、そういった段階ではないので、所謂国語厨たんの
入り込む余地が非常に少ないのょ。
また、そういった部分を抜けちゃうと、自分の好みだったらここは
こっちがいいんじゃないか、ってお話くらいしかないのでツッコミ入りにくいんだと思うなー(汗

そんでもってもう一点は、レス返そうにもキターじゃ返しようがない、って所もあるんだろうし、
きっと、レス付いた分はお話作る事でお返ししよう、って思ってるんじゃないかと
感じてたんだけど、そのなんていうかな、クールな姿勢がレスつけようとする側にも働いて
付けにくくなってるとこもあると思うー(汗
逆にレスくれた人に全レス返してがんばります!とかやってたら今度は馴れ合いがどうの、
って言い出す人が来るし(汗w

おいらは今までのスタンス好きだし、そのアンビバレントな気持ちも分かんないでもないから、
ただ言える事は、これからも適度にがんがれー!悩みがあったら聞くぞゴルアって感じー(汗w

314 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)