5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

声質変換技術で声優を減らせるか?

1 :名無しさん名無しさん:2005/04/04(月) 09:00:52
ある特定の一個人の声を傍受し、その声質を複数の
様々な人の声質の声に変換する技術。
ttp://homepage3.nifty.com/aok/seisituhenkan.htm
理論的には老若男女複数のキャラの演技が出来る実力声優が一人
居れば(つまり北島マヤみたいな奴が一人いれば)アニメに
出てくる全てのキャラの声を全て吹き込む事が出来る。
この技術は声優の人件費削減に使えるか?

2 :名無しさん名無しさん:2005/04/04(月) 11:13:47
同じ人が演じるのでは演技の癖が一緒になってしまい意味が無い。

それよりも音声合成技術の方がいいだろう。

3 :名無しさん名無しさん :2005/04/04(月) 20:16:56
>>2
>音声合成技術
詳しい説明希望。

4 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 03:21:16
つまり、一人で全部の役をやるって事か?
現場知らなさ過ぎ。声優殺す気か?

それに、ギャラ高くなったベテラン声優使うより、ぺーぺーの新人を安く雇って使い捨てた方がコスト抑えられる事実はどうする?

5 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 06:17:26
>>4
>現場知らなさ過ぎ。声優殺す気か?
そんな言葉はアニメ製作のデジタル化の移行で耳が腐る程
さんざん聞いている。その声の末路の殆どは負け犬の遠吠えとなった。
セル塗りに代わるデジタル彩色が導入された初期、
「デジタルはセル塗りよりもケバケバしていて美しい表現能力が出来ない。
それに高額なデジタル機器を必要とし、しかもバージョンアップによって
頻繁に買い換えなければならないからセル塗りの方が最終的にコストは安い。
業界の製作現場や事情をを知らな過ぎ。」と言うのが精通した業界人らの
大多数の意見だったたが、度重なる技術革新による改善とソフト、ハード
両方のデジタル製品の爆発的な普及に伴う低価格化が進んだ現在そんな
アホな戯言を抜かす奴は全滅した。
フォトショ並みの投資でソフトを購入し、たまたま現場に居合わせた
制作進行に「タダで」やらせる事すら理論的には可能なのだから、
現状のペーペーの新人を使い捨てる丸剤の実情なんかはっきり言って
「あ、そう。んで?」しか意味が無い。

6 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 12:22:57
ふっ…「演技」と言う物を全く理解していない者の発言だな。
「色塗り」と言う単純労働と同じ次元で考えている時点で素人確定だw

いくら色塗りがデジタルに変わっても、「クリエイティブな部署」である原画の仕事は何一つ変わっていない事にまるで気が付いていない。
アニメで一番クリエイティビティが必要な部署は何処だと思うね?
それは言うまでもなく「声」のパートなんだよ。

確かに、今の音声技術を使えば君の言うような事は可能かも知れない。
がしかし、全部の役を一人でやるとなると、いくら優秀な役者でも「一人芝居」になってしまい、どうしても作品世界の奥行きがなくなってしまうだろうな。
まあ、「一人芝居」を売りにする実験的な作品ならやってみても良いかも知れないがな。

それに、週一本のアニメ収録するのにどのくらいの労力と時間がかかっているのか知らなさ過ぎだ。
あれを全て一人の声優にさせるのは余りにも酷と言う物だ。

ま、少なくとも「たまたま現場に居合わせた制作進行にタダで…」とか言ってる時点で視点が甘すぎるのを露呈してしまっている。

7 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 14:33:24
>>6
>ふっ…「演技」と言う物を全く理解していない者の発言だな。
そう言う演技が出来る「クリエイティヴ」な人の人数がが予算に対して
必要以上に多いのが今のアニメ業界の実情だろ?
昨今のアニメのデジタル化は予算に対するコストや効率の削減を目標に
これまで人海戦術だった手作業にメスを入れ、その作業が人の手から離れる
事によって生じるであろうデメリットとコストを天秤に掛け、更にその
デメリットはデジタルの技術革新で別な形で再び回復可能かどうかも
予測し導入してきた。
お前はセル塗りを唯の単純労働だと切って捨てたが、あの作業とてそれなりに
技術を要した作業だったし、クリエイティヴな表現能力もあった。
だからこそデジタル彩色が導入された当初はあれだけ叩かれたのだろ。
原画や動画が何一つ変わっていないのは単に今の所それらの作業を
何らかの機械的な方法で効率的に行う技術が無いだけ。ホントに出来るか
どうかは判らないが、あらゆる原画の中割りを有る程度やってのける自動
動画作成ソフトでも登場すれば、原画動画作業にも革命は起きる。
そしてそう言う技術革新が声の世界にも及び、一人芝居によるデメリット
に対して声質変換の技術を導入するメリットが高く、さらにその技術が
技術革新によって一人芝居の演技の乏しさをデジタルによる数値化と
調整によっていずれは補完できると予測できれば、簡単に声の現場の
人員削減も進むと思うよ。
声の主にクリエイティビティが無くても、その声を自在に作り変える機械
があり、それを使う人物にクリエイティビティがあれば良い訳だし。

8 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 17:37:42
こりゃ何言ってもダメぽ…
じゃあ君がやってみたたまえ。
出来れば、の話だがw

9 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 17:49:03
まあ
理屈と現場は違うのよ

10 :名無しさん名無しさん:2005/04/05(火) 22:30:57
デジタル化っていう事を強調するのであれば、
まだ技術的に無理があるが、声質変換の技術より、
>>2が言った音声合成の方がまだ、可能性は高い。

これが完成すれば、シナリオさえあれば、数分で、
一通りの収録は完了する。
あとは監督なり音響なりがイメージに合わせた調整を
行う事で作品は完成って事になる。


11 :名無しさん名無しさん:2005/04/06(水) 01:30:38
>>10
あれだな、その技術は新海某とかみたいなプライベート系アーティスト向けには有効かも知れんな。

12 :名無しさん名無しさん:2005/04/06(水) 02:25:02
>>11
ゲームにも向いていると思う。

13 :名無しさん名無しさん:2005/04/07(木) 00:40:16
技術の進歩で声質変換性能が良くなって複数の役を演じるってのは、
音声合成という時間短縮と人件費削減を一度に解決する手法が、
存在する以上あまり意味がない。

そのうち手軽に出来る音声合成を使ったゲームや同人アニメと
プロ声優が演じる一般作品っていう二極化が生じるかもね。

14 :名無しさん名無しさん:2005/04/07(木) 05:29:54
>>13
成る程、わざわざ声質変換の技術を開発しなくてもそれよりも優れた
技術が既にある訳か。

15 :名無しさん名無しさん:2005/04/12(火) 01:26:05
音声合成はまだ発展途上の技術だろ?
今は長い文章を発音させれば、いかにも合成したって感じでしか表現出来ないのでは?

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)