5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もう一つのエヴァストーリー作って味噌

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 14:43:28 ID:W2KsdZZS
スタートー!!!!!!!

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 14:44:26 ID:G7VLIsT7
2get

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 14:46:24 ID:???
そしておじいさんはヤマに石炭掘りに、ばーさんは用済みでした。 めでたしめでたし。

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 14:49:18 ID:???
4様

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 16:24:09 ID:XNClAxXw
5朗

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 17:17:44 ID:t5Dzg3Td
昔々あるところにシンジとアスカとレイタソが居ました。


7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 18:00:56 ID:???
シンジは山へ芝刈りに
アスカは川へ洗濯をしに行きました。


8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 18:12:02 ID:???
レイタソは昼寝と言って実はオナってました

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 18:23:43 ID:???
シンジが河で洗濯をしていると何かが流れてきました。
「あれはなんだろう…」

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 19:34:58 ID:???
でっかい浣腸が流れて来ました

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 19:40:05 ID:HamJSNW3
よくみたらエントリープラグ型のバイブでした

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 20:03:52 ID:???
シンジ第3新東京市に到着。シェルターへ行こうとする。
第3使途「サキエル」襲来。巡航ミサイル。
ミサトが来る。逃げる。ネルフへ。
リツコに会う。そのまま初号機ケージへ。
親父に会う。

そのまま帰るシンジ。

はい終わり。

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 20:06:14 ID:???
あのレイの姿見ても気が同じないシンジに拍手

14 :シンジ:05/03/19 20:15:35 ID:???
アスカしか興味ないもん

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 03:42:48 ID:???
前向きシンジ
親父「乗れ」シンジ「キター」あっさりサキエル撃破
トウジ「ワシはお前を」シンジ「はあ?寝言は寝て言えよ」
ラミエルに狙撃される「畜生おぼえてろよ」
トウジあぼん。シンジ「俺のせいじゃないね」
カオル正体判明シンジ「この鼠が」
戦自来襲、シンジ「キター」S2なので敵なし。補完失敗

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 13:51:24 ID:???
>トウジあぼん。シンジ「俺のせいじゃないね」

って前向きか?

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 14:08:10 ID:RmGcFmi6
ナゲヤリだな

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 14:18:40 ID:???
びゅーーーーーーーーーーーーーん

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 16:31:06 ID:???
>>15これって前向きというより

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 17:13:00 ID:???
覚醒した初号機に取り込まれるシンジ。
初号機の中で母と対面、補完。
シンジ復活。「僕がみんなを守るんだ!!」
シンジ、トウジの病室に行き助けられなかった事を詫びる。
トウジがシンジを許す。「シンジ、ワシの分まで委員長達を守ってくれ」
シンジがトウジに誓う。「僕がみんなを守ってみせる!!」

シンジ前向きになる。
それから毎日エヴァの操縦訓練や戦闘シミュレーション、戦闘技術の訓練づけになる。
アスカがそんなシンジにつっかかる。
シンジそんなアスカを軽く突っぱねる。「アスカは何の為に戦ってるのさ?」
後日、アスカが使徒の精神攻撃を受ける。
シンジ、親父の命令を無視して初号機で出撃。

苦しむアスカの盾になり、その時にアスカの辛い過去を知る。
ゼルエルにやった圧縮ATフィールドを槍型にして投げつけ、使途を撃破。
戦闘後、泣いてるアスカに声をかけるとアスカが泣きながら何故助けたのか問い詰めてくる。
そこでシンジが一言「アスカは大事な家族だから」と言い優しく抱きしめてやる。
アスカ号泣。アスカフラグON。

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 17:22:11 ID:???
>>20
よっしゃ

それを小説にしてあげよう

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 17:23:12 ID:???
命令無視してアスカを助けた事で軟禁されるシンジ。
新たな使徒が現れるが弐号機が戦えず零号機単独の出撃。
零号機が使徒に侵食され、シンジに出撃命令が下る。
シンジが綾波を救出しようとするがなかなかうまくいかない。
綾波自爆しようとする。
シンジ激怒。「自爆なんて絶対許さない!!僕が絶対助けるから、僕を信じろ!!」
覚醒初号機のATフィールドを使った必殺技が炸裂。
使徒と零号機の侵食の隙をついてエントリープラグを引っこ抜き、完全に使徒化した零号機を破壊。

本体を滅ぼした事で綾波の浸食が解ける。
その後、自爆しようとした綾波を叱った後「綾波レイは今ここにいる君だけなんだ。代わりがいるからなんて悲しいこと言うなよ」と諭す。
綾波泣く。綾波フラグON。

後日リツコがダミーシステムを破壊。その際綾波がシンジに自分の正体を知られるのを嫌がる。
シンジに自分の正体を知られ、生まれて初めての絶望に涙し失踪。

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 17:36:37 ID:???
正体を知られ失踪した綾波。
ネルフは本当に人類の味方なのか?シンジは一人悩む。
アスカは自分を助けてくれたシンジのために何かしてあげたいのだが、何をしたらいいのかわからない。
そしてフィフスチルドレン渚カヲルがネルフに配属になる。
驚くべきシンクロ率を誇り、エヴァVSエヴァの戦闘シミュレーションでもシンジと互角以上に渡り合ってみせる。
シンジはカヲルと仲良くなるが、カヲルはゼーレのスパイだった。

後日、カヲルは弐号機を操り、セントラルドグマに降下するとロンギヌスの槍を引き抜く。
初号機に乗ったシンジが追いつくとカヲルは自分と共に来て新たな世界を作ろうと言う。
シンジが拒否するとロンギヌスの槍を手に初号機を一方的に痛めつける。
シンジは一瞬の隙を突き弐号機を倒し、カヲルを捕まえようとするが突如空間を引き裂いて銀色のエヴァが出現。
初号機を倒してロンギヌスの槍を持って消え去る。

予定と違うカヲルの行動に戸惑うゼーレ。
そんなゼーレの面々の前に建造中だった筈のエヴァシリーズが勝手に動き出し、ゼーレを一人ずつ食い殺していく。
その日、ネルフを支配していた機関が地球上から姿を消した。

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 17:50:10 ID:???
ゼーレがいなくなり、初号機と弐号機以外のエヴァすべてが使徒タブリスの手に落ちた。
シンジはゲンドウに問い詰める。「一体あなた達は何をしようとしてたんだ!!」
そんな時、ロンギヌスの槍を手にした四号機が地球上に無差別に攻撃を開始する。
ジオフロントにも四号機の攻撃の衝撃が及び、天井が崩れ落ちる。
あわや生き埋めになりそうな所でとっさにゲンドウがシンジをかばう。

「なんで・・・?」
自分の事が嫌いなんじゃなかったのか?シンジは血を沢山流している父に問い詰める。
ゲンドウは自分の本当の気持ちを最後に打ち明け、冷たくなってゆく。
初めて父のために心から涙を流すシンジ。
涙を拭って立ち上がり初号機の元へと走り出す。

初号機に乗り込み、マゴロックスソードとパレットライフルを携え、ジオフロントから地上へ飛び出す。
初号機の前に降り立つ9体のエヴァシリーズ。
最終決戦の幕が今、切って落とされた。

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 18:03:01 ID:???
初号機VSエヴァシリーズの戦いは熾烈を極めた。
シンジはなんとか9体のエヴァシリーズを葬り去るとカヲルに呼びかける。
「降りて来い!!タブリス!!今こそ決着を付けよう!!」
四号機と同化したカヲルがロンギヌスの槍を片手に天空から舞い降りてくる。
初号機にロンギヌスの槍を突き立て、生命の樹に変換し自分の思い描く世界を作る為だ。
マゴロックスで斬りかかる初号機とロンギヌスの槍で応戦する四号機。

アスカは弐号機の中でシンジの戦いを見守る事しか出来ない。
戦いは熾烈を極める。
だが、その時倒した筈のエヴァシリーズの一体が再び立ち上がる。
コアが完全に潰れてなかったのだ。
エヴァシリーズに羽交い絞めにされ、槍で突かれる初号機。

シンジのピンチにアスカが絶叫する。
その時、弐号機が起動し、弐号機の中の母がアスカに語りかける。
アスカは叫ぶ。「シンジを助けたい!!」と。
起動した弐号機は初号機を羽交い絞めにしていたエヴァシリーズを引き剥がし、コアを完全に叩き潰す。
形勢逆転、と思われたその時、初号機のコアにロンギヌスの槍が突き立てられる。
強制的に生命の樹に変換されていく初号機。
アスカは弐号機を駆り初号機を救おうとする物の、四号機のATフィールドによって弐号機が引き裂かれる。
母の意志によって強制排除されたエントリープラグの中でアスカが見た物はバラバラに引き裂かれた弐号機と生命の樹に変換された初号機の姿だった・・・。

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 18:16:21 ID:g0Vr68Ru
「気持ち悪い」
終劇

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 18:17:41 ID:???
生命の樹に変換された初号機に巨大なカヲルの姿になった四号機が腕を突き立てる。
人智を超えた狂気の世界の中で苦しむシンジ。
苦しむシンジにカヲルが語りかける。
「思い通りにならないこんな世界、壊してしまえ」と。

無力な自分に泣き叫ぶアスカ。
その時、ジオフロントから巨大な使徒が現れる。
巨大な使徒の前にどこからともなく現れた綾波レイが手をかざした次の瞬間、綾波レイは使徒に取り込まれる。
人として生き、シンジのそばにいたい、といつしか願うようになっていた綾波はシンジを救うため、リリスと融合したのだ。
人としての自分を捨てて。

巨大タブリスに翻弄されるシンジにリリスが介入し、語りかける。
「あなたの望むものは何?」

シンジの脳裏に今までの思い出が蘇る。
辛いこと、悲しいこと、苦しいこと。
だが、それ以上に。
嬉しかったこと、楽しかったこと、そして大切な人たちに出会えたことが。

「僕が望む物。それは僕の好きな人達がみんな笑っていられる世界。幸せに暮らしていける世界だ!!」

シンジの想いの篭った強烈なATフィールドがタブリスを弾き飛ばし、生命の樹が砕け散る。
光の翼を生やした初号機が地上へと落ちてゆくタブリスを手にしたロンギヌスの槍で貫く。
「があぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

タブリスの絶叫とともに眩い閃光が迸り、世界は光に飲み込まれて消えた。

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 18:36:39 ID:???
何もない暗い世界。
目から光の消えた初号機が漂っている。
漂う初号機の前にリリスの姿が。
リリスの中で、綾波レイと複数のリリスが眠り続けるシンジを優しく見守る。
シンジを見守るリリス達がひとりずつ消えるたびに巨大が光を放って少しずつ飛び散っていく。
やがて綾波レイと最後のリリスのふたりだけになり、リリスが言う。
「貴女は人として生きなさい」と。
最後のリリスが消え、綾波レイは眠り続けるシンジをそっと抱きしめる。
次の瞬間にはシンジ達の姿も光となって消え去っていた・・・。

朝。
シンジが眠っていると幼馴染のアスカが起こしにくる。
アスカに急かされながら登校の準備を済ませる。
朝食の席で父と今度の日曜日に釣りに行く約束をするシンジ。
母の作った弁当を持って学校へと向かう。

学校で友人達と朝の挨拶をするシンジ。
今度の日曜に行く釣りにトウジやケンスケ達を誘う。
「えー、こいつらも来るの?」
アスカが不機嫌になる。
「アスカ、みんな一緒のほうがきっと楽しいよ。」
シンジ達が談笑していると、一人の少女が登校してくる。
「おはよう、綾波」
シンジがそう挨拶すると、少女は微笑を浮かべて返事をする。
「おはよう、碇君」
シンジはレイに釣りに行こうと提案する。
それを見て不機嫌になるアスカ。

「まったくセンセも見境がないのぅ。男女問わずこれじゃアスカも気が気じゃないだろうに」
トウジがからかうがシンジは?な顔を浮かべる。
レイはそんなシンジ達を見てくすりと笑うのだった。
                                                         完

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 18:56:00 ID:???
第壱話「再会する人々」
第弐話「見知らぬ、天井」
第参話「初めてのTEL」
第四話「14歳、始まりの日」
第五話「レイ、心のむこうに」
第六話「決戦、第三新東京市」
第七話「人の、造りしのも」
第八話「アスカ、来朝」
第九話「瞬間、心、重ねて」
第拾話「静止した、闇の中で」
第拾壱話「マグマ・ダイバー」
第拾弐話「18秒の奇跡」
第拾参話「恐怖の後に来るものは」
第拾四話「死に至る病、そして」
第拾伍話「シンジ、ふたたび」
第拾六話「敵の心の中で」
第拾七話「アスカ、初デート」
第拾八話「命の、選択を」
第拾九話「男の、戦い」
第弐拾話「ネルフ、誕生」
第弐拾壱話「せめて、人間らしく」
第弐拾弐話「猫と転校生」
第弐拾参話「人類補完計画」
第弐拾四話「今、契約の時」
第弐拾伍話「アルカ、約束の地」
最終話「たったひとつの、冴えたやり方」

元ネタ知ってる人いるかなぁ。

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 20:32:03 ID:???
いいねぇ

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 20:39:56 ID:mkpjqLw4
いいねぇぇぇぇぇ!

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 21:25:10 ID:???
やったー

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 23:03:39 ID:tvfw5r9V
別な方向にひねくれてるシンジだったら

親父 「乗れ」
シンジ「・・・」
親父 「・・・」
シンジ「・・・いいよ、乗ればいいんだろ?乗って使途を倒せばいいんだろ?
    乗るよ、どうせ僕はどこに居たって居場所が無いんだから・・・」

生きる目的も理由も何も無いから病的なまでに使途殲滅に没頭
段々精神崩壊

シンジ「何故、綾波はエヴァに乗るの?」
綾波 「絆だから 私には他に何も無いもの
    もし乗るのを止めてしまったら 死んでるのと同じだわ」
シンジ「僕には乗っても何も無いよ
    でも、嫌いじゃない。だって使途と戦ってる時は何も考えないですむ
    だから僕は乗るんだ。乗って使途を破壊するんだ」
綾波 「・・・」
シンジ「・・・もう死んでようなものさ」

新世紀じゃなくて世紀末エヴァンゲリオンになってしまうわな

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 23:16:19 ID:???
シンジじゃなくてアスカをいじってみる。プライドが低いアスカ。
シンジにシンクロ率が負けてくる→「無敵のシンジ様(本音)」
精神攻撃うける→嫌な事思い出した、程度
よってアルミサエル戦に参戦、微妙に展開変化。
しかしこんなんアスカじゃないな。

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 23:54:05 ID:???
>>29
脚本版か!

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/21 03:21:06 ID:???
>>29
>第八話「アスカ、来朝」
くわしく!

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/21(月) 17:20:27 ID:???
>>35正解!脚本と言うよりも、企画書。
角川書店/NEWTYPE100%COLLECTION29/新世紀エヴァンゲリオン
っていう本に書いてありました。
>>36これ↑には「アスカとエヴァ弐号機、そして加持の登場。
戦艦対巨大ロボット。空母甲板上での格闘戦。」
としか書いてない。

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/15(金) 18:06:25 ID:???
味噌はどっちだ?

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/15(金) 20:31:16 ID:wdZwmgdT
ゲンドウさりげ冬月より年上

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/27(水) 20:09:37 ID:???


41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/11(水) 12:41:07 ID:???
冬月が上でしょ。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)