5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

落ち着いてLRS小説を投下するスレ2

1 :先生:05/03/05 18:07:01 ID:???
前スレ

落ち着いてLRS小説を投下するスレ
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/eva/1083495097/

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:09:52 ID:???
それはある日の休日の出来事だった。
「じゃ、シンちゃん、今日は宿直だから、お留守番お願いね。」
「はい、わかりました・・・。アレ、父さんもどこか行くの?」
ゲンドウも大きな荷物を持って玄関に向かおうとしていた。
「・・・うむ、学会で長野に出張だ。明日の朝には帰る。」
「・・・そ・・・そうなんだ・・・。」
シンジの脳裏に不安がよぎった。
「ふふ・・・ってことは今夜はレイと二人っきりね。シンジ君。」
「ふ、二人っきりってそんな別に・・・。」
するとゲンドウの顔が急に険しくなった。
「シンジ・・・男にはさけては通れない道がだな・・・。」
「な、何を言ってるんだ父さん・・・。」
「シンジ君・・・女の子には優しくしなきゃだめよ。」
「か、母さんまで・・。」
(この二人、僕たちが仲悪いのを知ってて楽しんでるな・・・)
「・・・ところで、レイはどうした?」
「さぁ?多分部屋にいるんじゃないかな?」
「そ・・そうか・・。」
そういうとゲンドウは肩を落とした。
「へ?お父さんどうかした?」
「い・・いや、問題ない。」
「ふふ・・・あなたって女の子に見送られて出かけるのが夢だったものね。」


3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:10:42 ID:???
「へぇー。意外だな・・・。」
「・・・行ってくる。」
「あ、あなた待って。じゃ、シンちゃん、レイをお願いね。」
「あ、はい。いってらっしゃい。」
二人はばたばたと家を後にした。
家はシーンとしている。
シンジは自分の部屋のほうを見て、大きなため息をした。

コンコン
「綾波、入るよ?」
・・・返事はない。
ガチャ
彼女はシンジがまるでいないかのように、机に座って何か本を読んでいた。
「・・・あのさぁ。」
「・・・。」
「今日、お母さん宿直だって。」
「・・・。」
「それでお父さんも出張で今日は家には戻らない・・・・ってなんでそんなに警戒するのかな。」
レイは体を壁に寄せて、身を固めていた。
「・・・あなたなら・・・やりかねない・・・。」
「・・・だから、僕たちは兄妹なんだから・・・。」


4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:11:26 ID:???
それでも彼女は首を横に振って身を解こうとはしない。
「ハイハイ、じゃあ僕はこの部屋から出ますから、どうぞ安心して読書にいそしんでください。」
そういうとシンジはおもむろに立ち上がり、部屋を後にした。
「・・・はぁ・・・いつになったら僕を兄と認めてくれるのかな・・・。」
シンジはちらっと時計を見た。
「・・・もうこんな時間か。」
時計は十二時を回っていた。
「ご飯でも作るか。」
シンジは台所へと向かった。

レイは部屋でじっと机に座り、読書をしているようにみえたが、
同じページを長い間見ていることが多かった。
もう一人の同居人の様子が気になって仕方がない。
レイは、もうこの家で、落ち着けることはないのかと不安になった。
おもむろに本を投げ出して、ベットに横になった。
「・・・おなかすいたな・・・。」
けれど、シンジのいる部屋の外には行きたくない。
レイは布団にもぐりこんだ。
屋上での出来事を思い出した。
「・・・あんなこと言われたの・・・初めて・・・。」
レイはまた顔が赤くなるのを感じた。


5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:12:12 ID:???
コンコン
ドアがたたかれる音に驚いて、レイは布団から飛び出した。
「綾波、入るよ。」
ガチャ
「なんだ、寝てたのか。」
「・・・別に・・・。」
「はい、ここにゴハンおいてくから、食べ終わったらちゃんと食器を台所にもってきてよね。」
「あ・・・うん。」
「じゃ。」
シンジは部屋から出ようとした。
「あ・・・あの!」
レイはベットから起き上がった。
「ん?何?」
「あの・・・その。」
シンジはいつもと違う彼女の様子に不思議がった。
「・・・ありがと。」
ボソっと小さな声で言った。
「どういたしまして。」
そういうとシンジは部屋を出て行ってしまった。


6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:13:06 ID:???
「ふぅ、お礼はちゃんと言えるみたいだな。」
シンジはリビングまで来て、テレビをつけた。
「はぁ、妹ができたら、留守番も少しは楽しくなると思ったのに、これじゃあ前と一緒だよ。」
シンジはチャンネルを変えた。
「休日のテレビってこう面白そうなのがないなぁ。」
シンジはテレビを消した。
そして父の書斎に向かい、自分も読書しようと、その部屋の中に入っていった。

ガチャ
レイはそっと部屋のドアを開けた。
シンジの作った料理は、どれもこれもおいしくて、
いつもは少食な彼女も、残さず全部平らげてしまった。
食器を台所に持っていこうと、台所に向かった。
その途中で、彼女はシンジの姿を探した。
(碇君・・・)
しかし、どこにも彼の姿はなかった。
不意に以前の生活が脳裏によみがえる。
誰もいない家の中で、自分はいつも一人。
自分が今どうなっても、誰も助けてくれる人はいない。
そう思うと胸が締め付けられた。
「・・・碇君・・・。」
彼女は思わず彼の名前をつぶやいた。


7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:13:51 ID:???
「綾波、呼んだ?」
彼の声がすぐ後ろで聞こえた。
「え?あ・・・きゃっ!」
レイはシンジに驚いて、バランスを崩した。
「うわ、危ない!」
ガシャーン
食器の割れる音。
シンジは、レイが地面に倒れそうなのを間一髪で支えた。
「・・・う・・ん。」
レイがゆっくりと目を開けると、そこにはシンジの顔が目前にあった。
「・・・あ・・・。」
体が動かない・・・。
「ったく、後ろから声をかけたぐらいで、そんなに驚くかな・・・。」
「・・・・。」
レイはシンジの顔をじっと見ていた。
「・・・・あの。」
シンジの声は、彼女には届いていない。
「・・・・。」
「・・・・ちょっとそろそろどいてくれないかな。」
「・・・・・。」
「・・・綾波?」


8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:14:36 ID:???
「え?あっ!」
レイははっとするとすぐにシンジのそばから離れた。
胸がドキドキしている・・・。
「あ〜あ。もうお皿が粉々だ。」
「あの・・・ごめんなさい。」
「ん?いいよ別に。」
「シンジは破片を手で拾おうとした。」
「・・・・あ、私がする。」
「いいよ、女の子が手を怪我しちゃ大変だろ?綾波は部屋に戻っていいよ。」
「・・・けど・・・。」
「・・痛っ!」
シンジは破片で手を切ってしまった。
「碇君!」
レイは彼の元へ駆け寄った。
「あぁ、大丈夫だよこれくらい。ちょっと消毒すれば・・・。」
レイはシンジの手をつかむと、
何を思ったのかその指をおもむろに自分の口に含んだ。
「あ・・・。」
シンジは言葉を失った。


9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:15:50 ID:???
目の前で、女の子が自分の指をくわえている・・・。
しばらくして、レイがシンジの指から口から離した。
「・・・これで・・・大丈夫。」
「え・・・あ・・・うん・・・ありがとう。」
シンジは恥ずかしくなって顔をうつむけた。
レイも自分のとっさに出た行為を思い出して、顔を赤らめた。
「その・・・勘違いしないで・・・これは・・・バイキンが入るといけないから・・・。」
「わ、わかってるよ・・・。」
二人は顔を合わせることが出来ないまま黙り込んでしまった。
「あの・・・私・・・ばんそうこう取ってくるから・・・。」
「あ・・・、うん。」
シンジはぱたぱたと走るレイの後姿を目で追っていた。
「・・・そうだ、片付けなきゃ・・・。」
シンジは今度は指を切らないように注意して破片を拾っていった。


10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:16:36 ID:???
夜になった。
二人は自室でともに読書をしていたが、そのスピードは明らかに遅かった。
シンジはレイを意識しすぎて集中できなかった。
ちらっと横に目をやると、彼女と一瞬目が合った。
しかし、すぐに二人ともそらしてしまった。
「・・・あの、綾波。」
「・・・何?」
「今日は父さんたちいないから、僕はリビングで寝ることにするから。」
「・・・そう。」
シンジは読みかけの本を手に取り、ドアを開けて、リビングルームに向かった。
「ふぅ。」
シンジは本をソファに投げて、自分もそこに身を投げた。
「・・・なんか気まずいんだよなぁ・・・。」
シンジはボーっと天井を見た。
「・・・しゃべりがたいというか・・・。」
ふとシンジは指に巻かれたばんそうこうに目をやった。
少し心があったかくなるような気がした。
「さて。」
シンジは本を読もうとページを開いた。
先ほどと違って、本に集中することが出来た。


11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:17:21 ID:???
しばらくして、時計に目をやると、もう十二時を回っていた。
「ちょっと集中しすぎたな・・・。」
シンジは本をテーブルに置き、ソファに横になった。
「・・・あ、布団と枕持ってくるの忘れた。」
シンジはゆっくり立ち上がり、自分の部屋の前まで来た。
ドアをノックしようとした手を、寸前で止めた。
「・・・起こしたらまずいよな。」
シンジはそっとドアを開けた。
部屋は真っ暗だった。
「・・・もう寝てるみたいだな。」
シンジは足音を立てないように注意しながら、
自分のベットの布団と枕をもって部屋をあとにしようとした。
シンジはふとなにか物音がすることに気づいた。
(なんだ?)
「・・・ぐすっ・・・ぐすっ・・・。」
「?」
シンジは誰かの泣き声を聞いた。
「・・・綾波?」
彼女のベットのほうまでいくと、レイは涙を浮かべて、泣いているようだった。
「泣い・・・てるの?」


12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:18:06 ID:???
「・・・うっ・・・ぐすっ・・・。」
シンジの声は届いていないみたいだった。
「・・・やめて・・・。」
「え?」
「・・・うっ・・・もう止めて。」
シンジはレイがなにか悪夢にうなされていると感じた。
しかし自分はどうすればいいか、分からなかった。
「うっ・・・ひっく・・・・。」
しばらくその様子を心配そうに眺めていたが、やがて彼女の寝息は静かになった。
「よかった・・・。」
そういってシンジは立ち上がろうとすると、レイは急にシンジの手首をつかんだ。
「あ、綾波!?」
「・・・お願い、行かないで・・・。」
暗闇で、顔の様子はよく分からなかった。
「いかないでって・・・。」
「・・・私を・・・もう一人にしないで・・・。お願い・・・。」
再び彼女のほほに涙が伝った。
「もう・・・一人はいやなの・・・。」
「綾波・・・。」
シンジは胸が締め付けられる思いがして彼女のそばに寄った。
そして彼女の細い手を握った。


13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:18:51 ID:???
「綾波・・・もう綾波は一人なんかじゃないよ・・・。」
「グスっ・・・ホント?」
「ホントだよ・・・僕がずっとついてるから・・・だから綾波は安心して・・・。」
「・・・そう・・・。」
そういうと、レイはにっこり微笑んで、再び横になった。
「ふぅ・・・寝ちゃったみたいだな。」
シンジはまた立ち上がろうとした。
「あれ?」
シンジの手にしっかりと握られた彼女の手は、離れそうもなかった。
「・・・しょうがないな・・・。」
シンジは手元にある布団と枕を引き寄せて、綾波のベッドの隣の床で横になった。
そしてしっかりと手を握ったまま、シンジも眠りに落ちた。


14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:19:36 ID:???
翌朝、綾波はゆっくりと目を覚ました。
昨夜、久しぶりにあのとても恐ろしい夢を見た気がした。
しかし途中から暖かい気分になって、ぐっすりと眠れたみたいだった。
(あれ・・・。)
彼女は自分がベットから落ちていて、床に寝ていたことに気がついた。
それにしては、なにかとても暖かい。
レイは心地よくなって再び目を閉じた。
スースー
「?」
何故か近くで他の寝息が聞こえる。
それに自分の手もなにかを握っているみたいだ。
レイは恐る恐る顔を上げた。
そこにはシンジの寝顔があった。
(碇君と一緒に寝てる・・・・・!?)
ドカッ!!
「ってー。なんだなんだ?」
シンジはあたりを見回した。
そこにはレイがベットの隅で、布団で身を隠しながらこちらをにらんでいた。
「・・・あ、綾波。おはよう。」
「・・・碇君・・・やっぱり変態だったのね・・・。」
「え?何の話?」
「・・・碇君・・・私の布団で一緒に寝てた・・・。」


15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 18:20:24 ID:???
「え?・・・あぁ、それは綾波が・・・。」
「私・・・知らない・・・。」
「え・・・・え?」
(もしかして寝ぼけてたのか?)
「・・・信じられない・・・ひとが寝てる間に・・・布団にもぐりこむなんて・・・。」
「だっだからそれは綾波が・・・。」
レイは枕をシンジに投げた。
ボスッ!
見事顔面にヒットした。
「・・・この・・・変態・・・。」
彼女の視線は恐ろしく冷たかった。
「ご、誤解だよ!」
「・・・知らない・・・。」
レイはさっさと部屋を出て行ってしまった。
今日は一日中彼女は口を利くことはなかった。
ただシンジは、レイとの距離が少し縮まっているんじゃないかと感じていた。

おわり(新スレ立てちゃいました。)


16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 21:13:34 ID:???
乙!この少しずつ感がいいね〜続きキボン!

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 21:14:30 ID:???
国王様、生存していた模様。

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 23:22:09 ID:???
コンスタントに作品投下してくださって、ありがとうございます
この頃は良い作品投下が多くてホント嬉しいです

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/05 23:28:15 ID:???
若干シンジの口調に違和感があるが(「なんだなんだ?」とか)許容範囲内だ。
よくやったな、作者。


指フェラ…                                     ハァハァ、ウッ!

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 00:03:17 ID:???
萌え要素が沢山ありすぎて萌え氏ぬよ

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 00:13:11 ID:???
このシンジは特技にチェロ演奏は持ってるんだろうか
意外に色々できるんだよなー

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:03:44 ID:???
うむ、このいきなり、綾波…ポにならんで
兄として接しようと努力してるところが
なんともいえずにイイ!

作者さん、頑張れ、超頑張れ!

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:53:21 ID:???
シンジは朝食を食べ終わり、ふと時計を見た。
「もうこんな時間か・・・。」
今日もまたゲンドウは出張で、ユイも先ほど病院へ向かった。
「あれ?」
シンジはテーブルに目をやると、まだ一人分の朝食が、手付かずだった。
(まだねてるのかな?)
シンジはレイを起こすべく、二人の部屋へと向かった。
「綾波ー。早く起きないと学校に遅刻するよ。」
返事はなかった。
ドアを開けてみると、彼女はまだパジャマ姿のままで布団の中にもぐっている。
「・・・綾波?」
シンジはそっと彼女のベッドに近寄る。
するとレイはゆっくりと起き上がった。
「・・・うん・・・わかった。」
彼女はよろよろと立ち上がり、おぼつかない足取りで部屋を後にしようとした。
「あ・・・綾波!そこはドアじゃない!」
「え?」
ドカっ
レイは壁に頭をぶつけた。
頭を抱えて、彼女はその場でうずくまった。
「いっ・・・た・・・。」
どうも様子がおかしい。


24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:54:07 ID:???
「・・・綾波?どうかしたの?」
彼女はまたゆっくりと立ち上がった。
「・・・なんでもない・・・。」
シンジはレイの顔をよく見てみた。
すると、いくぶん顔が赤くなっており、息も少し荒れているみたいだった。
彼女はふらふらとドアノブに手をかけた。
「ちょっと綾波!」
シンジはレイの腕をつかんだ。
「ちょっ・・・やめて・・・触らないで。」
彼女は弱弱しく抵抗した。
「いいから!」
シンジは彼女を引き寄せた。
「何するの・・・話して・・・んっ。」
彼女の額に手を当ててみた。
「・・・やっぱり。・・・綾波、熱があるんだね。」
「・・・関係ないわ。」
そういうとレイはシンジの手を振り切って外に出ようとした。
また歩き出した瞬間、彼女はバランスを崩した。
「危ない!」
がしっ
「・・・ふぅ、危なかった。・・・綾波、無茶するなよ。」


25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:54:52 ID:???
「・・・碇君・・・どこ触ってるの?」
「え?・・・あ。」
彼女の胸に手が触れていた。
「ごっごめん!」
シンジが急に手を離すと、レイは地面に座り込んだ。
「・・・綾波、今日は学校を休むんだ。」
「・・・いい、行く。」
「だめだ!そんなことしたら、もっと悪くなるよ。」
「・・・でも。」
「母さんには、僕が連絡しておくから、すぐに帰ってきてもらうようにって。」
「それはダメ!」
レイの突然の大声にシンジはたじろいだ。
「え・・・でも・・・。」
「・・・お母さんには・・・ぜったいに言わないで・・・。」
彼女は肩で息をしながら言った。
「これ以上・・・迷惑かけたくないから・・・。」
「綾波・・・でも、病気なのに一人じゃ・・・。」
すると彼女は首を横に振った。
「・・・いいの。・・・前はずっと・・・一人だったから・・・。」
「綾波・・・。」
不意にレイが悪夢にうなされている姿を思い出した。


26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:55:36 ID:???
「・・・私は大丈夫だから・・・碇君は学校に行って・・・。」
「・・・いや、僕も学校を休むよ。」
「え?」
綾波は驚いたように目を見開いた。
「・・・どうして?」
「どうしてって、綾波が病気なんだから、だれか家族が面倒を見るのは当然だろ?」
「・・・けど。」
「いいから、綾波は僕の心配なんかしないで、病気を治すことだけを考えればいいから・・・・。」
レイはしばらく黙っていたが、やがてシンジの熱意に負けたのか、こっくりとうなずいた。
そんな彼女をみて、シンジはにっこり微笑んだ。
「・・・さ、早くベッドに戻ろう。」
「・・・うん。」
レイはゆっくりと立ち上がった。
が、シンジが肩を支えようとした瞬間、フラフラとゆれてバタンと倒れてしまった。
「綾波!」
シンジは彼女をゆすったが、意識はなかった。


27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:56:22 ID:???
シンジは彼女をベットに乗せて、額に手を当ててみた。
「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。」
レイの呼吸は荒れている。
「・・・やっぱりかなり熱いな・・・。」
シンジは手元にある体温計で、彼女の熱を測ろうとした。
(・・・これって直接脇に挟まないといけないんだよな・・・。)
シンジはレイの布団を少しめくってみた。
彼女は無防備に胸を上に向けていた。
(・・・パジャマを着てるし・・・ちょっと脱がさなきゃいけないよな・・・)
シンジはパジャマの一番上のボタンに手をかけた。
すると自分の体が急に熱くなってきたのを感じた。
一番上のボタンをはずした。
レイの白い肌が少しあらわになった。
二つ目のボタンをはずした。
彼女の胸元が目に入ってきた。
(・・・ドキドキするな・・・。)
シンジは三つ目のボタンを取り外した。
彼女の胸のふくらみがじかに見えた。
下着は着ていなかった。
「うわっ!」
シンジは目をそむけた。
(ど、どうしよう・・・。)


28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:57:07 ID:???
シンジはしばらく動きを止めた。
「・・・。」
シンジは自分の行動を振り返ってみた。
「・・・何をやってるんだ僕は・・・。」
シンジは冷静になろうと努めた。
(何もそういうつもりじゃないんだし・・。)
体温計を再び手に取り、彼女のパジャマに手をそっと差し込んだ。
彼女の苦しそうな顔がすぐ近くまできた。
「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。」
シンジはのどをゴクリと鳴らした。
頭に思い浮かぶ、いろいろな考えを振り切り、
シンジは体温計を脇に挟んだ。
「・・・んっ。」
彼女の声に、シンジはびくっとした。
「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ。」
「・・・気づいてないみたいだな・・・よかった・・・。」
シンジは胸をなでおろした。
「・・・ってなにがよかったんだ?」
シンジは自分がなにかいけないことをしているようで後ろめたかった。


29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:57:51 ID:???
「・・・三十九度六分・・・。」
その数字をみて、シンジは愕然とした。
「・・・これは相当やばいな・・・。」
シンジは彼女の頭に載せてある、ぬれたタオルを取り替えようと手を伸ばした。
「・・・もうぬるくなってる。」
手元にある、水をためた洗面器にそれを浸し、再びレイの額に載せた。
「ハァ・・ハァ・・ハァ・・。」
シンジは苦しそうな彼女の顔をずっと見ていた。
「・・・前はこんなことがあってもずっと一人だったんだよな・・・。」
シンジは胸が苦しくなった。
彼女が今までずっと一人ですべてを耐えてきたことを思うと、急に胸が切なくなった。
シンジは時間を忘れるぐらい、彼女の顔を眺め続けていた。
どれくらい経っただろうか・・・。
「ハァ・・ハァ・・碇君・・。」
「何?綾波。」
「・・・喉が・・・かわいた・・・。」
「うん分かった。すぐに持ってくるから!」
シンジは急いで台所に向かった。
そして飲み物を持ってきて、体を起こしている彼女の口元まで持ってきた。
レイはコップ半分ほどを空にした。


30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:58:36 ID:???
「・・・綾波・・・熱はだいぶ下がったみたいだね・・・。」
シンジは彼女の額をもう一度触った。
すごい汗だった。
「綾波、これで体を拭くから。」
シンジはタオルでレイの額を拭いた。
「・・・パジャマもだいぶ汗でぬれちゃったね・・・。」
「・・・うん。」
「着替えなくっちゃね。」
「・・・うん。」
「着替え・・・どこかな?僕が出してあげるよ。」
「・・・そこのタンスの・・・上から三段目・・・。」
「ここかな?」
シンジがそこに手をかけると、レイはゆっくりうなずいた。
シンジがそのタンスを開けると、そこには色違いのパジャマと、白い下着が姿を現した。
(何で僕はこんなことで緊張するんだろう・・・。)
パジャマと下着を手に取り、シンジはレイに手渡した。
「じゃ、体を拭いてこれに着替えてね・・・。」
「・・・うん・・・わかった。」
彼女はそういうとボタンを次々とはずした。
「うわ、綾波!ちょ、ちょっと待って。」


31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 10:59:22 ID:???
「・・・どうして?」
彼女は首をかしげた。
「ぼっ僕がいるんだから、僕が外に行ってから着替えてよ・・。」
「そう・・・よくわからないわ・・・。」
「よくわからないって・・・・。」
(まだちょっとボーっとしてるのかな・・・。)
シンジはそういうと部屋の外に出た。
もし自分が何も言わずにいたら・・・。
シンジは顔が赤くなるのを感じた。


32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:00:06 ID:???
シンジはまたレイのそばで彼女の顔を見ていた。
今度は静かな寝息を立てている。
「・・・ひとまずこれで安心かな・・・。」
熱は先ほどよりは高くないみたいだった。
「・・・碇君・・・いる?」
「え?あ、ここにいるよ。」
「・・・おなかすいた・・。」
「あ、そうか。そうだよね。」
時刻はすでに三時を回っている。
考えてみれば彼女は朝から何も食べていなかった。
「綾波、おかゆでいいよね。」
「・・・うん。」
「そっか、じゃあちょっとまっててね。」
シンジは急いで台所に向かった。


33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:03:42 ID:???
「はい、できたよ。」
シンジはお盆の上に載せたおかゆを、レイの布団の上に載せた。
彼女はじーっとそれを見つめていた。
「・・・そうしたの?・・・やっぱり食べたくない?」
彼女は首を横に振った。
「え?じゃあどうして?」
「碇君・・・食べさせて・・・。」
「え・・・え?」
「・・・食べさせて・・・。」
彼女らしくない言葉に、一瞬戸惑ったが、
「うん・・・分かったよ。」
といって、シンジはスプーンでそっとおかゆをすくった。
「はい。」
口元にそっと持ってきたが、彼女はまだ口を開かない。
「・・・ふーってして・・・。」
「え?あ、そうだよね。」
シンジはふーっと息をかけておかゆを冷ました。
「はい。これで大丈夫だよ。」


34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:04:51 ID:???
「・・・うん。」
彼女はうれしそうににっこりして口を開いた。
「・・・おいしい・・・。」
「そう、よかった。」
「碇君・・・もう一口・・・。」
「あ、はいはい。」
シンジはそのたびにそっとおかゆをすくって息をかけて冷ました。
しばらくして・・・
「・・・全部食べちゃったね。」
もうお皿にはおかゆは残ってなかった。
「・・・碇君・・・喉がかわいた・・・。」
「あ、うん。」
シンジはコップを綾波の口元に運んだ。
「・・・碇君・・・甘いものが食べたい・・・。」
「え?わ、わかった、ちょっとまって。」
シンジは冷蔵庫からプリンを取り出した。
そしてスプーンとともにレイに渡した。
「・・・食べさせて。」


35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:06:22 ID:???
「え?また?」
「・・・だめなの?」
レイは澄んだ目でシンジを見つめた。
「うっ、ダメってわけじゃないけど・・・。」
「じゃあ、食べさせて・・・。」
「わ、わかったよ・・・。」
(綾波・・・いつもと違う・・・。)
シンジはレイの態度に戸惑いながらも、スプーンでプリンを食べさせた。


36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:07:25 ID:???
そして夜になった。
「はぁ・・はぁ・・。」
(疲れた・・・。)
レイはずっとあんな調子でシンジを働かせていた。
「・・・眠い・・・。」
ぽつりとレイが言った。
「そ、そっか。じゃ、早めに寝たほうがいいよ。そのほうが直りもよくなるから・・・。」
「うん・・・。」
そういってレイは横になった。
けど、彼女は横になりながらも、じっとシンジを見つめていた。
「碇君・・・。」
「ん、何?」
「私が眠るまで・・・ここにいてくれる?」
彼女は訴えるような目でシンジを見つめた。
「え?・・・うん、もちろんだよ。綾波が眠るまでずっとここにいるから。」
「・・・ほんとに?」
「うん、ほんとだよ。」
「・・・そう・・・よかった。」
そういって彼女は目を閉じた。
その寝顔を、シンジはじっとみつめた。
(けっこうかわいい寝顔だよな・・・。)


37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:08:07 ID:???
「碇君・・・。」
「わ、な何?」
(見てたのがばれたかな・・・)
「眠れない・・・。」
「え・・・そ、そう・・・。どうしようかな・・・。」
「・・・さわって・・・。」
「へ?」
「・・・私の頭を、なでて・・・。」
「え?・・・でも・・・。」
「・・・いや?」
「い、いやじゃないよ!」
「・・・じゃあ、よしよしってして・・・。」
「わ、わかったよ・・・。」
シンジはそっと彼女の頭に手を置いた。
その髪の毛はふわっとしていて、心地よかった。
(サラサラしてるんだな・・・。)
「ふふ・・・。」
レイはうれしそうに笑みを浮かべた。
しばらくすると、彼女は静かな寝息を立てて、寝むってしまった。
シンジはそれでも彼女をなで続けていた。
(妹って・・・こんな感じなのかな・・・。)
シンジもやがて疲れて、その場で眠ってしまった。


38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:09:11 ID:???
次の日・・・
「ごほっ・・・ごほっ・・・。」
シンジは風邪を引いて、ベットに横になっていた。
「・・・移された・・・。」
「碇君・・・大丈夫?」
反対にレイはすっかりよくなっていた。
「え?うん、大丈夫だよ・・・。」
「私、今日学校休む・・・。」
「え?」
「碇君も昨日休んだから・・・。」
「いや・・・でも・・・お母さんもいるし・・・。」
「いい・・・休む・・・。」
「あ・・・そうですか・・・。」
シンジはあきらめて、寝ようと目をつぶった・・・。
「あの・・・綾波・・・。」
「・・・何?」
「その・・・じっと見られてると、眠りにくいんだけど・・・。」
「そう・・・よくわからないわ・・・。」
「よくわからないって・・・。」
(どくつもりはないみたいだな・・・。)


39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:10:00 ID:???
「碇君・・・お腹すかない?」
「え?あ・・・そういえばすいたかなーなんて。」
「そう・・・わかったわ。」
そういうと彼女はおかゆを持ってきた。
「あの・・・綾波・・・一人で食べれるから・・・。」
「・・・だめ・・・碇君はじっとしてて・・・。」
「あ・・・はい・・・。」
彼女はふーっふーっとスプーンのおかゆに息をかけた。
(なんか恥ずかしいんだよな・・・。)
「はい、碇君・・・あーんってして・・・。」
「う、うん・・・。あーん。」
このようにシンジはその日一日中、彼女の世話になった。
シンジは少し迷惑に思ったが、
それ以上に綾波の気持ちがうれしかった。
(僕たちはこれでホントの兄妹に近づけたかな・・・。)
そう思うと、今日の風邪も苦にはならなかった。

おわり

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:14:02 ID:???
あれ、レイが別人になった、多重人格ネタなのかな
ともあれ次回に期待、乙でした

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 11:32:06 ID:???
くそぅ、たまらねぇな…
徹夜の俺を寝かさない気か…
激しく続きキボン!!

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 12:46:27 ID:???
>23からの一連の作は別作者の騙りです。
俺のレイはこんなんと違う。いや違わなくも無いけど
まだ早い。端折り杉。

全てを忘れて次↓どうぞー。

43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:08:41 ID:???
ひゃああモエモエ(;´Д`)ハァハァ
続きキボンヌ(;´Д`)ハァハァ

44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:15:38 ID:???
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ツンデレ!ツンデレ!
 ⊂彡

おつかれ、ぐっじょぶ

45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:15:54 ID:???
作者違いか〜でも良かった!GJ!
中の人って名前あったっけ?
捨てでいいからつけてほしいな。
では本元ドゾー↓

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:18:10 ID:???
いや騙りならどう考えても失礼というか、荒らしじゃないか?
確かにレイが変わり過ぎだから騙りっぽいが

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:28:40 ID:???
つまらない投下より面白い荒らしを俺は選ぶ。
いや、本物の作者がつまらないっていうわけじゃないぞ。

まぁ結局のところ、みんな「これはこれで…」って思ってるんだろう?俺もだ(*´д`*)

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:34:37 ID:???
騙りだったん?
文章の書き方が似てたから本人さんだと思った。
トリップおねがいしやす

名前欄に「#+任意の文字列」
で出来るよ
例えば「#kokokara」
名前(作品名)をのせたいときは「名前(作品名)#kokokara」とか

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:44:48 ID:???
42は作者さん?違うなら何を根拠に言ってんの?
作者にやる気を無くさせるような発言はするなよ。

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:56:45 ID:???
俺もトリップつけたほうがいいと思う。疑う奴もいるから。
もし騙りなら俺としては1つの作品は最初から最後まで同じ人に手がけて欲しい。
まぁ俺は本物だと思ってるけど。

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 13:57:16 ID:???
でも騙りと思うと納得できるような、、
ちょっとイキナリ変わり過ぎだろ、ご都合主義どころじゃない。

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:04:37 ID:???
まぁレイがいきなり「碇君・・・ポ」になったところは
疑われても仕方ないと思うけど。作者が違うって事はないんじゃないか?
真相は本人が話してくれるだろ。

53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:10:39 ID:???
ご都合主義といえばそれまでだけど
病気で気弱になる→看病してくれた人にちょっと心を開く なんてお約束なんだから
その辺は読者が各々脳内補正かけて大目に見てもいいのでは?
俺的に>>42を解釈すると、
「こんなのは前作までの流れから推考して脳内設定していたレイとは違う!
今回のは無かったことにして書きなおせ!ウアアンヽ(`Д´)ノ」ってことだと思う。

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:13:33 ID:???
俺も騙りではないと思うが、

> 「ぼっ僕がいるんだから、僕が外に行ってから着替えてよ・・。」
> 「そう・・・よくわからないわ・・・。」

これは変わりすぎと言われても仕方ないような
もしくは>>40が言うように多重人格?

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:20:22 ID:???
まぁ、荒れるのは勘弁なので本人待ちってことで

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:21:53 ID:???
まあ、当初の男性恐怖症のレイを見れば疑われても仕方がないとは思うけど…

57 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 14:23:05 ID:???
>55
そうだな。大人しく作者さんを待つか。

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 16:15:47 ID:???
作者さん投下待ってますよ〜

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 16:25:29 ID:???
同設定で別の時間軸というか別の世界の話を書くのはありなんかね?
おもしろきゃ俺はなんでもカモーンな人間なんだが

なにはともあれ、SS書いてくれるみなさん
いつもおもしろい作品をありがとうございます

60 :>42:05/03/06 17:16:10 ID:???
>>53
すまそそのとおり。
まぁ作者様におかれましては、添い寝まではすげえ好みでマンセーしてた
ジコチューな読者がチラシのぅらに書いたとでもおもってください。

あなたの作品はすげえ好きなんで、{転んでも泣かない}の
精神で頑張ってください。にちゃんやし

N3騒動でちょっと漏れの中のナニかが麻痺してるのね
LASも読むから漏れ

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 17:58:07 ID:???
えーと、今からレスしようと思ってるそこのあなた。
>>56に関して突っ込みたい気持ちはすごくわかる!わかるんだが…。
一度突っ込み出すと途方もなく荒れる悪寒がするので
大人しくハァハァしながら次作を待つことにしましょうや。

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 18:55:26 ID:???
N3がどうだろうが関係ないじゃん。てかそんなモンに感化されるなよ。

63 :61:05/03/06 18:57:48 ID:???
アンカー間違えた…>>56じゃなくて>>60ね。どういう間違いしてんだ俺。

64 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 18:58:24 ID:???
まぁ騙りかと思ってしまう気持ちは分かるが、>>42みたいにイキナリ断定するのは良くないな。
とりあえずこの話題での荒れはやめよう。静かに作者待ちで。

65 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:01:42 ID:???
は〜い。

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:10:07 ID:???
綾波の男性恐怖症とか「一人にしないで…」とかはやっぱ父親に関係するのかな?
シンジの母親よりも重要なファクターな気がする。
誰だろう?妻も娘も顧みずリアクター内蔵人型ロボットの開発に没頭した父とか…。

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:18:17 ID:???
元彼かもしれんぞ。凄く好きな男がいてそいつに酷いめにあわされたとか。

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:20:08 ID:???
>>67
そいつぁちょっぴり痛いな、死ねる

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:22:44 ID:???
でもありえそうだろ?

70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:24:02 ID:???
だとしたらカヲルしかいない。
「レイとアスカは等価値なんだ。僕にとってはね」

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:26:27 ID:???
>>70
カヲルをぬっ殺したくなるからやめれ

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:35:49 ID:???
>>70
ひどい!あんまりだ…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:47:33 ID:???
でもレイがシンジとゲンドウ以外に本気で好きになりそうなのは
カヲルしかいないじゃん。

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 19:48:43 ID:???
ここはLRSスレなんだぁ…それ以外の影をちらつかせられると痛い…

75 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:06:01 ID:???
LRS総合でも作るかw

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:09:02 ID:???
是非作って下さい。

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:14:01 ID:???
やめれ。一つで十分。

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:15:21 ID:???
いいね。そこでならN3もなんてメじゃない三角四角五角関係のイタモノLRSとか見たいかも。

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:20:34 ID:???
いらん

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 20:35:07 ID:???
だったらここは多少のイタモノLRSでもいい事にしようぜ。
エスカレートしてどこぞのスレみたく乱立しても困りモンだしね。

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 21:02:39 ID:???
って言うか、もともとそんな縛りなんかなかったよね
だから、イタモノでもいいことにするもなにも、元からいいのでは?
別にLASに歩調合わせなくてもいいでしょ
あっちが分かれすぎなんだから

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 21:06:36 ID:???
>>80
イタモノは荒れるからいや。

つーか、雑談はこれくらいにしようや。

83 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 21:07:29 ID:???
つまりLRSならなんでもOKって事か。了解。

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 21:10:20 ID:???
面白ければいいじゃん。とりあえず今は作者さんの投下が楽しみ。
レイの過去に何があったのか気になるな。

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 21:52:20 ID:???
ネタ潰しにならないと良いんだが

多重人格って虐待が原因になるらしいんだよな
ユイさんが前夫と別れた理由もそのあたりか?

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 22:32:26 ID:???
なんかこーゆうの俺好きかも
テレビ放映中2ちゃんあったらやってみたかったな、こんな風に先の展開考えるの
おいおいこの先どーなるんだよとかレイが…とかさ

作者さんがどう思うかはわからんが

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/06 22:51:20 ID:???
俺も好き。楽しみだからこそ自分達で色々予想しちゃうんだよな。
やっぱ楽しいよな。同志がいて嬉しいよ。

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 00:03:40 ID:???
落ちLASの惨状もこんな感じのノリから始まったんだけどな。
平気かね

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 00:15:21 ID:???
あっちはスレ内の予想を作者が悪ノリして取り込んだと思しき展開が散見されたから
必要以上に荒れ気味になっただけだと思う。
だからこっちはそんなに心配要らないんじゃない?

でも、予想がいきすぎて作者のネタを潰しかねないというのは同意。
ほどほどにいこうや。

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 00:41:35 ID:???
LASスレの事は見てないから惨状がどうとかよくわからんが
俺らは俺らで楽しくやりゃいーよ。でもそうだよな。
予想のいきすぎには注意しなくてはな。気をつけるよ。

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:21:55 ID:???
>>90
このスレに例えると、>>66で男性恐怖症とか父親が関係してるとか書いてたら、
ホントに父親に性的虐待されてた事になったり、って感じ
予想は楽しいんだけど、それによって展開が変わっちゃうのは嫌だなあ


92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:34:31 ID:???
エヴァに乗って綾波と直通回線を開くことが増えた。

最初はリツコさんの指示の意味が判らなくて聞いたのが始まりだった。

僕だって僕なりに真面目に一生懸命に命令を聞こうと努力してる。
でも今までの普通の生活をしていた中学生に、人生で初めて出てきた難しい用語を
全部一回で覚えて理解して行動しろ、なんて無理に決まってる。

判らないことは何でも聞いてね、とは良く言われる。
でも流石に三度以上同じ質問をすると眉を潜められる。

理不尽な大人の詭弁ってやつだ。
子供の都合なんてまるでお構いなし。

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:35:49 ID:???
「何。」
「あ、突然でごめん。」
「何か用?」
「あの……」
「用があるなら早くして。訓練中よ。」
「ご、ごめん。プログナイフの格納のスイッチってどこだっけ?」
「……左面上段コンソールパネルの左から三番目。それから右操縦管第二トリガーをパーシャル。」
「あ、思い出した。ありがとう綾波。」
「いえ。」


毎回毎回嫌そうな顔一つしないで丁寧に判りやすく教えてくれた。

でも綾波は嫌そうな顔こそしないけど、ホントはどうなんだろう。
リツコさんみたいに面倒に思ってたりするんだろうか。

「別に。」
そっか。よかった。
面倒くさいとか物覚えの悪い男とか思われてたら嫌だもんね。

「……でも本当は少し面倒。」

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:37:47 ID:???
正直言ってちょっと泣いた。
その夜は泣きながら夜遅くまでマニュアルを読みまくった。

でも所詮は一夜漬けで、やっぱり抜けてる所があった。
翌日の訓練中に動きを止めてしまったんだ。

でも綾波にはもう二度と聞きたくなかった。
仕方がないから、諦めてリツコさんに嫌な顔されようと心に決めた瞬間、綾波が回線を開いてきた。

「火器制御パネルを開いたまま両操縦管を30度以上外向きに傾けて。」
「あ、うん。」

綾波のお陰で恥をかかないで済んだ。
礼を言おうとしたら回線は既に切れてたけど。

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:40:09 ID:???
「さっきはありがと。」
「別に。」

搭乗訓練が終わってクローズドミーティングが始まるまでの、ほんの僅かな休憩時間。
綾波は自販機エリアのベンチに腰掛けて休んでた。

「何か飲む?お礼に何かおごるよ。」
「要らない。」
「……おごらせてよ。綾波には迷惑かけっぱなしで」
「気にしないで。」

言いかけた途中で、すっぱりと切り捨てられた。
僕は何をやってるんだろう。

「……駄目だな僕は。」
自然と声が出ていた。

「そんなこと無い。あなたはよくやってるわ。」
「その話じゃなくて……お礼の一つもまともに出来ないのがさ……」

僕は手に持った紅茶の入った紙コップに揺れて映る、情けない顔をした自分を見つめながら呟いた。

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 01:42:42 ID:???
しばらくして、不意に綾波が口を開いた。
「……それは何?」
「え?」
「紙コップの中身。」
「あ、これ? 普通の紅茶だけど。」


「私……紅茶が飲みたい。碇君、ご馳走してくれる?」

顔はいつもと同じだったけど
初めて聞いた事務的じゃない彼女の言葉は、手のひらの中の紅茶よりとても温かく感じた。



「綾波ってさ。」
「?」
「最初の頃はものすごく冷たい人なのかと思ってた。」
「そう。」
「でも本当は結構優しい人だったんだね。」
「……」
「なんていうか……ホッとしたよ。」
「……そう。」
「これからも迷惑かけちゃうかも知れないけど……よろしくね綾波。」


無言で頷く綾波の耳と頬っぺは、何故だか赤く染まっていた。

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 04:11:03 ID:???
萌え死んだ4時11分

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 12:58:53 ID:???
優しくて可愛い綾波超イイ!めちゃくちゃイイ!(*´д`*)

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 14:48:32 ID:???
泣きながらマニュアル読むシンジがイイ!!

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 18:12:31 ID:???
なんつーか、綾波だよなぁ…と思った。



…ところで、パーシャルって何?
ググるとROMがどーだこーだと出てくるのだが。
あやにゃみ〜横文字じゃなくて日本語で説明してよ。orz

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 18:59:45 ID:???
>「……でも本当は少し面倒。」

こんな綾波は大好きだw

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 20:22:39 ID:???
>>101
禿同。

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 20:24:48 ID:???
例えば、スティックに10入力すると動作するならば、9までの入力で保持するってことさ。

ギヤで言うと、転がされてるんじゃなく転がしてる状態。傍から見れば同じようでも違う。

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 20:29:01 ID:???
>92氏
そろそろコテ名乗っても、と漏れは思う
とりあえずGJ!

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 21:08:19 ID:???
>>103
dクス。
また微妙な操作+表現だなー。
シンジも大変だ。まだ、中学生なのに。
いや、いまどきの中学生なら当たり前の用語なのかな?
うみ、世代をかんじるねぇ。。

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 22:07:01 ID:???
>>105
>103もちと違うようなカンジだが。
バイクとかでも良く使うな。「アクセルをあてる」とかと同義で。
コーナー出口とかで、加速するほどじゃないけど、リアにトラクション
かけてる状態とかを表すんだけど。

これこそ触ったことなけりゃワカランか。すまんね。

ところで両親再婚でシンレイ同居モノのツヅキマダー

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 22:47:05 ID:???
俺も早く読みたいがマタ―リ待ってるよ。
作者さん自分のペースでいいから続きヨロ。




108 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/07 23:07:37 ID:???
>>100
免許持ってるならわかるだろうけど半クラみたいなもんだ

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 00:50:05 ID:???
>>104
え?>>92氏と兄妹LRSは別の人だろ?

110 :104:05/03/08 01:21:34 ID:???
>>109
む、そうなのか?
句点とかが特徴的だからてっきり同じかと・・・
って俺の勘違いだYO!! 使い方違うし

吊ってきます

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 05:00:40 ID:???
兄妹はもう(゚听)イラネ
本編綾波マンセー

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 05:18:23 ID:???
つまんないと思っても、そういうことをここに書くのは止めようぜ
楽しみに読んでいる人もいるんだし、作者がやる気無くして放置したら、ガッカリするじゃん

まあ、俺は読んでいないからスルーしているけどさ

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 05:41:25 ID:???
私は楽しみにしてるんで、いちいち言わなくていいこといわないでよ

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 07:20:07 ID:???
>>108
それは違う

115 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 09:13:48 ID:???
俺も姉妹モノ楽しみにしてる一人。
職人さん、ガンバレ!

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 13:52:05 ID:???
111はなんでここのスレ荒らすようなことわざわざするんだよ。
112もさ言ってる意味説得力無いし。
おめーの最後の一言が作者にやる気を無くさせてるのマジわかれ。
どこの香具師か知らんが荒らしは自分の巣に帰れよ。だいたい予想はできるが。
俺は姉妹モノ楽しみにしてる派の1人だからそーゆーの超うざい。

俺も職人さん応援してる。ガンガレ。


117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 14:59:16 ID:???
LRS人じゃない漏れも応援してます。ガンガレ

118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 21:42:09 ID:???
投下(´・ω・`)マダー?

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/08 22:17:51 ID:???
ふぅん、LRS人じゃないやつも居るんだ・・・・・意外だね。
作者さん俺も応援してますんで頑張って下さい!

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/09 21:13:48 ID:???
この作品はLRS人じゃなくても面白いと思うよ。

121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/09 23:53:40 ID:???
EVAは普通に頭で考えれば、考えた通りに動いてくれる。
でも万が一に備えて、手動でもある程度までなら動かせるように作られてるらしい。

だから当然、パイロットも万が一に備えた訓練をしなくちゃならない。


「次。ケース0146、地面落ちたプログナイフの回収。」
隣の席に座る綾波が、テキストを淡々と読み上げる。

「目標付近で機体を前屈、もしくは片膝立ての状態に置き、目標を右腕にて回収。後、機体を直立状態に戻します。」
「うん……」
「制限時間45秒。用意。」



彼女の白くて細い腕の内側、小さな腕時計の秒針が文字盤の12を指すと同時に発せられた
小さな声での「始め」の合図と共に、僕はゆっくりと操縦管を前へと倒した。

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 00:21:48 ID:???
モニターにだんだんと大きくなるプログナイフが映し出される。
僕は操縦管をから手を放し、タッチモニターの中の数え切れないくらいある文字の中から
「右腕制御」と書かれた所を探し出して押す。

フォン、と軽い電子音がしたのと、文字の色が変わったのを確認してから右側の操縦管だけをゆっくりと押し込んでいく。
それに伴ってモニターにEVAの右手が現れて、だんだんとナイフ近付いていく。

あとちょっとで掴める、というところで世界がぐるりと回転した。

お尻の下や背中からガラガラと何かが崩れる音と衝撃がしてきた。

恐る恐る目を開けてみると、さっきまで隣に生えていたビルが半分くらいの長さになっていた。

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 00:28:57 ID:???
「あれ……」
「転倒した理由、分かる?」
「えと……」
「……上半身の姿勢制御バランサー系が殆ど全て手動のままだったから。」
「あう……」
「慣れない内は自動に切り替えた方がいいわ。」

シートベルトでナビシートに逆さ吊りにされた綾波が、これまた淡々と結果と理由、改善すべき箇所を教えてくれる。
その青い髪と制服の赤いリボンがいつもと逆方向からくる重力に引っ張られてる以外はいつもと全く変わらなかった。

「ごめん……」
「平気。それより碇君、ここから通常の体勢に戻せる?」
「分かんない……でもやってみるよ。」

あっちのスイッチを押し、こっちのスイッチを押し、操縦管を引いて、倒して、また引いて……


でも駄目だった。
宙吊りにされて頭に血が上ってる状態ではとても無理な話だった。

124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 00:33:48 ID:???
「あれ、このっ!くっそー、駄目だ……」
「こちらで戻します。手を放して……」

綾波が手元のコンソールパネルを操作すると、モニターの映像が途絶え
プラグ全体がモーターの小さな駆動音と共に回り始める。
やがて直径三メートル超の球体は、ゆっくりと時間を掛けて平衡を取り戻した。


『はぁ……』
外からシミュレータを見上げる二人の口から同時にため息が出る。

僕は自分の失敗に対して。
綾波は……

「……平気。少し頭に血が上っただけだから。」


リツコさんにマヤさん、ミサトさんまでもが忙しかった為に、急遽綾波に打ち込まれた白羽の矢は
家に帰ろうとした彼女を引き止め、ご丁寧に逆さ吊りによる貧血までプレゼントしてくれた。

125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 01:32:47 ID:???
>121氏乙
何となくだがガンパレの操縦を連想したな
作中で操縦訓練っていうと
シンクロテストと「目標をセンターに入れてスイッチ目標を…」しか無かったからなかなか面白かった

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 01:52:37 ID:???
これすごくいいよ作家さん。
なんつーか今までなかったタイプでない?頼れる綾波。
こんだけちょびっとなのに話に入れるし。
だからもっと続けて〜(・∀・)

127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 01:54:56 ID:???
できれば投下終わりのときは「つづく」とか書いて欲しい

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 02:26:45 ID:???
教官レイちゃんもイイね

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 08:58:58 ID:???
あの時はまだ寝るつもりはなかったんだ……
ただ……気がついたら携帯にぎりしめたまま朝になってただけなんだ……



もしあの後投下待ってた人居たらスマソ。

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 14:23:46 ID:???
自分のせいで、それとは関係のない知り合いが傷つくのは、時には自分が痛いことよりはるかに痛い。
僕は胸が痛すぎて綾波の方を見られなかった。

「ふう……」
時折つく綾波のため息が深く深く胸に突き刺さる。

今回こそ嫌われただろうな……
くそ、父さんさえ僕を呼ばなきゃ僕はこんな目には……
ミサトさんやリツコさんがちゃんと面倒見てくれれば綾波もこんな目には……

綾波だってそうだ。嫌なら最初から嫌だって断ればいいのに。
僕一人じゃ立てないの知ってるんだから、頭に血が上る前に戻せばよかったのに。

そんなことを考えてたら、なんか胸の辺りがムカムカしてきた。

「碇君、大丈夫?」
「……もう止めない?なんか疲れちゃった。」

あまり心配してる様子は感じさせずに僕の顔を覗きこんできた綾波。
その血色の瞳から逃れるように目を逸らせて、僕は言ってやった。

131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 14:35:54 ID:???
「疲れた?」
「うん。」
「そ。ならそうすれば。」
「……え?」

呆気に取られる僕の前で綾波がてきぱきと帰りの支度をし始めた。
かばんを握り締めて歩き出す綾波を慌てて追い掛ける。
「あの……」
「何。」
「あ、いや、……止めないんだね。」
「嫌がる人に強制する権利、無いから。」
「綾波はそれでいいの?リツコさんに怒られたりしない?」
「無理強いしたくないから。仕方がないわ。」
「で、でもさ!……ん?」

急に綾波がぴたりと足を止めた。
その視線の先には……いつもみたいに機嫌の悪そうな父さんが居た。

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 14:40:58 ID:???
「シンジ。訓練はどうした。」
「あの……。」
「……レイ。訓練は終わったのか。」
「いいえ。碇君が体調不良を申し出たので中止しました。」
「体調不良だと?」
「はい。あ……」


僕は再び父さんが口を開く前に、綾波の手を掴んで逃げた。思いっ切り全速力で逃げた。
闇雲に走り回った結果、僕らはいつの間にかまたシミュレータの前に立っていた。


「はぁ、はぁ、綾波、ひどいよ……」
「何故逃げるの。」
「何故って……綾波こそわざわざ父さんに言うことないじゃないか!」
「聞かれたから答えただけよ。司令だからじゃ無い。」
「でも聞かれたからって……」

そこまで言いかけた時、腕を綾波にくいっ、と引っ張られた。

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 14:52:38 ID:???
僕は綾波の手首を掴んだままだった。
綾波が僕の腕を引っ張ったのではなく、張り付いた僕の腕が綾波の腕の動きに合わせて勝手に付いていっただけだった。

固まる僕を見据えたまま、遠慮がちに彼女は再び手首を引いた。

「ご、ごめん!つい……」
「……平気。」


二人して言葉を失って、しばらくそこに立ち尽くしていた。

「……あれだけ走る元気があるなら。」
「?」
「訓練、続けられる?」
不意に沈黙を破ったのは綾波が先だった。
かばんから訓練用テキストを取り出しながら。


言葉の上では僕の意志を尊重する形を取っているが、行動はそうでは無い。
僕はNERVの人達のこういう所って少し嫌いだ。

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 15:04:45 ID:???
「もう一度。ケース0146……」
綾波の視線の圧力に負け、再びシミュレータに乗り込んだ僕は、うなだれながら指示を待つ。

「……キャっと空中三回転?」
突然綾波が無茶を言い出す。

「……ごめんなさい。テキストを間違えたわ。」
「……本当にそれ書いてあるの?」
「ええそうよ。ここに。」

バイロット育成プログラム ver.2.11と書かれた表紙を綾波の指が挟まれているところまでめくる。

【キャっと空中三回転】
用途・使徒への強襲時及び緊急回避等
行動概要・高速オート走行モードから強制割り込みで右足をマニュアルに変更、膝部ショックアブソーバを最大に利かせた状態から最大踏力で(以下略)


ホントに書いてあった。
誰だこんなの書いたの。

「……試してみる?」
「いや、止めとく。」
「そ。なら正しいテキストを取ってくる。少し待ってて。」

僕は、柔らかな物腰でシミュレータを出ていく綾波の後ろ姿を見つめながら
本当にこの訓練に終わりは来るのだろうか?と小さな疑問を抱いていた。

おすまい

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 15:05:19 ID:???
この訓練って全く無意味な気がするんだが・・・

136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 15:24:16 ID:???
>>135
「なんかそれっぽい訓練をした」という経緯がシンクロ率に影響を及ぼすかどうか?
というリッちゃんの実験の一環だと思いねェ。

あるいはプラグ内部という特殊な環境に慣れさせ、実戦で落ち着いて行動させるための口実とか。
パイロットの入力の個体差のデータの入手とか。



碇君、深く考えては駄目。

137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 19:02:40 ID:???
家族モノの職人さん来ないなぁ…

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 19:43:58 ID:???
少なくとも、漏れ他数名の為には、とってもなっていたよ。まんせーまんせー

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/10 22:32:56 ID:???
教官綾波イイよ。ってこれでおすまいかよ。ラブが足りないよ。続き書いてよ。
兄妹モノはまだかな。って投下きてないよ。荒らしのせいだ。荒らし氏ねよ。

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 00:37:29 ID:???
大丈夫!兄妹モノの人は投下してくれるさ!

141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 00:40:42 ID:???
兄妹の中の人拗ねちゃったのかな。
作品以外のレスが全く無いから中の人のキャラが読めないな。
とりあえずここにも一人投下を心待ちにしてる読者がいるということは表明しておくノシ

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 02:39:16 ID:???
あんな設定の話LRSでなくてもええじゃん?
荒しで結構毛だらけ( ´,_ゝ`)プッ

143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 10:34:20 ID:???
漏れも何度かラヴに挑戦してみたんだよ。
でも漏れがラヴを書こうとするとな……


「あの、やっぱり痛かった?」
「平気。」
「そっか。血も出なかったみたいだし。」
「……こういう事するの初めてじゃないから。」
「え……?」


という風に必ず泥沼ってしまうのだ('A`)

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 11:18:35 ID:???
>>143
やめて、痛いから
私の心が痛いから…いいえ、寂しいのね、泣いてるのは…私?

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 19:14:48 ID:???
「あの、やっぱり痛かった?」
「平気。」
「そっか。血も出なかったみたいだし。」
「……こういう事するの初めてじゃないから。」
「え……?
 そうなんだ・・・。まあ、僕も初めてじゃないし」
「え……?」

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 19:19:17 ID:???
>>145
それなら良し

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/11 19:35:02 ID:???
うん、俺も割りと良しな感じ。

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 04:29:29 ID:???
それならいいね。

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 10:22:17 ID:???
>>143
よし、シンジ・レイに元彼女、元彼を絡めた泥沼話を書くんだ。
あ、くれぐれも最後はLRSで頼むぞ。

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 11:57:03 ID:???
レイの元彼→ゲンドウ
シンジの元カノ→アスカ
こうなるのかやっぱり・・・


151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 11:58:50 ID:???
アスカの元彼→加持も入れてくれ

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 11:58:53 ID:???
>>150
それは結構痛いから、ゲンドウはやめてせめてカヲルあたりで…

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 12:11:45 ID:???
シンジの初めての人はレイに嫉妬したリツコで

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 13:34:30 ID:???
1000 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :05/03/09 23:18:48 ID:???
1000だったらレイタンは俺の物

155 :ヽゝ゚ ‐゚ν:05/03/12 13:43:55 ID:???
たとえ碇君が何人の女性器に陰茎を挿入した過去があっても私は平気。

碇司令がそうだったもの。もう慣れたわ。

だから平気。
血は争えないって分かったから。

156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 13:52:52 ID:???
そんなひねくれた綾波は嫌だーーーーー

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:13:12 ID:???
「あ、綾波!あやなみぃ!…ウッ!ハァハァ…」
「…フィフスより早いのね」
「う、うわああああああああ!!」

158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:14:35 ID:???
誰かもっとシンジにやさしいレイを…

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:20:11 ID:???
シンジ「笑えばいいと思うよ」
レイ「短小包茎早漏の三重苦ね(ニヤリ」

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:22:16 ID:???
多分(碇君が)3人目だと思うから…

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:34:50 ID:???
シンジの元カノはマナ。
綾波の元彼は俺。
シンジを想いつつも今だ俺の事を忘れられない綾波。
シンジはシンジで綾波と恋人でありながら今だ元カノマナへの想いを断ち切れず
アスカも気になってしょうがない優柔不断な14歳。
シンジと綾波はお互いの気持ちに気付いているが別れ話が切り出せない。
そんななか突如綾波の前に颯爽と現れる俺。
一年前より逞しくなった俺にときめく綾波。
もうシンジの事などどうでも良い綾波。
お互いに惹かれ合う俺と綾波。
でも俺には今カノマナがいた。
嫉妬に荒れ狂う綾波。すでにマナとは冷めきった関係だと伝える俺。
碇君と別れるから彼女と別れて私ともう一度付き合ってと言う綾波。
了承する俺。家に帰り同棲してるマナに別れ話をする俺。
いやだ別れたくないわと言うマナ。
だがシンジがマナの事をまだ好きだという事実を綾波から聞いた俺は
マナにその事を伝える。
俺とシンジのことで揺れ動くマナ。俺との楽しい思い出が頭をよぎるマナ。
結局なんだかんだいって俺が好きなマナ。レイと全面対決。
なんてのならちょっといいかもしれない。

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 14:38:30 ID:???
>>161
おまいの脳みそにfushianasanと打ち込んでやりたい

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 15:05:35 ID:???
>>161
巣にカエレ(・∀・)義孝!!

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 15:51:42 ID:???
>>161
てめーは林原なら何でもいいのか!

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 17:34:20 ID:???
>>161
ペンペンや初号機と遊んでなさい

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 18:10:54 ID:???
>>161
マギでもいいぞ。

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 20:56:06 ID:???
つーか、それLAS系列であったな。
オリキャラが、シンジ踏み台にしてヒロイン食いまくるやつ…



やべぇ、また、むかついてきたw

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 20:59:05 ID:???
ペルソナのことか?

169 :161:05/03/12 21:44:17 ID:???
そんならおまいらはどんな泥沼話しを望むんだよー。書いてみれ。

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 22:12:12 ID:???
オリキャラの出てこない泥沼。

171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 22:19:58 ID:???
泥沼がないお話

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 23:11:55 ID:???
お望み其の壱 オリキャラの出てこない泥沼。

シンジの元カノはアスカ。綾波の元彼はカヲル。
シンジと綾波は付き合っているがお互いに前の恋人の事を引きずっていた。
ある日些細な事で喧嘩する2人。お互いの気持ちが冷めつつあるその時
シンジの元カノアスカがシンジに急接近。
シンジは再びアスカへの想いが膨らむ。惹かれ合う2人。
なんとか綾波への想いを断ち切りアスカとよりを戻そうとするシンジ。
アスカと再び身体の関係を持ってしまう。そしてその快楽に溺れていくシンジ。
もうすでに綾波の事は頭にないシンジ。
何も知らない綾波はシンジと仲直りしようとシンジの家まで行く。
合鍵でドアをあける綾波。
しかしそこでみたものはシンジとアスカが睦み合う姿であった。
ショックを受け足早にそこから立ち去る綾波。
しかし本当はそんなにショックじゃない綾波。
文句も言わず去ろうとする綾波に対してムカツクシンジ。
綾波をほっといてアスカと第2ラウンド突入。
シンジの家から飛び出した綾波の前に現れたのは元彼カヲルであった。
元気の無い綾波を励ます美少年カヲル。そんなカヲルに抱きつき泣く綾波。
お互いに惹かれ合う2人。またよりを戻さないかとカヲル。
綾波あっさり了承。かくして男女4人の愛憎劇は今幕をあげたのであった。続く。
ってこんな感じならどお?



173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 23:51:52 ID:9NZ/JhyO
>>171
あまりにも↑のやつがつまらんのでお前に話振る

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 23:53:22 ID:???
「…綾波、出かけてるのかな?」
主なき部屋の真ん中でシンジはつぶやいた。
欠席続きのレイのためにプリントを届けにきたのだ。シンジはゆっくりと部屋を見回した。
「散らかってるなぁ、こないだ片付けたばかりなのに。」
インスタント食品の空き箱、ダイレクトメールの束、コンビニの袋、使い古しの包帯…。
それらが薄汚れた床に散乱していた。
「しょうがない、また片付けるか。」
しょうがない、と言いつつもシンジはそれを煩わしく思ったわけではない。
むしろ喜びのような気持ちさえ感じていた。以前にレイの部屋を片付けたとき、
彼女は戸惑いながらもありがとう、と言ってくれた。
シンジはその言葉を聞いて本当に幸せな気分になった。
シンジは意識はしていないが、レイの感謝の言葉をまた望んでいるがゆえに
こうして彼女の部屋を片付けているのかもしれない。

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 23:54:20 ID:???
「ふう、こんなものかな。」
散らかっているとはいえ、さして部屋は広くない上に余計な家具も物も少ない。
シンジは手早くゴミを集め、袋にまとめた。
最後にゴミ箱の中のゴミを袋に放り込めばそれで終わりだ。シンジはゴミ箱の中をのぞいた。
「ん?なんだこれ…。あ…これってまさか…」
既に役目を終えゴミに姿を変えた【それ】は、空っぽのゴミ箱の中で所在なげにその身を置いていた。
正確には、【それ】と【それ】が入っていた四角いギザギザの入った袋が。
「コ、コンドー…ム?」
シンジは【それ】が何で、何のために使われるかをいつかケンスケに教えてもらったことがあった。
「なんで綾波が…う、うそだろ?」
シンジはとっさにゴミ箱から目をそらした。だが、目をそらしたところで彼の頭はすでにパニックだった。
慌てて、椅子に乗せていた鞄をつかみ玄関に向かう。
「か、帰らなきゃ…。あ、プリント…。」
鞄を開け預かったプリントを出す。それすらも今のシンジには困難な作業だった。
(どうして…誰と…綾波が…なにを…僕は……逃げちゃ駄目だ!)
10秒ほどかけてようやくプリントを取り出しベッドの上に置いた。
ふと、シンジの目がベッドの上に何かを見つけた。
一つは掛け布団のちょうど中央にこびりついている血のような黒いシミ。
そしてもう一つは、枕に絡みついた数本の銀色の髪の毛。
「?」
シンジはつかの間考え、やがて霧が晴れるように全てを理解した。かつてない絶望とともに…。

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/12 23:55:01 ID:???
レイは、出かける前とはうって変わって整頓された部屋を眺めていた。
部屋の隅には使った覚えのないゴミ袋が一つ口を開けたまま転がっており、
ベッドの上には何かの書類が一束乗っている。
何枚かはベッドからこぼれ、窓から吹き込むそよ風に合わせて床の上を踊っている。
(前にもこんなことがあった…)
レイは床に落ちていたプリントを一枚拾った。「2-A 三者面談のお知らせ」
掃除してくれた誰か。学校のプリントを届けてくれた誰か。私のために何かをしてくれる誰か。
「…碇くん?」
訪問者の去った部屋の真ん中でレイはつぶやいた。


(つづく?つーか誰かつづき書いてつД`))

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:11:16 ID:???
>>176
俺は続き望む。

178 :続き:05/03/13 00:27:19 ID:???
ゲンドウ「という夢を昨日見た」

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:30:17 ID:???
ふ、ふざけんにゃーーーー!!

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:36:54 ID:???
ここまできて最終的にLRSに帰結できるのだろうか?
不安になってきた…

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:39:06 ID:???
ゲンドウ「嫌な夢だったな…」
レイ「…ん…おはようございます。司令」
ゲンドウ「おはよう、レイ。朝からだがもう一回…」
 
END

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:41:42 ID:???
そこをなんとしてでもLRSにするのが腕の見せ所でつよ

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 00:58:49 ID:???
嫉妬が原因のアスカの陰謀で無問題

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 01:21:24 ID:???
LRSスレにもN3がw

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 01:30:22 ID:???
>>183
おまい頭いいな

>>178
思いっきり爆笑したよw
最高!

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 02:03:21 ID:???
ゲンドウ、レイ、シンジの三角関係が一番萌える

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 02:04:10 ID:???
>>186
はげどう

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 02:16:29 ID:???
レイが葛城邸を自主的に訪れてる時点でOutな漏れ。


レイと父親との関係を知り、自暴自棄になり○○と関係を持ってしまうシンジ。
翌日、レイの部屋を訪れてベッドに腰掛けながら報告するシンジ。
「昨日○○と寝たんだ。」
「そう。」
「そうって……綾波は悔しくないの?」
「それでも貴方はここに来てくれた。それだけで充分よ。」
「……」

「……何故泣いているの?」
「僕は……綾波を裏切って○○と……」

一糸纏わぬ姿でシンジの頭を胸に抱きすくめるレイ。
「……ごめんなさい。私はこうして貴方に身体を捧げる以外の慰め方を知らない。」
「僕は……慰めてもらう資格なんか無い……」
「ごめんなさい……私には優しい言葉を掛けてあげる事なんて出来ない。私の口は貴方の口を塞ぐ事しか出来ないの。」





ヽゝ゚ ‐゚ν.。ooO(と言えば大抵の男は堕ちるって酔った葛城三佐が言っていたから試してみる。……親子丼、私の夢だから。)

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 02:33:42 ID:???
イヤッホーー!!
最高だぜ!

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 06:11:43 ID:???
>>186-189
汁住人は巣にカエレ!

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 07:45:37 ID:???
>172
バブル期のトレンディドラマみたいだな。

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 15:33:27 ID:???
おまいら書いた以上最後まで投下するのだ!!

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 17:40:05 ID:???
>>190
汁の話はLRS人的には全然おいしくないので無理。
あそこのはLAS人でないと楽しめないよ。

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 18:32:16 ID:???
>>193
…おまいは汁に池。
あそこは満遍なくそーゆー趣味の連中に対応してるから。

…頼むから、こーゆーとこでそーゆーことをリクするな。
最近この手の連中があっちこっちのスレに増殖してんなぁ
めっちゃ旗迷惑

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 18:54:46 ID:???
そんなこと言うんだったらお前の望むssを投下しろよ。
文句ばっか言ってないでさ。

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:04:20 ID:???
…おいら最近そーゆーのの跋扈により創作意欲激減

意欲増えるやつもいれば減るやつもいるんよ

それぞれスレがあるんだからして他スレの人間に迷惑かけんようにするのも
おとなでせう?勘弁してくれ…

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:07:22 ID:???
もうあったかいと思ったら春ですね

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:08:14 ID:???
じゃあ194投下よろしくな。お前の望むLRSを見せてくれよ。

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:30:49 ID:???
LR○系のスレにいる香具師は大人だなぁ。

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:44:42 ID:???
そうだね。少なくともここよりは。
文句ばっか垂れて創作意欲激減なんてぬかしてる香具師よりはね。

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 19:57:16 ID:???
イヤ、このスレにいる椰子も落ちついてると思うよ、悪いのは荒らしだよ。

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 21:18:27 ID:???
…おいら、荒らしかw
んじゃー、もう発言せんよ、すまんかった。

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 21:28:43 ID:???
なんか、漏れも(´・ω・`)ショボーンてなっちゃたよ…。 以外といい椰子だな、お前。

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/13 23:17:45 ID:???
仲良くしなよ。

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:37:41 ID:???
兄妹モノの投下はまだか…

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:38:54 ID:???
厭きたんじゃないの

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:40:04 ID:???
「碇ではないか。何をしているのだ、こんなところで」
「綾波……、君こそ使徒が来てるのにこんなところにいちゃあ……」
「私の零号機は前回の戦闘で大破してしまったからな。今の私には戦闘配備中に居る場所がないのだ」
「……それで、スイカに水をまいてるの」
「あぁ。碇、良いぞ。物を育てるというのは」
「……」
「……碇。今の私にはエヴァに乗って使徒を倒すことは出来ぬ。……貴様の初号機と私は相性が悪いようだしな」
「……」
「だが貴様は違うだろう。貴様には貴様にしか出来ないこと、出来ること、やるべきことがあるはずだ」
「僕は……」
「もうエヴァには乗らない、か?」
「……うん」
「そうか……、この……うつけもの!!」
「―――」
「まだ参号機のことを引き摺っているのか!? 軟弱者! あのとき貴様は戦おうと思えば戦えたはずだ!」
「違う! ……違う……僕じゃない、あれは父さんが勝手に……止めてって言ったのに、父さんが! 父さんのせいでトウジは死んだんだ!」
「―――そして貴様はただ見ていただけだった」
「ちが―――」
「ダミーシステムに切り替わる前に……碇、貴様が戦っていればあるいは使徒を倒し鈴原を助けられたかもしれぬ―――だが、貴様はそれをしなかった」
「―――」
「鈴原は死に、貴様は生き残った」
「―――」
「良いか、碇。葛城一尉が父親の命を犠牲にして生き残ったように、鈴原の命は貴様の血や肉となり貴様の命の中に取り込まれたのだ」
「―――っ」
「それでも何もなかったのように貴様は生きていけるのか?」

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:40:41 ID:???
「僕は……僕は、いったいどうすれば……」
「……この道を真っ直ぐ200メーターほど行ったところに点検作業用のハッチがある―――ケイジに直通のな。そこへ進むか否かは貴様の自由だ」
「……」
「だがな、以前に申したとおり真実から目を逸らしてはならぬ。使徒がネルフの地下に眠るアダムと接触すればサード・インパクトが起こると言われておる。今度は人類の命の全てが失われるであろう。―――そして、それを止められるのは」
「―――使徒と同じ力を持った、エヴァンゲリオンだけ」
「ふ―――。うつけもの、判っているのならさっさと行くがよい」
「……うん。その、綾波……ありがとう」
「礼など無用だ。くだらないことをしている暇があるのなら早く行け―――いや、少し待て」
「何?」
「まだ軟弱な顔をしておる。まっすぐ立て。目を瞑って歯を食いしばれ。私が気合を入れてやろう」
「い、いいよ! ほら時間が―――」
「黙れ! 直ぐに終わる」
「―――むちゃくちゃだ……」
「黙れと言っておる。……良いか? 行くぞ。特別にキツイのを見舞ってやる」
「―――」
「碇―――っ!」
「―――っ!」

※ここで目を瞑るシンジに優しく口付けだとお思いねぇ

「あ、綾波……っ!?」
「何をうろたえておるのだ、無礼者が」
「え―――あ、ごめ、そんなつもりじゃ」
「……まぁ良い。……その、今のは景気づけだ」
「……」
「碇。必ず勝って必ず帰って来い。……その時は、改めて、な」
「ええっ!?」
「う、うつけもの! 何を想像した、貴様! 私は改めて気合を入れてやると言ったのだ、ほら、何をぐずぐずしているのだ、さっさと行くがよいうつけもの!」


芝村レイ好きだ(*´Д`)'`ァ'`ァ
UV! UV! ココノ!ココノ!

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:59:11 ID:???
「この・・・うつけもの!!」で吹いたw

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 00:59:52 ID:???
マブラヴの冥夜タソかと思って(*´Д`)ハァハァしてしまつた

211 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 01:58:13 ID:???
>>208
GJ!

「この馬鹿者!!勝手に私を妄想に登場させるな!検閲させるがよい///」

も、もへ…

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 03:55:14 ID:???
芝村レイを生み出したココノ氏に敬礼

213 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 20:06:18 ID:???
ところでエヴァ再放送が決まったわけですが。
また鬱量産体制に入るわけですが。

214 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/14 20:23:47 ID:???
>>213
ソース

215 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/16 00:59:56 ID:???
芝村綾波もいいけど本編綾波ものが読みたい

216 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/17 13:40:51 ID:???
レスがつかないな…

217 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/17 13:46:19 ID:???
兄妹レイまだー?

218 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/17 15:17:06 ID:???
荒らしが来たから来なくなったんだよ。糞ムカツク。

219 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/17 16:20:32 ID:???
>>218
さぁはやく巣に帰るんだ

220 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/17 19:36:31 ID:???
でもホント続き読みたいな…暇が無いだけか嫌になったか。

221 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/18 20:01:18 ID:???
職人さん来ないかなぁ・・・。(´・ω・`)

222 :60:05/03/18 20:52:35 ID:???
>218
ひょっとして俺の所為だと言いたいのか。
いや、俺も首を長くして続きを待っているんだよ。
ただもう少し俺好みにしてくれっていってるだけさ。

223 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/18 22:08:40 ID:???
>>222
わかったからもう黙ってろ。
わざとかもしれんが、お前の発言にはいちいち人の癇に触るものがある。
だから荒らしなんだよ。

224 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/18 22:10:40 ID:???
お仕事をしている人なら、年度末で一番忙しい時期だよ。
学校に行っている人なら暇を持て余している時期だけど。

225 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 00:13:29 ID:???
>>222
お前の好みなんざどーでもいい
書くのは作者、物語の方向性を決めるのも作者
自分好みの物語読みたいなら自分で作れ


226 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 00:20:30 ID:???
>>222お前シンジより自己中心的だぞ

227 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 09:59:07 ID:???
>>222を吊るせ!

228 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:22:26 ID:???
カーテンが閉められた薄暗い部屋で、今日も誰かが殴られている気がする。
こういうことが何日続いただろう。
痛みは日に日に大きくなるばかり。
しかし、ある日、痛みは感じなくなった。
自分の中にもう一人、別の人格を作った。
犠牲のために。
私は彼女が殴られているのをただ眺めているだけだった。
あれは私じゃない。
だから、痛みは感じなかった。

家が明るくなったような気がする。
もう私の体を傷つける人はいない。
ただ目を閉じると、幼かったころの私の姿が見える。
彼女は私ではない。
ずっとこちらを見てくる。
私がこんな目にあったのは、あなたのせいよ。
とでもいっているように感じる。
彼女が近づいてくる。
私は動けない。
彼女が目の前まで来て、私の首を締め上げる。
あなたにも私の苦しみを分けてあげる。
いたい。
いたい。
お願い、もうやめて・・・・。
目の前が急に真っ暗になった。


229 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:23:11 ID:???
目を覚ますと、そこはいつもの部屋だった。
(・・・夢?)
あたりを見回すと、向こうにはシンジが静かな寝息をたてながら眠っている。
レイは自分の首を触ってみた。
すごい汗だった。
時計は4時を指したところだった。
レイは、もう一度眠ろうとはせず、そのまま部屋を出て、シャワーを浴びに行った。

ドアが閉まったのを確認して、シンジはゆっくりと起き上がった。
彼女の悪夢の叫びを、自分は何回聞いただろうかと考えていた。
一度、彼女に父親のことをきこうとしたが、
彼女は覚えていないといっていた。
本当にそうだろうか。
彼女は何かを隠している。
そして自分で問題を抱え込んでしまっている。
シンジは何もできない自分にいらだっていた。
部屋に近づく足音がする。
シンジは布団をかぶって横になった。


230 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:23:56 ID:???
シンジは学校の帰りも、一人でレイのことを考えていた。
しかし、いい考えは何一つ思い浮かばない。
母さんに聞いてみようかとも思った。
しかしレイは、母さんにだけは迷惑をかけたくないといっていた。
そんな彼女の気持ちを台無しにするのもよくないだろう・・・。
シンジは家のマンションのすぐ近くまでやってきた。
するとマンションの目の前でずっと上を見つめている初老の男の人が目に入った。
(・・・変な人だな・・・。)
シンジは彼を無視して、さっさとマンションに入ろうとした。
「君。」
シンジは後ろから呼びかけられた。
こうなったらもう相手をするしかない。
「はい、なんですか?」
その男はゆっくりとシンジに近づき、シンジの顔をまじまじと見つめた。
「あの・・・なんですか?」
「あ、いやすまない。私の知り合いに良くにていたものだから・・・。」
「はぁ、そうですか・・・。」
「ところで・・・ここに綾波さんという人が住んでいると思うんだが・・・知らないかね?」
(綾波・・・?)


231 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:24:41 ID:???
シンジは不審に思ったが、正直に答えた。
「綾波レイなら、僕の義理の妹ですけど。」
するとその男性は驚いたような表情をした。
「ほ、ほんとか。すると君は碇シンジ君だね?」
「はい、そうです・・・。」
「やはり、私の思ったとおりだ・・・。」
そういって男は少し微笑んだ。
「あの・・・。」
「ん?何だね?」
「その・・・綾波のことを・・・何か知っているんですか?」
「ああ、そのことを君に話しておきたかった。まあここで話をするのもなんだ。
すぐ近くにうまい飯を食わせる店があるから、そこで話をしよう。
ついてきなさい。」


232 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:25:27 ID:???
シンジたちの入った店は、昼飯時を過ぎたにもかかわらず、多少にぎわっていた。
「どうした?シンジ君。何か好きなものを頼んでもいいんだよ。」
「あの・・・綾波のことを知っているみたいなんですけど・・・あなたはいったい・・・。」
「ああ、自己紹介がまだだったね。私はこういうものだ。」
といって男は名紙を一枚シンジに渡した。
「・・・自動養護施設所長・・・冬月コウゾウ・・・・。」
「ああ、そのとうりだよ。」
冬月は少し微笑んだ。
「でも・・・なんで綾波のことを・・・。」
「彼女はね・・・小さいとき、短い期間だったがそこにいたんだよ。」
「そうなんですか?」
「レイ君から何も聞いていないのかね?」
「彼女は昔のことは覚えていないというんです・・・。」
「そうか、彼女は君に心配をかけまいとして・・・。」
「けど、綾波は普段はそういうそぶりをみせませんけど、時々悪夢にうなされているみたいなんです。」
「何?それは本当か?」
「はい。」
「そうか・・・。それは初耳だな・・・。」
「だから・・・僕はそのことで彼女の力になりたい・・・でも・・・。」
シンジは言葉に詰まってしまった。
そのシンジの表情を見て、冬月はゆっくり口を開いた。


233 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:26:11 ID:???
「きみも彼女の兄だ。だから彼女の過去を知る権利がある・・・。」
そういって冬月は話を始めた。
「彼女は小さいころ、実の父親に虐待されたことがあってね・・・。」
シンジは息を呑んだ。
「母親がそのことに気づいたのはずいぶん後でね。
仕事柄しかたがないといえばそれまでなんだが、
彼女はずいぶん自分を責めたみたいだよ・・・。」
(母さんは看護婦だからな・・・。)
とシンジは思った。
「私のところに連れてこられたころには、体中いたるところに傷があった。
そんな彼女の顔は死んだように無表情でね・・・。
それが体の傷よりも彼女の気持ちを表しているようにも感じた・・・。
私が彼女に触れようとすると、彼女は震えだすんだよ。
父の姿と私がかぶるようなんだ・・・。
それは私だけじゃなく、すべての男性職員も同じでね。
彼女の世話はすべて女性職員が行った。」
そこまで言って冬月は目の前のお茶を一口飲んだ。
「そして、半年ぐらいしてからかな。
綾波ユイ君・・・いや、今は碇ユイかな・・・
彼女がレイ君を引き取りたいって言ったんだ。
そして親権を父親の元から離して、彼女に渡ったんだ。
私が知ってるのはここまでだよ。」


234 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:26:56 ID:???
「そうですか・・・。」
シンジは自分の過ごしてきた日々と、綾波の過ごしてきた日々との落差を改めて感じた。
「あの・・・それで今、彼女の父親は・・・・。」
「ふむ、そのことなんだが・・・。」
シンジは冬月の目を見た。
「レイ君の父親は自分の行為をひどく反省しているみたいでね、私にちょくちょく相談に来ていたんだよ。
自分は父親失格だ。もう彼女に近づく権利はない。だが、この償いは一生かかってもするつもりだ、
といっていたね。」
「それで・・・いまはどうしてるんです?」
「彼はそれから猛勉強してね、国立大学の医学部に入り、そこを無事卒業して小児科医になったよ。
子供を一人でも多く救うことが、今できる唯一のことだ、といっていたね。
もう彼は立派に更正したよ・・・。」
「そうですか・・・。」
「そこでなんだが・・・。」
冬月は自分のポケットをごそごそとまさぐった。
「これなんだが・・・。」
「これは・・・?」
見ると、だいぶ汚れて痛んでいるが、なにかお守りのようなものだった。
「これはレイ君が幼稚園のときに作った父親のためのお守りだそうだ。
彼は今までこれを支えにして頑張っていたんだが、
もう自分には必要ないから、彼女に返すのが一番いいといって私に預けていたんだ。
私が今日ここにきたのはそのためだよ。
これは君に預けておこう。きみから彼女に渡してくれ。」


235 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:27:57 ID:???
店を出た後、冬月はシンジの後姿をじっと見つめていた。
「・・・彼がシンジ君か・・・。やはりユイ君の面影があるな・・・。」

シンジは部屋でレイにその話をした。
「そう・・・。」
彼女はあまり反応を示さなかった。
「それで綾波、このお守りなんだけど。」
「それは・・・。」
「うん、もう必要ないから綾波に返すって。はい。」
レイは手に持ったそのお守りをみて、少し微笑んだ。
その目は心なしか潤んでいるようにも見えた。
「・・・私にもこれは必要ないわ・・・。碇君が持ってて。」
「え?でも・・・。」
「・・・いいの。私もそのほうが・・・。」
「そ、そっか。・・・ありがとう綾波・・・。」
シンジがそういうと、レイはなぜか顔を赤らめてうつむいてしまった。
「・・・その・・・勘違いしないで・・・これは・・・。」
「わ、わかってるよ。」
シンジもなぜか恥ずかしくなった。
それと同時に、初めてレイからもらったものを、シンジはずっと大事にしようと心に決めた。


236 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:28:41 ID:???
暗闇の中、今日も幼い自分がこちらを見つめている。
私がこんな目にあったのはあなたのせいよ・・・
レイはそこから逃げ出そうとしたが、思いとどまった。
彼女の姿を見ると、体中いたるところに生々しい傷跡がはっきりと目に見えた。
レイは自分から彼女に近づいた。
目の前まで来ると、レイはかがんで彼女の目をじっとみつめた。
そして両手で抱きしめた。
「・・・ごめんね・・・今まで・・・。」
レイの目から涙があふれていた。
「あなたも今までさびしかったのね・・・。」
レイはさらに力強く彼女を抱きしめた。
「もう心配要らない・・・あなたは一人じゃないわ・・・。」
そこまで言うと、幼いレイは一言、
「ありがとう。」
といって姿を消した。
もう二度と、彼女が夢に現れることはなかった。

おわり

237 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:35:30 ID:???
オッチュ
グッジョブ

238 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 10:37:23 ID:???
短編でやるにはちょっと無理があるかな、と。
短過ぎて感情移入し辛いね。

ともあれ乙。

239 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 12:46:12 ID:???
待ってたよ職人さん!おかえり!!それにしても…
「やはりユイ君の面影があるな・・・。」て台詞超気になるんですけど

240 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 14:22:39 ID:???
キテタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!
乙ッス!

241 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 15:16:32 ID:???
もしかしてゲンドウとユイの再婚って元鞘?

242 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 15:21:19 ID:???
それはない

243 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 15:26:17 ID:???
いや、あるだろ。でなきゃ面影があるなんて言わない。

244 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 19:24:08 ID:???
てことはやぱし近親?

245 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/19 20:11:40 ID:???
とりあえず過去をちょいばらしてシリアスモードにしたところで
次回か次々回あたりに甘々な展開で俺たちをハァハァさせる気だな!
その手に乗るか!その手に…(*´д`*)

246 :222:05/03/20 00:14:19 ID:???
むむ?

247 :207 ◆kCRDJunLxs :05/03/20 05:16:28 ID:???
 キャスターから放り出された女の子に駆け寄って、上体を抱き起こす。
 ――なんて細いんだろう。
「く、ぅ……」
 驚きながら、大丈夫、と声をかけるけれど、女の子は歯をぎりぎりと噛み締めて、苦痛を耐えている。
 苦悶の表情。こんなので、あんなロボットに乗るなんて絶対無理だ。
 見れば、僕の掌には女の子のものだろう真っ赤な血が付いていた。
(逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ……)
 心の中で何度も呪文のように唱える。
 ……だけどダメだ。どうしても最後の決心がいかない。
 ミサトさんやリツコさんが何か言っているみたいだけれど、頭に入ってこない。
 僕は情けなかった。自分のあまりの意気地の無さに泣きそうだった。
(ちくしょう……)
 僕が乗らなきゃこの子が乗ることになるんだ。逃げちゃダメだ。逃げるな、逃げるな……!
「僕が――」
「こ、な……」
「え――?」
 漸く決心がいって、僕が乗ります、そう言おうと瞬間、腕の中の女の子がなにか呟いた。
「だ、だいじょうぶ……?」
「この……」
「この、何?」
 僕がゆっくり問いかけると、女の子は噛み締めていた歯をひらく。
 すぅと息を吸い込んで、包帯に覆われていない方の眼を見開いた。
 ――凄く、鋭い目つき。……怒ってる? そう考えた瞬間、女の子が、
「この、軟弱者……っ!」
 耳が痛くなるほどの大声で、僕を怒鳴りつけた。
「え、えぇ……!?」
 突然のことにどうしていいか判らない。
 けれど手を離すわけにもいかないので、そのままの体勢を維持する。
 ぽかん、とした顔をしている僕に、女の子は再度怒声を張り上げた。

248 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 05:17:17 ID:h86D7Ad5
「貴様、それでも選ばれしサードチルドレンか……!」
「な、そんなこと言われても……」
「もういい! 貴様のようなたわけに初号機は任せられぬ! わたしが……っ、くぁ……!」
「だ、ダメだよ! じっとしていないと……!」
 今のが傷に響いたのか、女の子はまたぎりぎりと歯を噛み締めて苦悶の呻きをもらす。
 けれど眼は閉じずに、じっと僕を睨みつけている。
「離せ! これしきの傷、ど、どうということ……ぁっ、ぐ……」
 僕の腕をすり抜けて立ち上がろうとする女の子の顔には、びっしりと脂汗が浮かんでいた。
 呼吸も荒い。大丈夫なわけがない。
(……逃げちゃ、ダメだ!)
「僕が……! 僕が、乗ります!」
 気が付いたときには、僕は大声でそう叫んでいた。
 誰に向けて? 父さん? それとも女の子?
 わからない。けれど、これ以上この子が苦しむ姿は見たくなかった。それだけは確かだった。
「よく言ってくれたわ、シンジ君」
 ミサトさんが嬉しそうな、けれど何だかつらそうな顔をして近寄ってくる。
「アンタたち! 何ぼけっとしてんの! さっさとレイを運びなさい!」 
 そのミサトさんに女の子を任せて立ち上がる。
 ……掌には血がついている。生暖かい。ぬるっとしてる。
 女の子は白衣を着た人たちの手でキャスターに乗せられようとしてる。
 険しい、苦悶の表情。僕のことを睨みつけるその視線がさっきまでと同じだったけれど、
「……」
 キャスターの乗せられて顔が見えなくなるその間際。見間違いかもしれないけれど、その口元がふっと笑ったような気がした。
「シンジ君、今から簡単な説明をするから付いてきて頂戴」
 リツコさんはいうやいなや、つかつかと歩いていく。
 僕は右の掌をぎゅっと握り締めてから、遅れないように小走りで後を追った。
「私はこのまま発令所に行くわ、後宜しく」
 ミサトさんの声に、その場に居た人たちがすばやく作業を開始することで答える。
 ふと気になって上を見上げると、そこにはもう父さんの姿はなかった。
(……)
 頭を振って、僕はその場を後にした。

249 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 07:56:39 ID:???
レイの口調が、もう少しだけ軍隊調「でない」ほうがさらに萌えだと思うのは
漏れだけだろうか。
とりあえずGJGJGJ!

250 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 11:10:51 ID:???
うーむ…見事なまでに【芝村】な発言だな

251 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:05/03/20 21:05:25 ID:???

道端で、蛙を発見しました。
連れて帰って、碇君に見せたら「可愛いね」って笑ってくれました


葉っぱの裏にカタツムリを発見しました
連れて帰ったら、碇君は「可愛いね」って笑ってくれました


水路でオタマジャクシを発見しました
連れて帰ったら、碇君が「親が悲しむから戻そうね」って言ったから
二人で戻しに行きました


碇君が最近「綾波は猫みたいだね」って言うんだけど

碇君、猫は好きですか?




252 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/22(火) 01:18:51 ID:???
イイね

253 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/22(火) 02:46:33 ID:???
「綾波・・・・・」



























「結婚しよう」

254 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/22(火) 08:50:45 ID:???
 目覚まし時計は蝉の鳴声だった。
 耳朶をうつ。ジーワジーワジーワと、何がそんなに嬉しいのかよく啼いている。
 視界に広がっているのは真っ白な白亜の見たこともない天井だ。
 いや、天井どころかこの部屋自体一度も見たことない。
 ただ、なんとなく匂いや雰囲気や調度品……からここが病室だってことはわかった。
「……」
 胡乱だ。頭がぼんやりしてる。 
 こういうところにいるってことは、怪我はしたけれど使徒には―――勝ったということだろうか。
 いつのまにか気を失ったみたいで、前後どころかエヴァに乗った地上に出た後の記憶が殆どない。
 ミサトさんから歩いてみて、って言われたことや、
 あの子―――綾波さんから馬鹿とかレバーはもっと軽く握れとか言われたことは何となく覚えているのだけれど、
「……生きてるってことは、勝ったのかな……」
 使徒に頭を掴まれた後の記憶はさっぱりだった。
 声にだしてみるけれど、酷く実感が薄い。
 それくらい僕が体験したことは現実ばなれしていたってことだ。
 
 ベッドから降りる。―――うすい青色の病人服を着せられてる。
 足元にはちょうどスリッパが一足……履こうとしたところで、部屋の扉が開いた。
 白衣を着た……医者だ。看護婦さんも一人。
 目が覚めたみたいだね、気分はどう? えぇと、普通です。
 そんなやり取りをしながら、タイミング良すぎ、なんて不思議に思ってた。
 けれど直ぐに監視カメラを見つけて、疑問は解けたけれど、少し嫌な気分になった。
 ミサトさんに連れられてケイジに行くまでにも監視カメラはあったけれど、何もこんなところに―――って、
「……」
 病人には何が起こるか判らない。か。
 納得はしたけれど、気分は悪いままだった。

255 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/22(火) 08:51:21 ID:???
 聴診や触診といった簡単な診察が終わると、血液を取られたり、レントゲンを撮ったり、CTをとったり、
 何だか大袈裟というかやけに熱のこもった検査を受けた。受けさせられた。
 気分はよくないけど何処も痛いところなんて無いのに。
 ……これじゃ重病人だよ。
 検査が終わり、一番はじめの部屋に戻ってきて、心の中でそうもらして。
 重病というワードから綾波さんのことを思い出した。
 ……僕なんかよりあの子の方がずっと酷い怪我だったんだ。
「大丈夫かな……」
 気になる。
 今も手には綾波さんの血の温もりとか感触が残ってる。
「……僕のせいで酷くなっちゃったし」
 僕のせいで綾波さんはキャスターから落っこちた。傷が開いて血が溢れた。
 口調は強い……というか何だか高圧だったけれど、苦痛を我慢する表情はホンモノだった。 
 気になりだしたら止まらない。 
 ここはネルフの病院らしい。だから、綾波さんもここに入院してるはずだ。
「―――」
 お見舞いに行こう。
 怪我のことを謝って、操縦をレクチャーしてくれたことにお礼も言わなくちゃいけない。
 そう決心して部屋を出た。
 ―――どの部屋なのかもワカラナイのに。
 でも、だからといってじっとしていられなかったんだ。

256 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/22(火) 08:52:06 ID:???
 陽光が煌くリノリウムの廊下をとぼとぼと歩く。
 すれ違うお医者さんや看護婦さんに、お疲れ様、とか、ありがとう、って言われるけれど、何て答えていいか判らなくて曖昧な返事しか出来い。
 調子にのっていやあそれほどもでもないですよ、なんて言おうものなら心の中で馬鹿にされるだけだ。
 判ってるんだ。そんなことぐらい。……もっとも、そんなこと言える僕じゃないけれど。
 
 ロビーらしきところまでやって来た。
 受付の前に椅子が整然と並べられている。けれど、人は誰も居ない。
 自然、ついていたテレビに意識が向いた。

『―――まず第三新東京市爆発事故についてですが、政府の見解では―――』

 ニュース番組なのだろう。
 テレビ画面にはビル街の中心にできた大きなクレーターが映し出されている。
 キャスターは一様に険しい顔をしていて、矢継ぎ早にスタジオや首相官邸、クレーター、と画面が切り替わる。
「―――」
 違和に不可解な気分になる。 
 ……使徒やエヴァのことは一言も言わない。
「……なんで」
 だろう。
 昨日の出来ことは本当は全部夢だったのか?
 いいや、そんなはずはない。
 だって証拠に―――
「あ―――」
 ガラガラガラ。
 キャスターに乗せられた包帯だらけの綾波さんが、すぐ横を通っていったのだから。

257 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/22(火) 08:54:49 ID:???
 ありがとう。
 ごめん。
 そんな当たり前の言葉が、けれどまったくノドから出てこなかった。
「―――」
 綾波さんとはすれ違う一瞬に目が合った。
 ……何となく予感していなかった、って言えば嘘になる。
「―――」
 唇を噛む。俯いて、手を握り締める。  
 ……彼女の僕を見る目は冷ややかだった。
 ―――軟弱者!
 彼女の中での僕は、怖気づいて戦おうとしたなかった情けないヤツなんだ。
 結局戦いはしたけれど、操縦はへたくそで―――当たり前じゃないか―――途中で気を失った。
 僕はそのことに一瞬で否応なしに気が付かされて―――さっきの決心が馬鹿みたいだ。
 キャスターはそのまま看護婦さんたちの手によって運ばれ、廊下の先―――エレベーターにへと向っていく。
 メノウな気分でその光景を眺めていると、キャスターに近づいていく大きな人影が目に入った。
「……あ」
 あれは―――父さんだ。
 僕を捨てたのに、急に呼び出して、あんなのに乗せた。
 僕なんて要らないくせに、要らないくせに、臆病者だとか帰れとか勝ってなことばかり言って―――なのに、
「……」
 綾波さんのことは気になるみたいで、父さんは多分怪我は大丈夫か、とか声をかけている。
 僕のことに気が付いてちらりと一瞥したけれど、直ぐに目を逸らした。
 そのままキャスターに付き添って、一緒にエレベーターへと乗っていく。
 ジーワジーワジーワ。
 蝉が啼いていた。誰に向けて啼いているのか、判らなかった。

258 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/22(火) 19:55:18 ID:???
そして誰もいなくなった。

259 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 01:31:08 ID:???
>>254はこれからLRSになるのかな?
 
ところで兄妹モノマダー?

260 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:12:24 ID:???
行き成りラブラブじゃ面白くないかな、と思いやして

261 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/23(水) 02:13:16 ID:???
「シンジ君」
「え」
 暫くぼうっと突っ立っていると、後ろから名前を呼ばれた。
 振り向く。すると、そこにはミサトさんの姿があった。
「ひどいわねぇ、傷心の息子に声もかけないなんて」 
「……いえ」
 言って、顎に手をあてて眉を顰めているミサトさんから視線を外す。
 正直、あまり誰かと話したい気分じゃなかった。
 返事がそっけなくなてしまったのは、多分それだけが原因じゃないと思うけれど。
「迎えに来たわ。もう退院していいことになったから」
 僕のそんな気持ちを知ってか知らずか、ミサトさんは言いながら片手を挙げて笑う。
 そうですか、と返事すると「荷物は後から届けさせるから心配しなくていいわよ」と、これまた笑顔で言う。
 ……何だか温度差を感じるな。
 何となくだけどミサトさんと僕は基本的に相性が悪いような気がする。
「―――」 
 考えてもしょうがない。歩き出す。
 ミサトさんも少し離れて付いてくる。
「外傷は大したことなかったんだって? 良かったわね」
「はぁ、まぁ……」
 ミサトさんの声音は相変わらず明るい。
 だからその代わり気分は凄く悪いですけれど、なんて言えるはずもない。
「それでね、貴方の家なんだけれど―――」
 ミサトさんはそこで言葉を区切った。
 不思議に思って振り返ると、ミサトさんはなにかを躊躇しているような顔をしている。
「……? 僕の家がどうかしたんですか?」 
「んー……実はね、職員用の宿舎に空きが無くて、
 だからってパイロットを一般の住宅に住まわせるなんてセキュリティ諸々の関係で言語道断なわけ。 
 一応司令―――お父さんに窺いはしてみたんだけど、多忙で一緒に住むのは無理って言うし……」
「―――」
 父さんと一緒に住む―――絶句した。同時無理という言葉を聞いて安堵した。
 というか、もし可能でも絶対に嫌だ。

262 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/23(水) 02:14:14 ID:???
「―――そういうわけで、その、シンジ君には悪いんだけど、相室ってことに決まったの」
「え―――?」
 誰かと相室―――?
「……シンジ君? その、ゴメンナサイね。こっちの都合で勝手に決めちゃって」
「い、いえ……別に」
 何が別になんだ。そんなの嫌だ。
 そりゃぁ父さんと一緒に住むよりはマシだろうし、何かと筋が通った理由はあるのだろう。
 でもだからと言って本人の意思も確かめずに決めるのは、何か違うと思う。
 なのに、申し訳なさそうな顔で、両手を合わせて謝罪をするミサトさんを見ると、それが言えない。
 口の中に鉛を流し込まれたみたいに、言葉は重く元来た道を沈んでいく。
(……相室か、どんな人が相手なんだろうな……)
 って、
「あの、ミサトさん」
「なぁーに? ……って、ふふ、わぁーってるわよ。相室の相手よね? それなら安心して。優秀だし、シンジ君も一応知ってる人だから」
「はぁ」
「誰だと思う〜?」
 言って、ミサトさんはにこにこと笑う。
 少し子供っぽい。いたずらっ子。そんな言葉が頭に浮かんだ。
「えぇと……」
 誰だろう。
 僕が知っている人……ミサトさん、リツコさん、綾波さん、冬月さん、それにオペレーターの人……
「……」
 冬月さんは副指令だし、ミサトさんとリツコさんと綾波さんとオペレーターの……確かマヤさんは女の人だから違う。
 だとすれば、日向さんかあのロンゲの人かな……。でも、二人とも凄く忙しそうだし……
「降参?」
 僕が考え込んでいると、ミサトさんが聞いてきた。
 別に降参とかそんな話でも無いと思ったけど、ここは素直に「降参です」と言った。

263 :207 ◆kCRDJunLxs :2005/03/23(水) 02:22:42 ID:???

「ふふー。それでは発表します。
 碇シンジ君、貴方が一緒に暮らす相手は―――

 
 突然ですが選択肢です。
 シンジ君が一緒に暮らす相手を決めてください。

 A 金髪に黒眉毛。趣味はパンクロックだ赤木リツコ!
 B 同じパイロットの芝村THE綾波レイ!
 C かつらぎみさと
 D みんなのアイドル伊吹ニ尉

 Aだと変則LRSに
 Bだとスパルタルートに 私がじきじきに根性を叩きなおしてやる!
 Cは本編をなぞりながらマターリ
 Dだと困ります

 三票入ったヤツで続けたいと思います。
 決してネタに詰まっているわけではないのです。

264 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:29:33 ID:IGg3JNw5
直球B!!




冬月と同居ってのも捨てがたいな〜あんましないシチュだけに
でも、スレタイ道理Bでひとつ

265 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:31:09 ID:???
ageちまったorz

ス、スマソ吊って来る

作者さんお疲れ様ですた

266 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:33:00 ID:???
今後の事を考えて…C!

267 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:47:12 ID:???
>>263
てゆーかネタ有るんなら全部書けやごらあ!!


すんませんでもお願いします。
強いて言えばA

268 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:48:22 ID:???
ところで柴村って如何言う意味?


D

269 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 02:59:53 ID:???
困るところがみたいのでD

270 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 03:24:34 ID:???
芝村って『うつけもの!』とか言っちゃう奴?そんなの嫌だ…
 
マターリLRSにしてほしいからC

271 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 03:36:49 ID:???
ここでB!たわけ!たわけ!

272 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 03:46:34 ID:???
UV! UV! ココノ!ココノ!

というわけでB

273 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 03:59:38 ID:???
全部のパターン書いてほしいなぁ… と作者泣かせのことを言ってみるテス(ry

意外な所(っていうか読んでみたい)でD!

274 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 04:18:18 ID:???
素直にB。
(`・ω・´)


275 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 04:19:38 ID:???
ビービー言いやがってBが優勢じゃないか。





俺もB―-―-出撃―-―-

276 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 06:10:45 ID:???
マテ。三票って書いてあるが、既にオーバーしてねーか?

277 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 07:35:19 ID:???
d

278 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 11:56:14 ID:???
最初に三票入ったのはBみたいやね。



「B……俗語で愛撫のこと。恋人達がすること。」
「く、詳しいんだね。」

「あの時のダーリンの手、少し気持ち悪かった……かな。」
「!」

279 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 17:13:39 ID:???
しかし芝村大人気だな

280 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 17:46:18 ID:???
芝村じゃなくて綾波がいいんだよ。
あ や な み

281 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 18:02:04 ID:???
あやなみって名前なら犬でも良いのかよ!
いや、犬でもいいんだけどさ

282 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 18:35:57 ID:???
よくない!芝村な綾波なんて綾波じゃないよ。


283 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/23(水) 21:56:18 ID:???
せんせーいふたりがあやなみさんのこといじめてます

284 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 12:01:05 ID:???
「ねーねー、ファースト。シンジ見なかった?」
「碇君?」
「そー、あいつまた家出しちゃってさ。いい加減ミサトが甘やかしすぎるのがいけないのよ」
「そう」
「以外にあっさりしてんのね、あんたも。ところでその本何? 『犬の……サシミ』?」
「躾よ」
「アンタ犬なんて飼ってたっけ?」
「昨日、仔犬を拾ったの」

285 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 12:20:55 ID:???
(;´Д`)ハァハァ既に萌え死にそうなんですが…、
続きマダァ-?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

286 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 12:50:07 ID:???
サシミワロタ

287 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 13:13:25 ID:???
そのネタで続きを書いてみようと思ったが、
どうしてもLASになってしまうのでやめた

288 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 21:45:34 ID:???
「はい、ご飯よ碇くん」
「あ、あの綾波、僕そろそろ帰らないと…」
「残してはダメ」
「あの、だからね…」
「トイレはそこよ、ちゃんと覚えておいて。そして寝床は…そこ」
「え?そこって綾波のベッ…」

酔ってるから続き考えられん…orz
任せるぜ、同志よ↓

289 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 22:56:05 ID:???
「お手。」
「……」
「おかわり。」
「……」
「いい仔ね。」

綾波さんにかいぐりかいぐりされるシンジ君。




「ち○ち○。」
「無茶苦茶言わないでよっ! ……あ。」
「……犬は喋らないって教えたでしょ。」
「いや今のは……あ。」
「めーでしょ碇君?」
「やめて綾波やめて止めてやめqぁwせdftgyふじこlp;@」

290 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/24(木) 23:22:46 ID:???
アアアーン(´Д`)
生殺しなんて酷いよ、綾波!!
(;´Д`)ハァハァそんな殺生なぁ

291 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/25(金) 01:20:43 ID:???
>>289
お前どうやって俺の頭の中のぞいたんだ!クソッ!

292 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/25(金) 08:29:22 ID:???
>>291
fushianasan

293 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/25(金) 14:58:40 ID:???
>>289
>めーでしょ碇君?

こんなこと言っちゃう綾波に(;´Д`)ハァハァ

294 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/26(土) 06:34:03 ID:???
犬シンジx犬レイで解決

295 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/26(土) 11:16:43 ID:???
「わ、わん?」
「…わん」
「わわわ、わぅーん、わんわん?」
「…わん」
「うわああああん!」
「…わん、わんわん」
「くぅーん…」
「…わん…(ポッ)」

誰か訳して

296 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/26(土) 16:22:50 ID:???
(;´Д`)ハァハァハァ
犬シと犬レがペアで飼われてる想像」うわhdrんfl

297 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/27(日) 17:12:19 ID:???
>>296
火の鳥太陽編の最後のシーンが思い浮かんだ


298 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/29(火) 03:55:22 ID:???
そして誰もいなくなった。

299 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/29(火) 22:11:03 ID:???
僕は待っている。兄妹モノの続きを。
`∧_∧
(´・ω・)
( つ旦O
と_)_)
アシガシビレテキタヨ

300 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/29(火) 22:39:55 ID:???
300ゲット!?

301 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/30(水) 08:13:03 ID:???
>297
おれはむしろバイオレンスジャックの人犬を(笑)

302 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/03/31(木) 01:33:33 ID:???
兄妹ものまだかなぁ…

303 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:時に、西暦2015-10年,2005/04/02(土) 18:12:55 ID:???
俺も兄妹もの待ち。

304 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:時に、西暦2015-10年,2005/04/02(土) 20:21:38 ID:???
兄弟ものお願いしますorz

305 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:時に、西暦2015-10年,2005/04/02(土) 20:22:56 ID:???
続き書きたい香具師が勝手に書けばいいんじゃない?
かつてのNTRスレみたいに

306 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/02(土) 22:26:41 ID:???
作者さんがやめちゃったのか、忙しいだけか
それが問題だ。

307 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/03(日) 01:16:58 ID:???
ゆっくり待ち。だけど他の人も投下ヨロ。

308 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/05(火) 23:00:13 ID:???
投下コネー…
俺に文才があれば書くんだがな〜

309 :sage:2005/04/09(土) 14:25:49 ID:WllTYKzc
お久しぶりです。兄妹ものの作者です。
最近、大阪から埼玉に引っ越したため、なかなか投下できませんでした。
もうここの生活も落ち着いてきたので、これからちょくちょく続き書いていきます。
・・・偽者じゃありませんよ。

310 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 14:26:33 ID:???
あ、久しぶりだからあげてしまった・・・。

311 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 14:47:01 ID:???
ヨカッタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
待ってますよ!

312 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 18:35:22 ID:???
ヤッター!!お帰りなさい!待ってました!戻ってきてくれて嬉しいっす!!
続き楽しみにしてます!!

313 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 18:41:06 ID:???
自演?プ

314 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 18:45:22 ID:???
自演じゃないよ。LAS人さん。

315 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/09(土) 19:55:07 ID:???
やっと兄妹モノが戻ってきてくれた・・・つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

316 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/10(日) 11:30:36 ID:???
お帰り。もうどこにも行くんじゃないぞ。

317 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/10(日) 19:28:56 ID:???
職人キテタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 早く続きを投下するのだ!!

318 : ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 22:59:11 ID:???
テスト

319 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:01:01 ID:???
夕日はもう沈もうとしていた。
学校の門から続く長い坂道、シンジたちの足取りは重かった。
「期末テスト一週間前」
この言葉を聞いたときは、まだまだ時間があると感じていたが、
月日はあっという間に流れて、明日がテスト当日となった。
「シンジ、どうする?もう明日テストだぜ。」
ケンスケがため息混じりに言った。
「どうするも何も・・・どうにでもなれって感じかな。」
「なんやシンジ。いつものおまえらしくないやないか。」
トウジがシンジの肩をたたいて言った。
「そんな事言われても・・・最近勉強があんまりはかどらなくて・・・。」
「どないしたんや?シンジ。いつものシンジらしくないやないか。何かあったんか?」
シンジはその言葉を聞いて、初めて原因はなんだろうかと考えた。
しかし心当たりは無かった。
「別に何もないけど・・・。」
それしか答えようがなかった。
そのとき、ケンスケのメガネがキラリと光った。
「・・・ひょっとして・・・綾波となにか関係あるんじゃないか?」
シンジはドキリとした。
理由は自分でもよくわからなかった。


320 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:01:45 ID:???
「何?ホンマか?どういうことやシンジ!?」
「あ、綾波は関係ないよ!・・・関係ない・・・。」
とっさにそう答えたが、何かが心に引っかかる感じがした。
ケンスケはシンジの前に回り込み、彼の目をじっと見た後、ふぅっとため息をついた。
「まあいいさ。それより、明日をどうするか考えよう。」
いつもはしつこく食い下がるケンスケが、あっさりと話題を変えた。
「そうやな・・・じゃあいつもどおりシンジの家で勉強会を・・・。」
「それはまずいよトウジ。」
「え?なんでや?」
「何でってそりゃあ・・・なあ、シンジ。」
「う、うん。」
(ケンスケって綾波が男性恐怖症なのを知ってたかな?)
「なんやなんや、二人して。理由を説明せんかい!理由を・・・いてっ!何すんねんケンスケ!」
ケンスケはトウジの耳を引っ張った。
「じゃあ、おれ達はこっちだから。じゃあなシンジ。」
「うん。じゃあね。」
シンジは二人に手を振ってから家路に急いだ。


321 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:02:31 ID:???
シンジの姿が見えなくなってから、ケンスケはやっとトウジから手を離した。
トウジはかすかなうめき声を発したあと、涙目でケンスケをにらみつけた。
「いってー。いったい何のつもりや!?」
「ったく、おまえはホント鈍感だよなぁ。シンジといい勝負だよ。」
「ん?どういう意味や?」
「文字通りの意味だよ。じゃ、帰ろうぜ。」
トウジはケンスケの言葉に釈然としないまま、しぶしぶと彼の後に続いた。

シンジはドアノブに手をかけた。
鍵はかかっていなかった。
「ただいまー。」
そういいながらドアを開けると、そこには真っ暗な空間が広がっていた。
(あれ?誰もいないのか?)
シンジは不審に思った。
かすかな不安が頭をよぎった。
(そういえば父さんと母さんは今日も泊り込みだっていってたな・・・)
シンジは、怖いぐらい静かな家の中におそろおそる入っていた。
玄関にもリビングにも誰もいなかった。
物音一つしない・・・。
そして自室の部屋のドアをそっと空けた。
すると、青白い女性の顔が目の前に飛び込んできた。


322 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:03:16 ID:???
「うわぁ!」
シンジはびっくりして後ろにしりもちをついてしまった。
「・・・何のつもり?」
聞きなれた声に、シンジは我に返った。
「え?・・・あ、綾波か・・・。なんだ、脅かさないでよ。」
「・・・そんなつもりはないわ。・・・あなたが勝手に転んだだけ・・・。」
レイは鋭い視線で彼を見た。
「そ、そうだよね・・・。あはは・・・。」
シンジは居心地が悪くなって、必死に何か違う話題を探した。
「そ、それより、鍵が開けっ放しだったじゃないか。危ないよ、ちゃんと鍵をかけないと・・・。」
シンジはそのままの格好で話した。
「そう・・・。」
レイはそういうと、そのまま玄関の方へ向かった。
「・・・相変わらず・・・冷たいな・・・。」
シンジはゆっくりと立ち上がり、自分の部屋へ向かった。
そこも薄暗く、彼女の机の明かりしかついていなかった。
シンジは部屋の明かりをつけて、カバンを机の上におき、ベッドに腰掛けた。
彼女の机の上には、勉強道具が散らかっている。
シンジはそれをじっと見つめた。
「僕も勉強しよう・・・。」
そういってカバンから勉強道具を取り出した。


323 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:04:00 ID:???
シンジはまず数学の問題集に手を出した。
しかし、まったくはかどらず、すぐにそれを閉じて、机に倒れこんだ。
(はぁー、こんなはずじゃないんだけどな・・・。)
そのとき、部屋のドアが開き、レイが入ってきた。
彼女はまっすぐ自分の机に向かった。
シンジは顔を横に向けてレイの方を見つめた。
同じ数学の問題集に取り掛かっているみたいだった。
シンジはしばらく彼女を見ていたが。
その間、レイが手にしているペンは、少しも休まず動き続けていた。
シンジが感心して見ていると、彼女の動きがピタリと止まった。
「・・・何?」
シンジのほうを見ずに言った。
「えっ、その・・・綾波はすごいなーって思ってさ。」
「・・・どうして?」
「どうしてって、ほら、家に帰ってからずっと勉強してるだろ?
よくそんなに集中できるなーって思ってさ。」
「そう・・・。」
「うん・・・。」
しばらく沈黙が続いた。
(なぜか綾波との会話はすぐに終わっちゃうんだよなぁ・・・。)


324 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:04:46 ID:???
「・・・私には」
かすかにレイが口を開いた。
「え?」
シンジは彼女のほうを見た。
「・・・私には・・・これぐらいしか取柄がないから・・・。」
彼女の横顔はなぜか悲しそうだった。
シンジは急に胸が締め付けられるような思いがした。
「・・・・そんなことない・・・。」
自然にその言葉が出た。
「何?」
今度はレイが聞きなおした。
「・・・・そんなことない。」
「え?」
レイもシンジの方を見て、二人は顔を見合わせる形になった。


325 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:05:31 ID:???
「綾波には・・・綾波にはもっとたくさんいいところがあるよ・・・。」
シンジの確信を含んだ声に、レイは驚いた表情で彼を見た。
シンジも彼女を見つめた。
またしばらく沈黙が続いたが、二人は同時に我に返って、ともに顔を赤くして、目線をそらした。
「・・・何を・・・言うのよ・・・。」
「ご・・・ごめん・・・。」
またしばらく、沈黙が続いた。
重苦しいその雰囲気にシンジは耐え切れなくなった。
「あっ、あの、僕、シャワー浴びてくるから。」
そういってシンジは着替えを取り出し、急いで部屋から抜け出した。
いつのまにかシンジの胸はドキドキしていた。
(少し頭を冷やそう・・・。)
シンジは浴室に向かって歩き出した。


326 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:06:16 ID:???
コンコン
シャワーを浴び終わったシンジは部屋のドアをノックした。
「綾波、入るよ。」
いつも通り返事はなかったが、かまわずドアを開けた。
レイはまだ机に向かって勉強しているようだった。
「あの・・・綾波、ココア入れたんだけど・・・飲む?」
返事はない。
「・・・綾波?」
シンジはゆっくりと彼女に近づいた。
後ろから顔を覗き込むと、彼女はノートを開いたまま、机にうつ伏して静かな寝息を立てていた。
「・・・寝ちゃったのか・・・。」
シンジはココアを机の邪魔にならないところに置いた。
目線を横に移すと、すぐそばにレイの横顔があった。
恐ろしく綺麗で、美しい顔だった。
シンジはその顔に吸い寄せられるように自分も顔を近づけた。
彼女の寝息がシンジの唇にかかった。
「・・・んっ。」
彼女のあげた声に驚いてシンジは顔を離した。
そして今、自分のやろうとしていたことを思い返した。
心臓の鼓動が早くなり、体温が上がるのを感じた。
そして何よりも、今まで彼女に対して持ってなかった感情が、自分の中から目覚めたことを感じた。


327 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:07:00 ID:???
シンジはレイからゆっくりと離れた。
洗面所に駆け込み、冷たい水で顔を思いっきり何度も洗った。
顔を上げて鏡に映る自分の姿を見た。
「・・・何を考えているんだ僕は・・・。」
シンジは自分自身に言い聞かせた。

部屋に戻り、シンジはもう一度レイの顔を見た。
シンジは胸の高鳴りを抑えるためにゆっくり深呼吸した。
しばらくして、落ち着きを取り戻したシンジは、寝ている彼女にそっと毛布をかぶせて、
自分の机にもどり再び勉強をはじめた。


328 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:07:45 ID:???
「・・・んっ。」
その声に、シンジはびくっとした。
隣を見ると、彼女は目をこすりながらゆっくり起き上がっていた。
「あ、綾波。起こしちゃったかな?」
シンジは必死で平静を装いながら話した。
「・・・今何時?」
「今は・・・えっと、夜の11時を回ったところだよ。」
「そう・・・。」
「きっと勉強のし過ぎで疲れてるんだよ。もう寝ちゃったほうがいいと思うよ。」
シンジは彼女のほうを見ないで言った。
「・・・碇君は・・・まだ寝ないの?」
彼女に話し掛けられただけで、体温が上がっていくのを感じた。
「う、うん。ちょっと引っかかる問題が2〜3あるから・・・それが終わってから寝るよ。」
「そう・・・。」
レイがイスから立ち上がる音がした。
そしてベッドには向かわず、シンジのほうへゆっくりと近づいていった。
シンジはいよいよ自分の感情を抑えられそうになかった。
「どの問題?」
ふわりとレイがシンジの肩越しに顔を近づけてきた。
細い、つややかな髪がシンジの肌に触れた。
と同時に心地よい香りが彼を包んだ。


329 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:08:31 ID:???
シンジは彼女を抱きしめようとする感情を必死で押さえつけて言った。
「こ、この問題なんだけど・・・。」
「・・・この問題は・・・。」
そういって彼女はさらにシンジに近づいた。
シンジは我を忘れそうになった。
こぶしをギュッと握り締めた。
頭がくらくらする。
「・・・碇君。」
レイの声でシンジは正気を取り戻した。
「え?なに?」
「・・・わかった?」
彼女はその大きくすんだ目でシンジを見つめた。
シンジはゴクリとのどを鳴らした。
「う・・・・うん。わかったよ。ありがとう。」
「そう・・・よかった。」
そう言って彼女はにっこり微笑んだ。
その笑顔は今まで彼が見たどんなものよりも美しかった。


330 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:09:15 ID:???
「・・・まだ、わからないの・・・ある?」
「え・・・あ・・・も、もう大丈夫だよ・・・ありがとう。」
「そう・・・。」
そう言うと彼女は自分のベットにもぐりこみ、またすぐ眠ってしまった。
シンジは彼女が寝たのを確かめると、ほっとしたように大きく息をはいた。
ただ、もう勉強できるような集中力は残っていなかった。
しばらくしてから、シンジは彼女のあとを追うように眠りに落ちた。

翌朝、シンジはゆっくりと目を覚ました。
昨日の夜のことはまだはっきりと覚えている。
目を横にやると、まだ彼女は眠っていた。
シンジはベットから起き上がりゆっくりとレイに近づいた。
彼女はまだそのかわいらしい寝顔を見せている。
シンジはゆっくり顔を近づけた。
だが昨日のような感情はもう湧いてこなかった。
シンジはほっとして再び自分のベットに戻り、目を閉じた。


331 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:10:01 ID:???
「・・・君。・・・碇君。」
シンジはゆっくりと目を開いた。
そこにはすでに制服を着ているレイの姿があった。
「んっ・・・・。ああ、綾波、おはよう。」
「八時五分・・・。」
「・・・え?」
「今の時刻・・・八時五分・・・。」
「そう・・・・・。」
シンジは頭を整理した。
そして彼女の言葉の意味を理解した。
「え!?八時五分!?」
「・・・碇君、急いで。」
「わ、わかった!」
シンジは急いで制服をとって、その場で着替え始めた。
「・・・碇君・・・。」
レイは少し顔を赤らめてうつむいてしまった。
「え・・・?あ・・・あ!ご、ごめん!」
彼女は赤い顔のまま、部屋を出てってしまった。
そしてそのまま玄関をあけて、学校に向かったようだった。
シンジはすこし恥ずかしかったが、時間は刻一刻と過ぎていく。


332 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:10:45 ID:???
急いで着替えて、カバンを取り、最低限の朝食を食べて。
玄関を行きおいよく出て行った。
ドン!
何かにぶつかってしまった。
「いってー。」
シンジは頭を抱えながら前を見た。
レイがしりもちをついて倒れていた。
「あ、綾波・・・?」
(待っててくれたのかな・・・。)
レイも頭を抱えながらシンジのほうを見た。
そして再び顔を赤らめて自分のスカートを押さえつけた。
「・・・見たのね・・・。」
「え?」
シンジが言葉の意味を理解するのに少し時間がかかった。
「え!み、見てない!見てないよ!ぜんぜん見えなかった!」
「・・・ホント・・・?」
顔を赤らめたまま綾波が言った。
「ほ、ホントだってば!」
「そう・・・。」
「うん・・・。」
そういって二人は黙り込んでしまった。


333 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:11:31 ID:???
「碇君・・・。」
レイが先に口を開いた。
「な、何?」
「・・・急いで。」
「え?・・・・あ!ご、ごめん!」
シンジは立ち上がってカバンを取った。
「綾波も!早く!」
しかし、レイはまだ立ち上がろうとしていなかった。
「綾波?どうしたの?」
「・・・なんでもない・・・。碇君、先に行って・・・。」
「え?」
「・・・いいの・・・後からすぐに行くから・・・。」
「何言ってんだよ。急がないと、遅刻しちゃうよ!」
「いいから・・・碇君は先に・・・うっ。」
彼女の顔が苦痛にゆがんだ。
「綾波・・・もしかして・・・。」
そういってシンジは彼女の足首に手を伸ばした。
「碇君・・・何を・・・。」
「いいから、じっとしてて。」
そしてシンジの手がレイの足首に触れた。
「いたっ・・・。」


334 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:12:17 ID:???
「やっぱり・・・綾波、足をくじいたんだね。」
彼女はこくりとうなずいた。
「だから、碇君が先に・・・。」
シンジは立ち上がって彼女に背中を向けた。
そしてレイのそばで背中を向けたまましゃがんだ。
「綾波、僕の背中に乗って。」
「え?」
「僕の背中に乗って。」
「その・・・でも・・・。」
「いいから!はやく!」
「・・・うん。」
そう言うと彼女はシンジの背中に乗った。
「しっかりつかまっててよ!」
レイは顔を真っ赤にしながらもぎゅうっとシンジの背中をを抱いて、
しっかりうなずいた。
「じゃあ、行くよ!」
シンジは彼女の返事を確認すると、学校に向かって一目散に走り出した。
今日の空は、雲ひとつ無い青空が広がっていた。
初めて二人一緒に登校する日を祝うように・・・。

おわり

335 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/10(日) 23:14:28 ID:???
どーも、お久しぶりです。
久しぶりなので長めにしました。
後ついでに質問なんですが、
もし新しいFF作品を投下するならどこのサイトがいいですかね?
皆さんのオススメサイトを教えてください。

336 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/10(日) 23:31:33 ID:???
ちくしょう、たまらねぇじゃねぇか!!
GJだ、この野郎!!

337 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:05:00 ID:???
もう素晴らしく最高。俺の鼻血が止まらないくらいだ。

338 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:18:54 ID:???
待ってた甲斐があったよ。GJ!!

質問の投稿OKサイトだが、有名な所なら「烏賊した怪作のホウム」とか「みゃあのお家」とか。
最近新設された「Children’s  Children」もいいかも。

339 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:19:11 ID:???
よっしゃー!投下来たー!!徐々にLRSらしい展開になってきたなw

340 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:22:49 ID:???
>338
は?

341 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:42:13 ID:???
だが昨日のような感情はもう湧いてこなかった。って・・・
シンちゃん昨日の今日で冷静になるの早すぎだー!


342 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 00:54:13 ID:???
>>338
え?

343 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 01:40:38 ID:???
>>338
何から突っ込めばいいの?
とりあえずバットでも突っ込んどく?

344 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 02:17:25 ID:???
キテタ!!GJ!!

345 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 03:34:19 ID:???
>>338
まあ、たしかLAS限定とは明記されてなかったけどね。

346 :338:2005/04/11(月) 08:41:02 ID:???
スマソ、LRSサイトってことを考慮しなかった。そんな漏れはLRSもLASもオールオッケーの節操なしです。
それじゃあ今は投稿OKの大手のLRSサイトってどこがあるかな?

347 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 13:35:51 ID:???
大手でLRS系で投稿できて活動中となると、

……綾波展、かな?

348 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 17:20:17 ID:???
綾波展、こもれび・・
2つしか思いつかないなぁ。

349 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 19:27:42 ID:???
LRS系なら綾波レイの幸せもあるね。
属性にこだわらないのならCOCHMA Temporary Web-Terminalもいいんでない。

350 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 19:55:06 ID:???
いいかんじでした。お疲れ様です。
投稿サイトですが私はコモレビがいいんじゃないかと思います。
投稿の更新早いようですし、LRS系ですし。

351 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 23:26:53 ID:???
神様、コモレビが良いのではないでしょうか、更新も早いですし。

352 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/11(月) 23:29:30 ID:???
ココノさんは忙しそうだし、止めといた方がいいんじゃない

353 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 00:04:57 ID:???
つまり自分でサイト作れってこった

354 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 00:06:17 ID:???
綾幸かredmoonでいいじゃん
サイトのレベルも高くないし、よっぽどの物で無ければ恥を掻くことも無さそうだし

355 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 01:13:59 ID:???
redmoonは6月まで休止するらしいから止めといた方がいいんじゃない。


356 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 09:50:26 ID:???
綾波展って別にLRSじゃないぽ。

357 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 15:11:47 ID:???
レベル高いのってどこ?

358 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 16:06:56 ID:???
エヴァに取り憑かれし心その容れ物とか。
投稿作家の中には結構レベル高いのがいるから、張り合うのには良いんで無い?

359 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 18:38:53 ID:???
>>358
そこは最低FFも多いから大丈夫だ

360 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:30:30 ID:???
レイとシンジは昨日と同じように机に向かって勉強していた。
テスト初日は何とか時間内に間に合い、二人とも無事に試験を受けることができた。
明日は期末テスト2日目である。
「ハァ。」
シンジは朝の出来事を思い浮かべながらため息をついた。
(急いでいたとはいえ、彼女を背負って学校まで行くなんて・・・)
テスト開始直前、レイを背負って教室に入ってきたシンジに、
クラス中の目線が突き刺さった。
案の定、テスト後はクラスの人たちに囲まれて、その理由を追求された。
しかしシンジは、そんな自分のことよりも、レイの方を心配をしていた。
彼女もシンジと同じように囲まれてしまっていたのだ。
(・・・綾波、いやじゃなかったかな・・・。
こんなことしたら、クラスのみんなに理由を聞かれることはわかってたのに・・・。
彼女のことも、考えるべきだったのかな・・・。)
シンジはペンを置いて、横目で彼女の姿を見た。
(・・・それに、・・・綾波は男の人が嫌いなのに・・・、
そんな彼女を背中に乗せるなんて・・・。)
シンジはレイの境遇を思い浮かべながら、もう一度ため息をついた。
そしてまた、彼女の方を見ると、不意に彼女もこちらを振り向いた。


361 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:31:16 ID:???
シンジはびっくりしてすぐに目線をそらした。
(・・・しまった・・・ずっと見てたこと、気づかれたかな・・・。)
シンジは少し恥ずかしくなったが、このままじゃどうにもならないと思い、勇気を出して口を開いた。
「あ・・・あのさ・・・。」
「・・・何?」
その声に感情は無かった。
「その・・・今日はごめん・・・。」
彼女のほうを見ずに言った。
「・・・何が?」
「何がって・・・その・・・今日の朝・・・綾波に悪いことしちゃったな・・・と思って。」
シンジは恐る恐るレイの方をを見た。
「・・・どうして?」
彼女はシンジに顔を向けながら首をかしげた。
その姿に、シンジは少しドキリとした。
「どうしてって・・・綾波はいやじゃなかったの?」
彼女はまだ、わからない、といった様子だった。
「だから・・・綾波をおんぶしちゃったり・・・とかさ・・・。」
「・・・別に。」
レイは表情を変えずに言った。


362 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:32:00 ID:???
「え?あ・・・そう・・・。ならいいんだけど・・・。」
シンジはホッと胸をなでおろした。
「・・・どうして?」
「え?」
「どうして・・・そんなこと聞くの?」
「どうしてって・・・。」
シンジは何を言えばいいかわからなくなってしまった。
少しの沈黙の後、レイが口を開いた。
「私のことは・・・心配要らないから・・・。それに・・・。」
そこまで言って、彼女は顔を赤らめた。
「それに?」
「・・・なんでもない。」
といって再び机に向かった。
シンジは彼女の様子を見てすっかり安心した。
(よかった・・・別に気にしてないみたいだな・・・。)
とそのとき、レイの肩に何か黒いものがついてるのが目に入った。
(何だろう・・・。)
シンジは彼女に気づかれないように後ろから近づいて覗いていてみた見た。
(何だ・・・ただの糸くずか・・・。)


363 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:32:50 ID:???
シンジはゆっくりとその場を離れようとしたが、
彼女の華奢で、か弱そうな後姿を見ると、不意に昨日の感情がよみがえって来た。
シンジは彼女を抱きしめようとするもう一人の自分を押さえ込んだ。
(まただ・・・どうして僕は・・・。)
シンジは自分の気持ちを紛らわそうと、彼女を少しからかってみようと思った。
「あ。綾波。」
「・・・何?」
彼女は机に眼を向けたまま答えた。
「綾波の肩に乗ってるそれ・・・ゴキブリじゃない?」
ガターン!
イスが倒れた音と、耳を切り裂くような悲鳴がしたと思うと、
彼女はシンジの胸に抱きついて倒れこんできた。
「うわ!」
シンジは支えることができず、床に倒れてしまった。
「いてて・・・。」
シンジは自分の頭をさすった。
「あ、綾波?」
彼女はシンジの胸に顔をうずめていた。
「取って!碇君、取って!早く取って!」
小刻みに震えながら、レイはいつもと違った様子で言った。


364 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 19:32:50 ID:???
やっぱりこれはいいって感じる作品のあるサイトに投稿するのがいいんじゃないかと思われ。
サイトのレベル高くないんでって言って投稿したらぶん殴られるw


365 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:33:31 ID:???
シンジは自分が何かとんでもないことをしたと思い、
「あ、綾波!肩に乗ってたのは、ただの糸くずだよ!ゴキブリなんかじゃない!」
と、慌てて訂正した。
そう言うと、彼女の震えがゆっくりと収まっていった。
落ち着いてきたのか、レイはゆっくりと顔を上げた。
「・・・ホント?」
そう言った彼女の顔は、少し赤みがかかっていて、うっすらと涙目になっていた。
(うっ・・・かわいいな・・・。)
シンジはしばらくその表情に心を奪われていた。
「・・・碇君?」
「・・・あ!う、うん!ホントホント!ごめん・・・見間違え・・・て・・・。」
シンジは再び固まってしまった。
彼女の顔が、すぐ目の前にあった。
シンジは我を忘れそうになった。
「・・・碇君?・・・どうしたの?・・・あっ。」
レイもシンジに馬乗りになっている自分の姿に気づき、顔を真っ赤にした。


366 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 19:34:16 ID:???
ごちゃごちゃ考えないで、評価板でいいじゃん

367 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:34:16 ID:???
シンジは必死に自分の奥にある感情を抑えていた。
「あ、綾波・・・。早くどいてよ・・。このままじゃ動けない・・・から・・・。」
「うん・・・わかってる・・・。」
と、レイは言ったが、あまりにも恥ずかしくて、体が動かなかった。
しばらくこの状態が続いた。
そしてシンジがゆっくりと口を開いた。
「綾波・・・。」
シンジの目は、まっすぐにレイの方を向いていた。
「碇君・・・。」
彼女も、シンジの真剣なまなざしに、目を奪われていた。
シンジはゆっくりと顔をレイに近づけた。
彼女もシンジに顔を近づけた。
二人の吐息の暖かさが、互いに感じられた。


368 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:35:15 ID:???
ガチャ
「シンジ、私の本が一冊無い・・・・んだ・・・・が・・・・。」
手にしていた本がパタリと床に落ちた。
「「あ。」」
二人は同時にドアの方を見た。
そこにはゲンドウが呆然と立ち尽くしていた。
二人は互いに目を合わせて、すぐにあわてて体を離した。
「・・・。」
ゲンドウは口をあけたまま何も言わなかった。
「と、とと父さん!誤解です!誤解!綾波、そうだよね!?」
彼女はコックリとうなずいた。
しかしシンジとレイの真っ赤になった顔では、当然説得力は無かった。
ゲンドウは黙ったままドアを閉めた。
そしてよろけながら台所へ向かった。
「あら、あなた。どうしたの?」
「ユイ・・・実は・・・。」


369 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:36:00 ID:???
「父さん!」
すぐにあとを追いかけてきたシンジが叫んだ。
「あらシンジくん・・・レイちゃんまで・・・どうしたの?」
「ユイ、実は・・・。」
「父さん!母さんには言わないで!母さんが知ったら何を言われるか・・・。」
「あら、そう言われちゃ、ますます知りたくなったわ。あなた、何があったの?」
「ユイ、実は・・・。」
「だめだって父さん。」
シンジはゲンドウの口をふさごうとした。
しかしゲンドウはシンジの攻撃をひらりとかわした。
「ユイ、実は・・・。」
「わーー!」
・・・・

・・・この後、一ヶ月以上シンジとレイはユイにからかわれ続けることになる。

おわり

370 :名前考え中 ◆jisaITln1s :2005/04/12(火) 19:38:43 ID:???
ちょっとかぶっちゃいましたね・・・。
それはさておき、いろいろな情報ありがとうございます。
皆さんの意見を参考にして、これからゆっくりと考えていきます。
まぁ、とりあえず、いいサイトが決まったら、
自分の最初の作品を手直しして投稿してみようかと思ってます。

371 :364:2005/04/12(火) 19:39:43 ID:???
乱入スマソ


372 :yoshitaka ◆PJb23/VpkI :2005/04/12(火) 19:52:35 ID:???
初LRS

  ー 骨折(碇シンジバージョン) ー

シンジは両腕骨折という災難に合い芦ノ湖の畔にある病院の個室に入院していた‥
そこにレイがやって来た‥
「碇くん‥大丈夫‥」
レイは心配そうにシンジを見つめて言った‥
「うん‥大丈夫だよ‥綾波‥これくらいのケガ‥」
「でも両手が使えないんじゃ何かと不便ね‥でも安心して‥碇くんのためならわたしなんでもするから‥」
「綾波‥ありがとう‥」
レイの優しさに涙ぐむシンジであった‥
(あぁ‥どうしよう‥さっきからトイレに行きたくてしかたないんだけど‥
綾波は僕のためなら何でもしてくれるって言ってたけど‥綾波に言ったらトイレで用足すの手伝ってもらえるかな‥
それともそんなこと言ったら嫌われてしまうかな‥でも‥勇気を出して綾波に言おう‥)
「綾波‥さっそくで何だけど‥ちょとトイレに行きたいんだけど‥手伝ってもらえるかな‥」
シンジは申し訳なさそうにドキドキしながらレイに言う‥
「‥うん‥それじゃ一緒に行こう‥」
レイは少し戸惑ったがすんなり一緒に言ってくれると言ってくれた‥
(良かった‥やっぱり綾波は優しいな‥)
トイレに着くとシンジは言った‥
「綾波‥悪いんだけどズボンから僕の初号機を出してもらえるかな‥‥」
「‥うん」
(あぁ‥綾波に僕の初号機を触ってもらえるなんて‥ちょとドキドキする‥)
レイは少し恥ずかしそうに頷いてズボンのチャクを下ろしシンジの初号機を手に取って出した‥
そしてレイは様式トイレの便座のフタを上げた‥


373 :yoshitaka ◆PJb23/VpkI :2005/04/12(火) 19:54:48 ID:???
「綾波‥申し訳ないんだけど初号機を便器の方向に向けてくれる‥」
「あっ‥うん‥」
レイは少し恥ずかしそうにシンジの初号機に手を添えて便器の方へ向けた‥
「ありがとう‥」
「それじゃするね‥」

ジョボジョボジョボ‥

「あぁ‥スッキリした‥」
「あっ‥綾波‥たびたび悪いんだけど‥軽く初号機を振って初号機の先に付いた雫を落としてもらえるかな‥」
レイはちょと顔を赤くし戸惑いながらシンジの言う通り初号機を振って初号機の先に付いた雫を落とした‥
「ありがとう‥それじゃ‥初号機をしまってくれる‥」
レイはシンジの初号機をズボンの中にしまうとチャクを上げた‥
「あっ‥痛いっ!‥痛いよ綾波‥初号機がチャクに挟まっちゃてるよ‥」
「あっ‥ゴメン‥ゴメンね‥」
レイは慌ててズボンのチャクを下ろした‥
そこには先っちょに少し血が滲んだシンジの痛々しい初号機があった‥
そしてレイは今度はゆっくりと初号機を挟まないようにチャクを閉めるのであった‥
「ありがとう綾波‥ちょと痛かったけど‥」
「ゴメンね‥」
「でも綾波がいてくれて助かったよ‥ほんとにありがとう‥」
「うぅん‥こんなことくらいなんでもないわ‥」


374 :yoshitaka ◆PJb23/VpkI :2005/04/12(火) 19:56:48 ID:???
そんなやり取りがあったあとシンジとレイは病室へ戻った‥
(あれ‥初号機の根本の辺りがすごく痒くなってきた‥困ったな‥あぁ我慢できない‥)
だが病室のベットに座っているシンジが何かモジモジしているのを見たレイはシンジにどうしたのか尋ねた‥
「どうしたの碇くん?‥」
「うん‥ちょとものすごく痒いところがあるんだけど‥」
「何だそんなこと‥だったらわたしが掻いてあげるわ‥」
「でも‥ちょと言いにくいところだから‥」
「気にしないで言って‥」
「じゃ‥言うけど‥実は‥初号機の所なんだけど‥」
「えっ‥‥わかったわ‥掻いてあげる‥」
そう言うとレイはシンジの初号機を恥ずかしそうにズボンから出した‥
「どこら辺が痒いの?‥」
「初号機の根本の辺りなんだけど‥」
「ここ?‥」
「あっ‥もう少し下‥」
「ここ?‥」
「もうちょと右‥」
「ここ?‥」
「あっ‥違う‥反対の方‥」
「じゃぁここ?‥」
「あっ‥そこそこ‥おっ‥(気持ちいい)‥‥」
レイは優しくソフトにシンジの言う所を掻いてあげた‥
「綾波‥ありがとう‥もう大丈夫だから‥」


375 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 19:58:51 ID:???
キモい

376 :yoshitaka ◆PJb23/VpkI :2005/04/12(火) 19:58:55 ID:???
「他にして欲しいことある?‥」
「‥‥あるけど」
(いくらなんでも綾波に初号機のLCLが溜まってるから出したいなんて言えないよな‥)
「何?‥」
「‥ちょと言いにくいなぁ」
「何?‥遠慮しないで言って‥」
「何ていうか溜まってるんだ‥」
「何が溜まってるの?」
「あの‥‥初号機の‥LCLが」
レイはそっと視線を初号機に向けた‥
(あぁ‥綾波の手でしごいてもらえたらどんなにいいだろう‥こうなったら思い切って言おう‥)
「綾波‥‥お願いがあるんだけど‥僕の‥初号機を‥手でしごいて欲しんだけど‥ダメだよね‥」
(碇くん‥自分で抜くこと出来なくてそんなに溜まっていたなんて‥ちょとかわいそう‥)
レイは少し戸惑いながら恥ずかしそうにコクンと頷きシンジの初号機を柔らかい手で優しく握り軽く上下にしごき始めた‥
すると溜まっていたこともあってみるみるシンジの初号機はビンビンに血管を浮き立たせてエレクトしはじめた‥
「碇くん‥すごい‥こんなに大きくなって‥」
「あっ‥綾波‥‥もっと激しくしごいてくれるかな‥」
レイはコクンと頷き柔らかい手でシンジの初号機を激しく上下にしごきはじめた‥
「あっ‥綾波‥もう我慢できない‥いきそうだよ‥うっ‥イクよ!‥」
ドピュ‥ドクドクドク‥ドピュ‥‥
シンジの白濁したLCLは激しく迸り‥大量に溜まった白濁したLCLを勢い良くレイの顔面にぶちまけた‥
「綾波‥ありがとう‥これでスッキリしたよ‥」
白濁したLCLまみれになったレイはニコっと笑み放心状態のシンジをきれいな赤い瞳で優しく見つめていた‥

こうしてレイのシンジへの献身的な介護の日々が始まるのであった‥


   ー おしまい ー


377 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 19:59:31 ID:???
義孝キターー!!   orz

378 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 20:00:30 ID:???
(・_・|

379 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 20:03:34 ID:???
エロパロ板とマルチじゃねえか

380 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 20:09:43 ID:???
何で初号機なんだよw

381 :yoshitaka ◆PJb23/VpkI :2005/04/12(火) 20:11:19 ID:???
>>379

今後FFをウップするときはエロパロの方はもっと過激にするつもりだからマルチの件は許してくれ‥

382 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 20:41:11 ID:???
先生の後に義孝のを見ると一気に脱力するな。

383 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 22:16:05 ID:???
兄妹モノキテタ!GJ!!
 
義孝は…えーっと…まぁ…うん。遠征乙。

384 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/12(火) 22:26:36 ID:???
先生乙。364も言ってたけどレベルの低い所を目指すのは良くないと思う。
サイトは色々見て自分の好きなところに投稿すればいいと思うよ。
レベル高いほうが色々勉強にもなるだろうし。
俺は先生の作品好きだから頑張って欲しい。ガンガレ。




>義孝
…お前バカすぎw

385 :エヴァ板、本日投票日:2005/04/13(水) 07:24:49 ID:???
義考・・・こっちへ出張か・・・巣に戻れ


386 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/13(水) 19:41:51 ID:???
投下まだかにゃ―

387 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/14(木) 21:46:54 ID:???
LRSキタ-!!先生、アンタ最高だ。義孝、不覚にもワロタ。ちょっとだけな。

388 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/16(土) 15:21:14 ID:???
投下が来ないな

389 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/16(土) 23:32:32 ID:???
一日二日でできるかっつー話
気長にマターリ待とうや

390 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/17(日) 05:38:26 ID:???
どうも、先生です。
私の最初の作品は、多少手直しをして、コモレビに投稿させていただきました。
よろしければまたご覧になってください。
さて、今から続きでも書こうかな・・・。

391 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/17(日) 09:24:39 ID:???
ガンガッテ!楽しみにしてるよ。

392 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/17(日) 14:44:57 ID:???
コモレビ見てきたよー。先生乙!!

393 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/18(月) 22:01:35 ID:???
コモレビ?

394 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/19(火) 00:19:40 ID:???
ココノ氏のLRSサイト。

395 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/19(火) 20:12:34 ID:???
マダー?

396 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 19:14:52 ID:???
エヴァ+と++を読んでみた
最後泣けました(T∀T)
まだ二十歳前だというのに涙腺が緩いな俺…

397 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 20:28:17 ID:???
あの話で泣いたらヤバイと思う。頭が

398 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 20:32:40 ID:???
>>397
良作から地雷まで読んでるから多少逝かれてるかも(´д`)
もしよかったらお勧めの完結作品教えてくれ…
LRSでさ

保養にいくから_| ̄|○

399 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:11:11 ID:???
397ではないが、『ReiIV』とかは?
泣きたいのなら『あやなみ』

先生、乙です

400 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:12:52 ID:???
age

401 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:27:09 ID:???
そういえば

LRSで泣けるほど感動した作品はあるが、LASでは一個も感動して泣いたってのが
ねぇや

402 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:34:03 ID:???
>>401
remembranceは?

403 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:37:06 ID:???
>>401
もしかして「アスカを訪ねて三千里」で泣いた俺ってやばいのか?


404 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 22:44:55 ID:???
LASの人は帰ってくんない?うざい。

405 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/20(水) 23:12:53 ID:???
話すならつーか該当スレでしようっての

おすすめLRS小説を教えてください 8
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/eva/1113404900/

406 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/21(木) 00:45:29 ID:???
投下マダー?

407 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:05:41 ID:???
ある日曜日の朝、今日は久しぶりに家族全員が家にいた。
みんなどこかに行く様子も無く、ただのんびりとすごしている。
シンジは自室のベットで仰向けになり、天井を見つづけていた。
横に寝返りを打つと、目線の先にレイが机に向かって、いつものように本を読んでいる。
彼女が自分の髪をかきあげた。
細い髪の毛がふわっとゆれる。
凛とした表情に、目線は一点を見つめている。
その眼は、恐ろしく澄んでいた。
シンジはそんな彼女の横顔が好きだった。
コンコン
ドアをノックする音がした。
「はい。」
シンジはベットから起き上がった。
しばらくそのままの状態で待っていたが、ドアが開く様子は無い。
「・・・あれ?」
シンジは不審に思い、立ち上がってドアを開けた。
ガチャ
ゲンドウの顔がすぐ目の前にあった。
「うわぁ!」
シンジは驚いて後ろに飛びのいた。


408 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:06:32 ID:???
ゲンドウはじっとその場で立ち尽くしている。
「な・・・なんだ、父さんか・・・。」
シンジは胸をなでおろした。
「・・・何ですぐに開けなかったの?」
するとゲンドウは、珍しくあせった様子で、
「い・・・いや・・・その・・・なんだ・・・シンジ達がお取り込み中だったらまずいとおもってな・・・。」
と言った。
その言葉の意味が一瞬わからなかったが、すぐに気づいて、
「なっなんだよそれ!僕たちは別になんでもないよ!」
とシンジは少し恥ずかしくなって声を荒げた。
少しレイの方をうかがったが、彼女は何も気にしてない様子で本を読みつづけていた。
「そ、そうか。・・・それなら問題ない。」
「で、何のよう?」
「うむ、シンジ、今日は暇か?」
「うん、暇だけど。」
「そうか・・・。」
ゲンドウは少し間を置いて言った。
「シンジ、すまないが本を買いに行ってほしいんだが・・・。」
「本?本屋ならすぐ近くにあるじゃないか。」
「・・・専門的な本だからな・・・規模の大きい書店に行かなければ・・・。」


409 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:07:17 ID:???
「そっか・・・。けど、父さん今日休みなんでしょ?自分で行けないの?」
「うむ・・・。私はそうしたいんだが、あいにく大量の論文に眼を通さなければいけないからな・・・。」
「そう・・・じゃ、仕方ないね。僕が行ってくるよ。」
「そ、そうか・・・。」
そう言うとゲンドウはポケットからメモを取り出した。
「ここに書いてある題名の本なんだが・・・。」
「なになに・・・。」
シンジはメモを受け取って目を通した。
「・・・形而上生物学についての考察・・・何か難しそう・・・。」
書店の場所は新宿駅のすぐそばだった。
シンジの自宅からでは電車で2時間ほどかかる距離だ。
(2時間なら昼飯を食べた後でも大丈夫かな・・・。)
シンジはそう思いながらゲンドウの頼みを承諾した。


410 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:08:03 ID:???
昼食の時間になったが、ゲンドウは一人書斎に閉じこもっていた。
ユイはそんなゲンドウを何度も呼んだがついに彼が出て来ることは無かった。
ゲンドウを除く3人の食事の中で、シンジが本を買いに行くと言うことをユイに話した。
「あら、シンちゃん新宿まで行くの?」
「うん、そうだけど・・・。」
シンジがそう言うと、ユイは手を合わせて
「ちょうどよかったわ。今、そこの百貨店でセールやってるのよ。ついでに服買ってきてくれないかしら?」
「え?別にいいけど・・・。」
「そう、じゃあとりあえず・・・シンちゃん、自分の服を買ってくるといいわ。」
「え?母さんの服は?」
「私は自分で服を選ぶタイプだから・・・。私のはいいわ。」
すると、ユイは何か思いついたような顔をしてレイの方をみた。
「レイちゃん、あなたも一緒に行ったら?」
「・・・いかない。」
黙々と食べていたレイが箸を置いて言った。
「あら、どうして?あなたも自分の服を買ってもいいのよ?」
「・・・いかない。」
ユイは少し考えるようなしぐさをした後、口を開いた。
「・・・シンちゃんと一緒なのがそんなに恥ずかしい?」
「・・・違う。」


411 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:08:48 ID:???
「ホントに?」
ユイは疑うようにして顔をレイに近づけた。
するとレイは顔をうつむけてしまった。
そんな彼女の様子に、ユイは軽く息を吐いた。
「・・・ふぅ、しょうがないわね。シンちゃん、レイの分も買ってきてちょうだい。」
「え?・・・でも。」
「仕方がないわ。セールも今日までだし・・・。」
「・・・わかりました。」
するとレイがまた箸を置いて、
「・・・碇君が選ぶの?」
と口を開いた。
「え・・・うん・・。」
「・・・やっぱり行く。」
「え?」
「そう、よかったわ。」
ユイはホッとしたように胸に手を当てた。


412 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:09:32 ID:???
「ちょ、ちょっとまってよ。綾波、それってどういう意味?」
「・・・碇君のセンスは・・・信用できない・・・。」
「なっなんだよそれ!そういう綾波だってどうなのさ!」
「・・・碇君よりはマシ・・・。」
「ハイハイ、二人とも、兄妹ゲンカはそこまでにしなさい。」
「だって綾波が・・・。」
「・・・ごちそうさま。」
レイはそう言うと、さっさと部屋に向かってしまった。
「待ってよ!あ、僕もご馳走様。」
シンジも箸を置いて彼女の後についていった。
そんな二人の後姿を、ユイはじっと見つめていた。
「・・・もうすっかり兄妹らしくなったわね・・・。」
ユイは少し笑った。


413 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:10:18 ID:???
シンジは自室のドアの外に立っていた。
(綾波おそいなぁ・・・)
レイは、着替えるからと言ってシンジを追い出してから、もう10分も部屋から出てこない。
シンジはドアノブに手をかけた。
そして開けようとした瞬間、
(ちょっと待てよ・・・もし綾波がまだ着替えてたら・・・。)
と、考えて、動きを止めた。
しかし、シンジの心のどこかであけて見たい気持ちがあった。
そんな自分の気持ちに気づくと、シンジは恥ずかしくなった。
(何を考えてるんだ僕は・・・。)
シンジは頭を振った。
(そういえば、綾波が外出用の服を着たとこ、見たこと無いな・・・。)
ガチャ
ドアが開いた。
「あ・・・。」
彼女の冷たい目線を感じた。
「・・・何をしてるの?」
「いや・・・これは・・・。」
といってシンジは顔を上げてレイの姿を見た。
「・・・また覗こうとしてたのね・・・。」


414 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:11:02 ID:???
シンジは彼女を見たまま動かない。
レイは不思議そうに彼を見た。
それでもシンジは動かない。
レイは白いブラウスに、青色のチェックのスカートというシンプルな服装だった。
だがそれは、彼女の清楚な魅力を十二分に引き出していた。
シンジはそんなレイの姿に目を奪われていた。
「・・・碇君?」
彼女に呼びかけられて、シンジは我に返った。
「あっ、ごっごめん。」
「・・・どうしたの?」
「あ、うん。綾波のその格好、すごくかわいいなって・・・。」
シンジは少しあせっていたのか、思わず本音が出た。


415 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:11:47 ID:???
「・・・えっ。」
シンジのその言葉に反応して、レイはすぐに顔を真っ赤にした。
そしてうつむきながら、
「・・・何を言うのよ・・・。」
と口を開いた。
「うん、ごめん・・・。」
シンジも自分の行ったことに気づき、恥ずかしくなってしまった。
「その・・・あの・・。」
何とかこの場の空気を変えたいと思っていたが、シンジはなんといって良いかわからなくなってしまった。
するとレイがシンジの腕をつかんだ。
彼女の甘い香りがふっとシンジを包んだ。
「・・・行こ。」
「あ・・・うん。・・・そうだね。」
レイはシンジの脇を通り過ぎて足早に玄関に向かった。
そんな彼女の後姿を、シンジはかわいいと思いながらずっと見つめていた。


416 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:12:32 ID:???
二人が出かけた後、ユイはコーヒーを片手に書斎のドアの前に立っていた。
ドアを2、3回軽くたたいた。
「あなた、入るわよ。」
返事は無かった。
ユイは軽くため息をついて、ドアを開けた。
そこにはゲンドウの後姿があった。
机に向かって何かを読み込んでいるようだった。
ユイはゆっくりとゲンドウに近づいた。
「・・・あなた、コーヒーが入りましたよ。」
ゲンドウは動かない。
「・・・あなた?」
ゲンドウは聞こえてないようだった。
「・・・ふぅ。」
ユイはゲンドウの脇にコーヒーを置いた。
すると、ゲンドウは初めて気づいたように、
「あぁ、ユイか。」
と言った。
「あなた、私がいつからここにいたか、わかる?」
「うむ・・・。」
ゲンドウはわからないといった様子でコーヒーを一口飲んだ。


417 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:14:01 ID:???
するとユイはクスリと笑った。
「まったく・・・変わってないわね・・・。」
そういうとユイはゲンドウの背中に覆い被さって、腕を彼の首に回した。
「・・・どうした?ユイ。」
「ううん。なんでもない。」
「・・・そうか。」
ユイは自分の顔をゲンドウの顔にすり寄せた。
「ねぇ、あなた・・・。」
「・・・何だ?」
「シンジ君とレイちゃん、うまくやっていけるかしら・・・。」
すると、ゲンドウは少し考えてから、
「・・・さあな。」
と言った。
「あら、意外とそっけない父親ね・・・。」
「・・・あの二人なら、今のところ問題ないだろう・・・。」
「・・・そうね、シンジ君の性格は、あなたに全然似てないから大丈夫ね・・・。」
ゲンドウはそんなユイの言葉に返事をしないで、黙々と目の前の紙に目を通していた。
ユイは再びクスリと笑った。
「怒った?」
「・・・いいや。」


418 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/22(金) 01:14:53 ID:???
「そう、ならいいんだけど・・・。」
ユイはゲンドウが手にしている紙にちらりと眼をやった。
「・・・何を読んでるの?」
「・・・学生の論文だ。」
「ふーん・・・どうなの?最近の学生は?」
「・・・どれも、どこかの学者の論文を引用した言葉をつなぎ合わせているだけだ・・・。面白くない・・・。」
ゲンドウは手にしていた紙の束を机に置いた。
「・・・ユイ。」
「・・・何?」
「・・・おまえには苦労をかけたな・・・。」
「・・・それはお互い様よ。」
「・・・そうか・・・。」
二人はそのままの格好で、黙ったままだった。
しばらくして、ユイが口を開いた。
「・・・こうやって、二人きりでいるのは久しぶりね・・・。」
「・・・そうだな。」
「・・・あなた。」
彼女の呼びかけに、ゲンドウは少し後ろに振り向いた。
ユイは顔を近づけて、彼の唇に自分の唇を重ねた。

おわり

419 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 01:56:18 ID:???
GJです。

なんかいい感じですなぁ。

420 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 07:32:47 ID:???
乙!
ほのぼのキター!

421 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 15:24:50 ID:???
イヤッホーイ!! やっと投下きたぜ。待ちくたびれてたところだよ先生。乙!!

422 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 16:07:42 ID:???
お疲れ様でした。ほのぼのして良い感じですね。しかし、ゲンドウとユイはなんか
過去に有った様子で興味深いところです。

423 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 18:11:17 ID:???
禿萌

424 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 18:50:30 ID:???
グッジョブ!!
(・∀・)イイネ!!

425 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 18:58:46 ID:???
かゆい

426 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/22(金) 21:05:07 ID:???
うまい

427 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/23(土) 00:10:44 ID:???
イキがいいSS、ぐっじょぶです
いわゆる乙

428 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:30:01 ID:???
影になった坂道に沿って、シンジはレイから3メートルほど後ろを駅に向かって上っていた。
上からこっちに向かって車が降りてくる気配がしたので、思わず顔を上げた。
車はシンジの脇を通り過ぎて、下に向かって走っていった。
シンジは無意識に車を目で追っていたが、それが見えなくなると、再び前を向いて歩き出した。
レイとの距離は少しばかり広がっていた。
シンジは歩く速度を上げて距離を縮め、ある程度近づくと、また元のペースに戻した。
彼女と肩を並べて歩くことは、シンジにとって恥ずかしかった。
家を出てから、シンジは自然と彼女の後に従っていた。
歩きながら、レイの傍に行こうか、とも考えた。
しかしそうすると、会話が続かなくなって、気まずくなる事は目に見えている。
さらに、近頃シンジは、彼女のそばにいると、胸が締め付けられるように苦しくなる。
理由は自分でもよく分からなかった。
顔を上げて、レイの後姿をみた。
彼女はわき目を振らず、ただまっすぐと目的地に向かって静かに歩いている。
細く華奢な体は、儚い印象を受けるが、どこか人を寄せ付けない雰囲気があるとシンジは感じた。
そんなことを考えながら歩いていると、目の前でレイが突然立ち止まり、辺りを見回しているのが目に入った。
どうしたんだろう、とシンジは不思議に思い、彼女に近づいた。
シンジは後ろから、
「どうしたの?」
と声をかけた。


429 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:31:48 ID:???
そういえば家に出てから初めて彼女に話しかけたな、とシンジは思った。
レイはゆっくりとこちらに顔を向けた。
細い髪の毛が風でゆれる。
その澄んだ瞳はまっすぐシンジに向いていた。
シンジは息を飲んで、思わず目線をそらした。
「碇君・・・どっちに行けばいいの?」
ささやきかけるように言った。
シンジは顔を上げて前を見ると、先の道が二つに分かれている。
「あ・・・ああ。こっちだよ。」
と言ってシンジは彼女より先に前に進んだ。
レイは彼のすぐ後に従った。
後ろを振り返らなくても、すぐそばに彼女がいることを、シンジはハッキリと感じていた。
体の右側がじんわりと熱くなってくる。
加えて自分の息も少し荒くなった感じがしてくる。
耐え切れなくなって、シンジは歩く速度を上げた。
少しでも彼女から離れたかった。
レイのそばにいることは、シンジにいいようのない苦しみを与えていた。

430 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:33:11 ID:???
しばらくして、シンジは突然誰かに腕をつかまれた。
おどろいて立ち止まり、横に目をやると、レイが息を弾ませてシンジの右腕をしっかり握っていた。
「ど・・・どうしたの?綾波。」
シンジが尋ねると、彼女は上気した顔をゆっくりと上げた。
うっすらと赤くなった顔に、シンジは少しドキリとした。
「ハァ・・・ハァ・・・。碇君・・・歩くの・・・速い。」
レイは息を整えるように途切れ途切れに話した。
「そ、そうだったかな・・・。ゴメン・・・。」
「もう少し・・・ゆっくり・・・歩こ。・・・急がなくても・・・大丈夫・・・だから。」
「そ、そうだね・・・。」
シンジが再び歩き出すのに合わせて、レイも歩き出した。
腕はつかまれたままで、シンジは戸惑った。
すぐ離すと思ってただけに、心の負担は大きかった。
手の平がうっすらと汗ばんできた。
胸の鼓動が大きくなってくる。
シンジは唾を飲み込んだ。
チラッと彼女の方を見ると、レイは気にしてないようにまっすぐ前を見て歩いている。
シンジは手をギュッと握った。
このままの状態が続くことに耐え切れなくなった。


431 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:34:13 ID:???
「・・・あのさ。」
歩きながらシンジは言った。
「・・・何?」
レイは少し首を傾けて、その大きく澄んだ目をシンジの方に向けた。
そのしぐさが、なんともいえず、可愛らしく写った。
一瞬、このままでいられたら、どれだけ幸せだろうかとシンジは思った。
だが、この状態に耐えられるほど、シンジの心は強く無かった。
シンジはゆっくり口を開いた。
「・・・腕が・・・。」
「腕?」
レイは不思議そうに言った。
そして自分が自然としていた行動に気づき、
「あっ。」
と小さく声を上げて、手を離した。
彼女の顔はあっという間に真っ赤になった。
「・・・その・・・ごめんなさい。」
うつむきながら、レイは口を開いた。

432 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:35:30 ID:???
そして、少し上目使いで、
「・・・嫌じゃなかった?」
とシンジに問い掛けた。
「い、嫌じゃないよ!」
シンジはすぐに否定した。
「・・・嫌なわけないじゃないか・・・。」
とレイに届くかわからないような声でつぶやいた。
「・・・よかった・・・。」
「え?」
シンジは彼女の声が聞き取れなかった。
「何?」
シンジが問い掛けると、彼女はにっこりと笑って、
「・・・何でもない・・・。」
と首を振った。
「碇君・・・行こ。」
「あ、うん・・・。」
シンジとレイは再び歩き出した。
二人は自然と肩を並べて歩いていた。


433 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:36:09 ID:???
会話は無かったが、そのことで息苦しさを感じることは無かった。
先ほどまで近づき難く感じていたことがウソのようだった。
相変わらずシンジの胸の鼓動は速かったが、逃げ出したくなるような気持ちは起きなかった。
暖かいような、恥ずかしいような、甘っ苦しいような心持だった。
不意に自分の顔に笑顔が浮かんだ。
「碇君?」
シンジはハッとして彼女を見た。
「・・・どうしたの?」
シンジは急に恥ずかしくなった。
「なっ何でもないよ!」
「ふぅーん・・・。」
そう言ってレイはシンジに顔を近づけた。


434 :先生 ◆jisaITln1s :2005/04/25(月) 00:37:08 ID:???
「な・・・何?」
すると彼女はクスリと笑って、
「・・・変な碇君・・・。」
とつぶやいた。
「もうすぐそこなんだから、早く行こうよ。」
シンジは恥ずかしさを振り切るように駅に向かって歩き出した。
「・・・うん。」
レイもシンジと肩を並べて歩き出した。
心地よい風がシンジの体を包んだ。
そばに生える緑色の木々が、いつもにもまして心に染みた。
シンジはなんともいえない幸福を感じていた。
そしていつまでも彼女と二人で、この道を歩きつづけていられたら、どんなに幸せだろうかと考えていた。

おわり

435 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 01:38:05 ID:???
こそばゆいこそばゆいこそばゆいーーーーー(*´Д`)'`ァ'`ァ

436 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 01:51:26 ID:???
乙っ乙っGJ!

437 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 04:15:01 ID:???
シンジ可愛いよシンジ

438 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 07:29:10 ID:???
moe


439 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 18:22:00 ID:???
ああ、なんかこういう話読むと安心するな


440 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/25(月) 20:03:57 ID:???
GJ!

441 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/26(火) 00:08:31 ID:???
もう俺のLRSは他のLRSサイトとここしかない。
貞本なんか信じるものか。

442 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/26(火) 07:59:11 ID:???
ばか?

443 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/28(木) 19:36:11 ID:???
貞本レイ(三人目)はシンジのこと覚えてるのか?

444 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/04/29(金) 21:51:29 ID:???
先生、乙

445 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/01(日) 01:16:31 ID:???
続きマダー?

446 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:53:17 ID:???
階段を上り、駅のプラットフォームに出ると、休日だというのに、意外に人は少なかった。
乗車する予定の電車がまだきていないので、シンジ達はそばのベンチに腰掛けた。
ただ、二人の間には1メートルほどの間隔があった。
上を見上げると、そこには大きな雲がひとつあるだけで、心地よい青空が広がっていた。
シンジはチラッと時計を見た。
(12時半・・・)
向こうにつくのは2時半ぐらいだな、とシンジは思った。
「碇君・・・。」
「な、何?」
「碇君は、新宿に行ったことある?」
首を少し傾けながら語りかけてくる彼女のしぐさに心を奪われながら、シンジはやっとの思いで答えた。
「う・・・うん。2回ぐらいかな・・・。」
「そう・・・。」
彼女はそう言うと、顔を前に向けた。


447 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:53:50 ID:???
「うん・・・。」
「・・・。」
そこで会話は終わってしまった。
シンジは少し悲しかった。
もう少し彼女と話をしたかった、とシンジは思った。
「私も。」
「え!?」
「・・・私もそれくらいしか行ったこと無い・・・。」
「あ・・・そっか、そうなんだ。・・・そうだよね。」
その時、電車がホームにやってきた。
「あ、来た。綾波、行こう。」
彼女はコックリとうなずいて、立ち上がった。


448 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:54:24 ID:???
シンジはレイのはす向かいに座った。
先ほどのベンチでもシンジは胸が高鳴っていた。
だからこう座ることで、少しでも落ち着こうとシンジは考えた。
だがその考えは失敗に終わった。
向かいに座ってしまったことで、彼女の顔が正面に見える。
シンジはうつむいたままで、前を見ることができなかった。
少しだけ顔を上げてみた。
レイは家から持って来た文庫本に目を通していた。
彼女の目がチラッとシンジの方に向いた。
シンジはすぐに目をそらした。
見てたのがバレたかな、とシンジは思った。
おそるおそるもう一度顔を上げると、彼女は先ほどと変わらず、本を読んでいた。
シンジはホッとしたが、心のどこかでガッカリしていた。
理由はよくわからなかった。


449 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:55:17 ID:???
目的地に近づくにつれて、人が多くなってきた。
そしてとうとうレイの姿がまったく見えなくなるほど満員になった。
ふと、前に目をやると、おばあさんが苦しそうにつり革につかまりながら立っていた。
シンジは立ち上がって
「あ、おばあさん。こちらに座ってください。」
と声をかけた。
「え、いいんですか?」
「はい、どうぞ。」
「すいません、ありがとう。」
そう言うと、おばあさんは笑顔でイスに座った。
その時、電車が急カーブでゆれた。
シンジはそのせいで、後ろの人に当たってしまった。
「あ、すいません。」
「いえ・・・。」
シンジはその声を聞いて驚いた。
「あ、綾波?」
「・・・碇君?」
二人は背中合わせで立っていた。


450 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:56:02 ID:???
「ど、どうして・・・。」
「別に・・・。」
彼女の答えはそっけなかったが、おそらく自分と同じで席を譲ったんだな、とシンジは思った。
だがすぐに冷静ではいられなくなった。
彼女の背中と自分の背中が、ぴったりと密着していた。
離れようにも、人が多くて身動きが取れなかった。
シンジは背中がだんだん熱くなってきているのを感じた。
(ど、どうしよう・・・。)
電車が止まり、多くの人が入ってき、。シンジとレイはさらに密着した。
自分の背中が汗ばんでいることをシンジは感じた。
シンジは早く着いてくれることだけを願った。
この状況に、長い時間耐えられそうも無かった。
そのとき、自分の手が誰かに握られたのを感じた。
シンジはビックリして、ゆっくりと自分の手に目線を移した。
(ウソ!?)
シンジは眼を疑った。
レイが、自分の手をしっかりと握っているのが目に入った。


451 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:56:47 ID:???
(え!?えええ!?)
シンジは混乱した。
(な、ななな何で?)
目の前がグルグルと回った。
シンジが落ち着こうと、息を大きく吸ったとき、あることに気づいた。
自分の手を握っている彼女の手が、かすかに震えている。
そのとき、シンジは理解した。
レイは良くなっているとはいえ、男性恐怖症だった。
満員電車で、数多くの男性と、仕方なく接してしまう。
そのことが彼女にどれだけの恐怖を与えているか、シンジは今になってやっと気づいた。
そして、いままで彼女のことを考えず、自分のことだけを考えていたことに後悔した。
冷静になったシンジは、震える彼女の手をギュッと握り返した。
大丈夫、僕がついているから心配ない、という思いをこめながら強くてを握った。
その思いが伝わったのか、彼女の震えがゆっくりとおさまっていった。
そしてレイもシンジの手をそっと握り返した。
電車はゆっくりと減速した。


452 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:57:32 ID:???
「まもなく、新宿です。」
と言うアナウンスの後、電車のドアが開いた。
二人は手を握りながら、人の波に押される形で外に出た。
「ふぅ、疲れた。」
「・・・。」
「綾波、大丈夫だった?」
彼女は顔をうつむけたままうなずいた。
そして小さな声で
「・・・碇君がいたから・・・。」
とつぶやいた。
「え?何?」
「・・・何でもない。」
「ふーん・・・。まあいいや、じゃ行こう。」
「碇君・・・。」
「何?」
「・・・手。」


453 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/01(日) 19:58:18 ID:???
「手?・・・あ!ゴ、ゴメン!」
といってシンジは手を離した。
レイは顔を横に振って
「いいの・・・。嬉しかった。」
と言った。
「あ・・・うん。・・・そっか・・・。」
シンジは予想してなかった彼女の言葉に恥ずかしくなった。
「碇君・・・早く。」
「え?・・・うん、そうだね。」
そう言って、シンジは再び歩き出した。
時刻は2時半を過ぎたばかりだった。

おわり


454 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/01(日) 20:06:46 ID:???
先生乙
今回も(・∀・)イイ

455 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/01(日) 20:51:31 ID:???
投下来てたし!!先生GJ!!

456 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/01(日) 20:52:01 ID:???
GJ!GJ!
最近このスレの更新が楽しみでしょうがない。

457 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/01(日) 22:31:43 ID:???
キテタ♪キテタ♪(b^-^)GJ!

458 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 00:20:45 ID:???
ネ申

459 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 01:05:24 ID:???
いいなあ
いやされる
今日はパチのエヴァでけちょんけちょんにされたんで、 んだよ使えねえな綾波さんは!とか思ってたのにw
とても同じ人とは思えない(同じじゃないか


460 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 01:06:43 ID:???
はやくぶちゅーっとやっちゃえよシンジ!

461 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/02(月) 01:20:54 ID:???
いいわー。マジ癒される感じする。ゆっくりと深く仲良くなって欲しいね。

462 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/03(火) 11:35:59 ID:???
>>460
おまえのようなすぐに、直球投げる奴は女に嫌われるな

463 : ◆x75mrwOncU :2005/05/03(火) 23:18:34 ID:???
それは突然の出来事で当人達も、まさかこのような非常識なことが
起こりうるとは思ってもみなかった。だが、事実起こってしまいそして
元の通りに戻るための手段などわからないが故に、ある意味では、
幸せな日常が送れることになろうとは誰もが予想だにしていなかった。

「仲良くしましょ」
「命令があればそうするわ」

二人の出会いは実に最悪の関係で始まった。しかしその放課後、シンジ
を挟んで両端にアスカとレイが並んで帰っていた。
「あ、あのさ・・・・」 シンジは実に居心地の悪さを感じていた
---- どうして、二人けんかしているんだろう。なんかすごく険悪な雰囲気だな
「なによ、いいたいことあるならはっきりいいなさいよ」
「いや、あのね、なんか二人ともさ」

そのときだった、横断歩道を渡っている二人に軽トラックがつっこんできた。
「!!惣流、危ない」
「え?」

シンジは咄嗟にアスカの体を抱え、レイの腕をつかみそれをさけようとした。
ブブーーーーン     車が通りすぎる

3人は反対側に倒れ混みアスカとレイのおでこは赤く腫れていた。
「惣流、綾波 大丈夫?」
「大丈夫なわけないでしょうが」
「・・・痛い」

しかし、碇シンジには一体なにが起こったのかは理解できなかったようだ。
第一声は、綾波レイから発せられ、第弐声は惣流アスカから発せられたよう
にしか見えなかった。



464 : ◆x75mrwOncU :2005/05/03(火) 23:28:42 ID:???
「助けるのはよしとしても、このおでこどうしてくれるのよ。腫れちゃったじゃない」
どうやら、助ける時にアスカとレイが頭突きしあう形になり、両者ともおでこが赤く
腫れている。しかも胸ぐら捕まれて、すごまれてシンジはたじたじだった。

だが、問題はそんなことじゃない。
「え、あ、ご、、、、ごめん。綾波」
「あんた、どっちに声掛けてんのよ。あたしの目を見なさいよ」
「!?え、あ 綾波がそういうから綾波見ていっているんだけれど」
「ファーストはこっちでしょうが」
そう言い放ってからもう一方を見ると、何故か自分がいる。
------あれ、なんか変ねぇ。どうしてアタシがそっちにいるの?っていうかなにこれ・・・・
「・・・何?」
「あ、あ、あんた」
「・・・何?」
「どうして、あたしが目の前にって、、、、まさか」
そういって、手鏡を取り出し自分の顔を見てみる

そこには赤い目と青いショートカットの驚きと怒りに満ちた顔が映っていた
「いやーーーーーーーーーーーあぁぁぁぁぁぁ」

数分後・・・・
「え、じゃぁ、綾波と惣流入れ替わっちゃったってわけ?」
「そうよ。みりゃわかるでしょうが」
「なんか、綾波に怒られているみたいで、変な気分だな」
「私はこっちよ」
そこには、無表情のアスカの顔
「っていうか、これからどうしたらいいのよ。まったく」
「そんなこといったって、。っってあれ、いない!!」
「あぁ、ファースト勝手に帰ったわね。あいつ・・・・・」
「しょうがない。このまま家に帰ろうよ。」

しかたないので、二人はコンフォート17に帰ることになった。

465 : ◆x75mrwOncU :2005/05/03(火) 23:41:50 ID:???
「ただいま」「たっだいまー」

「お帰り、シンジ君 ・・・・・ レイ、何か用でもあったの?」
「うるさいわね。自宅に帰ってきてなにがわるいのよ。全く」
「!?!?!?!?」
「あ、あのミサトさん あとで説明するから」
「ねぇ、今あがってきたのレイよね?なんかえらく人格変わってない?」
「あははは・・・・・」

それから数時間、ミサトの頭の中は混乱状態であった。あのレイがガツガツ
と夕食を食べてる上に、タオル一枚でお風呂から上がってそこらじゅうを歩き
まわったり、牛乳をパックのままラッパ飲みするわ、ラフな格好であぐらをか
いてテレビを見始めるわ、飲んでいたビールの味がまるで記憶に残らなかった。

「し、しんちゃん ちょっと」
「え、あ そうか。説明するの忘れてました。ちょっと家事が忙しかったんで」
「レイ、どうしちゃったの?」
「簡単にいうとですね、綾波に見えますけれど中身、惣流なんです。」
「ふぇ?」
「ですから、外見は綾波なんですけれど、中身が入れ替わっちゃって。綾波
はちゃんと家に帰ってますよ。外見が惣流ですけれど」
「ふぇ?」

1時間ほど経過してようやく事態を飲み込めたミサトはそれでも外見が綾波
レイである以上、ものすごく違和感を覚えていた。当然声も綾波レイなわけで
明日からどうやって生活しようか本気で悩んでいた。

とうのシンジも
------綾波の姿でタオル一枚で出てきた時には、ドキドキしちゃったよ全く
------中身が惣流だってわかっちゃいるんだけれど、綾波にシンジってよば
れているみたいで、なんだかなぁ。綾波のほうは、大丈夫なのかな


466 : ◆x75mrwOncU :2005/05/03(火) 23:52:50 ID:???
次の朝、やはり登校しないわけにもいかず、そしてまた当然のように学校
は騒然となった

「な、なんで綾波とシンジが一緒に登校してきてんだ?」 とか
「なんか、今日の惣流、ずいぶんしおらしいやないか」  とか

「綾波、随分とまぁ、明るい性格になったもんだ」 とか
「惣流さん、おしとやかになっちゃって、もう完璧」 とか

しかし、その日の昼休み いつものメンツが集まって事情を知ると
「なんや、そういうことかいな。随分と綾波の性格かわりよったと思った
が。じゃぁ、こっちの惣流の顔しとんのが綾波かい」
「えぇ、そうよ」
「なんか、新鮮だ・・・カメラに納めておこう」
「けれど、二人とも大変ね。これから」
「全くよ。ひかり 男子どものいやらしい目にさらされていると思うと虫酸
が走るわよ」

-------綾波は体がかわっちゃってもいつものマイペースか。外見がアスカ
なんだけれど雰囲気が変わってないなぁ。

「たとえば、このバカシンジみたいな目ね。あんた、アタシの体見つめないで
よ。全く変態が」
「ち、違うよ。綾波が・・・・」
「綾波がぁ じゃないでしょうが」

しかし、ことはそんなに単純ではなくなるのが、この後起きた使徒の襲来で、
はっきりすることになる。

467 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/04(水) 22:56:51 ID:???


468 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/05(木) 03:47:31 ID:???
はっきり言っていい?なんつーか今の時点ではっきり言って微妙。

469 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/05(木) 23:14:42 ID:???
こう言っちゃアレだが、使い古されたネタだからな〜

470 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/05(木) 23:50:46 ID:???
なんか文章も微妙

471 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/05(木) 23:52:55 ID:???
おまえら、はっきり言えよ。つまんねって

472 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/06(金) 03:23:13 ID:???
投下お疲れ様です。私は応援してるので続き頑張ってください。
使い古されたネタだと言う意見は翻って言えば王道ということなんで、
初めての投下なら全然良いと思いますよ。
あ、文末の表現は「…た」の形ばかりではなく、色々変えてみると良いと思いますよ。
あと、会話の羅列だけというイメージをもたれないように会話の間に
もっと地の文を挟むんだほうが良いとも思います。
では、続き期待して待たせて頂きます。

473 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/08(日) 23:23:11 ID:???
マダー?

474 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/09(月) 14:22:54 ID:???
君には期待しているよ

475 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:09:33 ID:???
駅構内から外に続く階段を上がると、多くの人々が道を行き交っていた。
やはり、休日だからこんなにも人が多いんだと、シンジは改めて思った。
「えっと・・・。」
シンジはゲンドウから預かったメモを取り出した。
そこに記された場所は、ここからすぐ目の前だった。
「じゃ綾波、行こう。」
そう言って隣を見ると、レイが前をじっと見ているのが目に入った。
「綾波、どうしたの?」
その声にレイはハッとして、
「うん・・・こんなに人が多いなんて、思わなかったから・・・。」
と答えた。
「あ・・・そっか・・・。」
シンジは、電車での彼女の様子を思い出した。
「綾波・・・大丈夫?」
「うん、大丈夫・・・。心配しないで。」
そう言ってレイは少し微笑んだ。
彼女の笑顔を見ると、シンジも安心した。
(大丈夫みたいだな。)
そしてシンジは目線を移して、ちらりと本屋の方をうかがった。
「じゃ僕は向こうの本屋に行くけど、綾波はどうする?」


476 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:10:18 ID:???
すると彼女は不思議そうに首をかしげた。
「あの・・・僕が本屋に行ってる間に、綾波は先に服を買いに行ったらどうかな・・・って思ったんだけど。」
シンジがそう言うと、レイは少し眉をひそめた。
「・・・綾波?」
「・・・私と一緒にいるのが嫌なの?」
「えっ?」
彼女の言葉は、シンジがまったく予期していなかったものだった。
自分の本心はむしろ逆だった。
シンジは彼女と一緒にいるのがとても恥ずかしかった。
はたから見ると、自分たちはどういう風に見えるかと考えると冷静でいられなくなる。
だから少し距離をおきたいとシンジは思っていた。
「・・・そうなの?」
「そっそんなわけないじゃないか!・・・何言ってんだよ。」
「そっか・・・よかった。」


477 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:11:01 ID:???
レイはまた笑顔を見せた。
シンジは背筋がゾクッとするのを感じた。
彼女の表情の落差に思わず惹きつけられてた。
「私も行く。」
「・・・。」
「・・・碇君?」
「・・・え?ゴメン、何?」
「私も一緒に本屋に行く。」
「あ・・・うん。」
「・・・はぐれると困るから・・・。」
「そっか・・・じゃ行こう。すぐそこだから。」
といってシンジは歩きだした。
レイもすぐ後に従った。


478 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:11:47 ID:???
本屋のすぐそばまで、二人は無言で歩きつづけた。
シンジはレイに何度も話し掛けようと思ったが、話題が見つからなかった。
彼女も居心地が悪いのではないかと心配になった。
「碇君。」
レイが先に口を開いた。
こういうとき、いつも自分は話し掛けられるほうだなとシンジは思った。
「何?」
歩きながらシンジは答えた。
「・・・どうしてさっきあんな事言ったの?」
「あんな事?」
「・・・私に先に服を買いに行ったらって。」
「あぁ・・・それは・・・。」
シンジは思わず本音を言いそうになった。
「それは?」


479 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:12:33 ID:???
「その・・・ほら・・・。」
シンジは何か別の理由を探そうとしたが、なかなか見つからない。
レイは大きな瞳をシンジに向けていた。
「・・・別に理由はないよ。」
シンジはやっとの思いで言った。
「ホントに?」
彼女は顔を近づけた。
シンジの胸は高鳴った。
「ホ、ホントだよ。」
「そう・・・。」
彼女は残念そうに息を吐いた。
いったい僕がどう答えると思っていたんだろう、とシンジは思った。


480 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:13:17 ID:???
そして書店にたどり着いた。
二人は中に入り、そしてシンジはまず壁にかけられている案内板を見た。
新刊コーナーや、文庫・新書コーナーが1フロアずつあり、目的の本は5階にあるらしいことがわかった。
「じゃ僕は5階まで行くから、綾波はこの辺りで待っててよ。」
「えっ・・・?」
「すぐ戻ってくるから。」
そういってシンジはレイの返事を待たずにそばの階段を上っていった。
「あっ・・・碇君・・・。」
彼女の声はシンジには届かなかった。


481 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:14:02 ID:???
3階まで一気に駆け上がったシンジは、そこで一息ついた。
ふーっと息を吐いてから、シンジは再び階段を上り始めた。
彼女が「一緒に行く」といったとき、シンジは心のどこかで嬉しいと感じていた。
しかし、そうなるといつも逃げ出したくなるのも確かだった。
(どうしてだろう・・・。)
と、シンジは考えた。
つい最近までは、こんな感情を抱いたこと無かった。
レイをいとおしい、かわいいとは感じていたが、そばにいて胸が高鳴ることは無かった。
それは妹を持つ兄の感情だとシンジは感じていた。
だが最近はまったく違う。
もし彼女が妹でなく、ただの女性だったら、シンジはこの感情に素直になれたのかもしれない。
(ひょっとして僕は・・・。)
そこまで考えて、シンジはハッとし、頭を振った。
すでに5階にたどり着いていた。
もう一度メモを取り出し、本の題名を確認した。


482 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:14:47 ID:???
生物のコーナーにたどり着いて、シンジは本を探した。
「あ・・・あった。」
その本は思っていたよりは厚くなく、持ってみると意外に軽かった。
シンジは本を手にしたままレジに向かった。
「いらっしゃいませ。」
店員がにこやかに答えた。
「コレ、お願いします。」
「はい・・・・1980円になります。」
(薄い割に高いんだな・・・。)
シンジは父から預かっていたお金を出した。
「ありがとうございました。」
シンジはレジを後にし、階段に向かった。
そこで一瞬立ち止まり、大きく息を吸った。


483 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:15:33 ID:???
1階にたどり着いたシンジは、辺りを見回してレイの姿を探した。
しかしどこにも彼女の姿は無かった。
(綾波・・・?)
1階のすべての場所を探したが、見つけることができない。
シンジは突然大きな不安に襲われた。
心の中で何度も彼女の名前を唱えた。
もし、彼女が自分の手が届かない遠くに行ってしまったら、と考えるとシンジは冷静でいられなくなった。
ふと、シンジは顔を上げた。
外に通じる自動ドアの向こうに、彼女の青い髪が見えた。
シンジはほっと息を吐いた。
(何をあせってたんだ・・・僕は・・・。)
シンジは外に出ようと、歩き出した。


484 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:16:17 ID:???
書店を出たとき、レイの様子がおかしいことに気づいた。
よく見ると、彼女のそばで見知らぬ男性がしつこくレイに歩み寄っていた。
シンジの胸の奥で、ふつふつと煮えたぎるような感情が湧いた。
そしてすぐさまレイのもとまで駆け寄った。
「綾波。」
「あ、碇君・・・。」
「行こう。」
そう言ってシンジは彼女の腕を引いた。
「あっ。」
レイはシンジの力が思ったより強かったので、一瞬よろけてしまった。
シンジはそばの男性に一瞥して歩き出した。
「あの・・・。」
その男性は呆然と立ち尽くしたままだった。


485 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:17:02 ID:???
「碇君。」
とレイは呼びかけたが、シンジは彼女の腕を引いたままずっと前を見て歩いていた。
「碇君・・・。」
シンジはまだ答えない。
「碇く・・・」
もう一度呼びかけようとしたとき、シンジは急に立ち止まり、手を離した。
その拍子で、レイはシンジの背中にぶつかってしまった。
「痛っ。」
レイは顔を手で抑えた。
シンジはまだ前を向いたままだった。
「碇君?」
「ゴメン、綾波。」
「え?」
「ゴメン、綾波を一人にして・・・さっき、大丈夫だった?」
「あ・・・うん。」
「そう・・・良かった。」
シンジはニッコリと笑った。
それを見たレイは思わず顔を赤くしてうつむいてしまった。
「さっき綾波が1階にいないから、心配したよ。」
「・・・そう。」


486 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:17:47 ID:???
レイはうつむいたまま答えた。
「綾波・・・それ何?」
シンジは彼女が握っている一切れの紙が気になって尋ねた。
「これは・・・さっきの人がくれたの。」
それを聞いてシンジはレイの手から紙を奪った。
どうやら名刺のようだった。
「・・・・芸能プロダクション。・・・何コレ。」
「うん、気が向いたら電話してって・・・。」
「ふ、ふぅーん。」
シンジは言いようの無い居心地の悪さを感じていた。
「僕はてっきり・・・ナンパかと思った。」
「・・・ナンパ?」
「うん・・・それで綾波が話し掛けられてるのが目に入って・・・。」
「・・・。」
「なんかよくわからなくなって・・・思わず綾波の手を引っ張って・・・悪いことしちゃったかな・・・。」
シンジはそこまで言ってレイの方を見た。
彼女は顔を真っ赤にしている。
シンジと目が合ったとき、彼女はすぐにうつむいてしまった。
「綾波?」
なぜ彼女がこのような状態なのか、シンジにはわからなかった。


487 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:18:51 ID:???
「どうしたの?」
シンジが歩み寄ると、レイはポツリとつぶやいた。
「・・・バカ。」
「えっ・・・。」
シンジが言葉を失っている間、レイはの腕を引いて口を開いた。
「もう、平気だから・・・。」
「あ・・・うん。」
そしてレイは前に歩き出した。
シンジもあとに続いた。
ただ、彼女のつぶやいた「・・・バカ。」という言葉が、ずっとシンジの頭に引っかかっていた。

おわり


488 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/09(月) 23:21:44 ID:???
ふぅーやっと終わった。
というかまだ二人のお出かけが続いてるんですよね。
長すぎと思っていながら、あと2〜3回は続きます。
さて、このパートが終わったら、アスカとかカヲルとか二人に絡めようかな・・・。
長々と独り言すいません。
ではまた次の機会に。

489 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/10(火) 03:42:00 ID:???
投下ご苦労様。と言うか、ありがとう、いつも面白い作品提供してくれて
仕事帰りに癒されました。続き期待してます。

ああ、レイがかわいいなァ

490 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/10(火) 12:25:12 ID:???
禿おってゅ。続き期待!

491 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/12(木) 06:05:05 ID:gscbLrKm
age
(・∀・)イイ

492 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/12(木) 19:25:04 ID:???
グッジョブ(*´Д`)ハァハァ

493 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/12(木) 19:38:09 ID:???
ながちゃん とかいうクソッタレの小説と、とりもちとかいうクソッタレ以外で

マイナーながら素敵なLRS長編ありますか?

494 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/12(木) 20:05:05 ID:???
>>493 
スレ違いね。
お勧めLRS小説を教えて…スレは
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/eva/1113404900/l50
ここね。あと、君のような書き方は荒れる原因になるのでもうちょっと
言葉遣いを優しくしようね。
気に入らないかもしれないけど、私のお勧めは
MIDNIGHT SUN
にあるエヴァンゲリオン戦記。かなり設定が人を選ぶ話だけど個人的には
かなりいいと思う。まぁここらは個人の感性なんでどうこう言わないでね。

495 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/16(月) 12:50:53 ID:???
確かにいいね。

496 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/16(月) 23:37:33 ID:???
まだー?

497 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 01:38:41 ID:???
投下まだーーーーーーーーーーーーーーーーーー??

498 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:54:00 ID:???
「碇君。」
シンジが考え込んでいるとき、不意にレイの声がしたので顔を上げると、
彼女の顔がすぐ近くだったことにシンジは驚いた。
レイはそれを気にもかけず続けた。
「・・・今セールをやってるデパートって、どこ?」
「え?知らないの?」
彼女はこっくりうなづいた。
じゃあ何でさっさと歩いていったのかシンジは不思議に思ったが、口にはしなかった。
「ちょっと待って、母さんから地図もらったから・・・。」
シンジはポケットを探った。
「たしかここに・・・あった。」
シンジは取り出した紙を見て、場所を確認してみた。
「・・・ここじゃないみたいだな。」
「・・・そう。」
「うん・・・ここからだいぶ離れてる。・・・歩いて10分ぐらい・・・。」


499 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:54:51 ID:???
するとレイがふわりと顔を寄せて覗き込んできた。
彼女の髪がシンジの腕に触れた。
シンジは思わずドキリとした。
「・・・ホント。・・・結構遠い。」
彼女の吐息がシンジの手に感じられた。
シンジは反射的にそこから離れた。
「碇君、どうしたの?」
「いっいや、なんでもないよ。」
「・・・なんだか、変。」
「べっ別に変じゃないよ。」
「そう・・・。」
「じゃ、早く行こう。」
「うん・・・。」
シンジ達は目的地に向けて歩き出したが、シンジの胸は高鳴ったままだった。


500 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:55:36 ID:???
あまり会話も無いまま、二人は目的地に到着した。
シンジは中に入り、案内板を見た。
洋服売り場は3階だった。
「綾波、3階で売ってるみたいだよ。」
そう言ってシンジは振り向いた。
レイはうつむいたままだった。
「綾波?」
すると彼女はゆっくり顔を上げた。
レイはまったくの無表情だった。
シンジは寒気がするのを覚えた。
「どっどうしたの?」
シンジは声が震えそうなのを抑えていった。
「・・・別に。」
「あ・・・そっか。」
「碇君こそ・・・何?」
「あ・・・あのさ、3階で服を売ってるらしいよ。」
「そう・・・じゃ、行きましょ。」
と言って彼女はスッとシンジの横を通り過ぎた。
シンジは彼女の様子がいつもと違うなことを不思議に思いながらも後に続いた。


501 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:56:20 ID:???
そばにエスカレーターがあったので、レイはそれに乗った。
シンジも少し遅れて乗った。
(綾波・・・どうしたんだろう・・・)
シンジは彼女が先ほど見せた表情を思い返していた。
(最近はあんな表情を見せていなかったのに・・・)
もしかして自分がさっき見せた態度が原因ではないかとシンジは思った。
シンジは顔を上げて彼女の方を見た。
(・・・また避けていると思われちゃったのかな・・・)
本当は違うのにとシンジは心の中で叫んだ。
説明したくてもできないことにシンジはもどかしさを感じていた。
彼女の後姿をじっと眺めながら、シンジはゆっくりと息を吐いた。
レイは青いスカートから細く、白い足をのぞかせている。
シンジの位置からだと、それが良く見えた。
すらりとした足には、どんなスカートも似合うんだろうなとシンジは思った。
それにもう少しで・・・


502 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:57:05 ID:???
その時シンジはハッとして顔をそむけた。
(な、何をやってるんだ僕は。)
シンジは心拍数が上がっていくのを感じた。
(でも気づいてない見たいだし・・・)
シンジはもう一度顔を上げようと・・・
(だめだ、だめだ!何を考えてるんだ僕は・・・。)
シンジは頭を振ってその考えを振り払った。
(・・・大体、綾波のスカートが短すぎるんだよ・・・)
「碇君・・・。」
「うわっ!なっなっ何!?」
「・・・もう3階についたけど・・・。」
「え?あ・・・うん・・・そう。」
「・・・どうしたの?碇君。・・・顔が真っ赤。」
「あっこれは何でもないよ!」
「ホント?」


503 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:57:50 ID:???
「ホント!ホントだよ!」
「そう・・・。」
レイはニッコリと笑った。
(ふぅ・・・よかった。気づかれなくて・・・。)
シンジはゆっくりと深呼吸した。
そして気持ちを落ち着けて前を見た。
シンジは我が目を疑った。
そこには黒山の人だかりがいたるところに広がっていた。
シンジはその場に立ち尽くしてしまった。
「ちょっと!そこどいてよ!」
後ろから誰かにつつかれた。
「あっすいません。」
シンジがそう言って道をあけると、すごい勢いでおばさんたちが通り過ぎていった。
「すごい人だね・・・。」
シンジはあきれた様子で言った。


504 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:58:51 ID:???
「そうね。」
「・・・綾波・・・大丈夫?」
「・・・何が?」
「え?何がって・・・。」
するとレイが人ごみに突入しようと前に進んだ。
「ちょ、ちょっと待って!」
シンジが彼女の腕をつかんだ。
「何?」
「何って・・・綾波は、その・・・人ごみとか苦手じゃなかったっけ?」
「・・・関係ないわ。」
「関係ないって・・・。」
レイはそのまま前に進んで人ごみの中に消えていった。
「うわ!待ってよ!」
シンジはそこに飛び込むのに一瞬躊躇したが、かまわず進んでいった。


505 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 16:59:38 ID:???
「フゥー・・・。」
シンジはそばのベンチに座り込んだ。
「碇君、大丈夫?」
隣に座っているレイが声をかけた。
「あ・・・うん。全然大丈夫。」
「そう。」
シンジは彼女が平気そうなのが不思議でたまらなかった。
(あれだけ動き回ったのに・・・息ひとつ切れてないなんて・・・。)
それに自分の方が先にへばってしまうなんて情けないと思っていた。
「それにしても・・・綾波、一着も服買ってないよね。」
「うん・・・全然いいの無かったから・・・。」
「あ、そうなんだ・・・。けど僕が着る分にはちょうどいいんじゃ・・・。」
「・・・そんな風だから碇君は成長しないの。」
「なっそれは・・・」
その言葉をさえぎるように、レイが彼の唇を手でふさいだ。


506 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/17(火) 17:01:35 ID:???
「いいから、私の言う通りにして・・・。」
微笑みながら彼女はシンジにささやいた。
シンジは顔を赤くしながらうなづいた。
「このデパート内に、他の洋服店があるかどうか探して見ましょう。」
レイはシンジの口から手を離してゆっくり立ち上がった。
「でっでも、ここの店以外はセールやってないんじゃ・・・。」
「ただ安い服よりも・・・高くていい服を買ったほうがいいから・・・。長く着られるし・・・。」
「あ・・・そっか。」
「じゃ、行きましょう。」
シンジも立ち上がって、彼女の後に従った。
(・・・ひょっとしたら僕は一生綾波に逆らえないのかも・・・)
そんな考えがシンジの頭をよぎった。

おわり(つかれたー、もうやめようかな・・・。)

507 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 17:22:27 ID:???
お疲れさん。相変わらずの好作品。
それにしても、やめないデー。楽しみにしてるんだよー。
でも、つかれたのなら無理しないで暫らく休むというのもいいと思う。
作者さんが楽しんで書けなかったら意味ないと思うし。
そうなったら私はゆっくり待ちますよ。

508 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 19:56:46 ID:???
乙であります!

509 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/17(火) 22:37:53 ID:???
乙です!やめないでぇ…数少ない楽しみなんだ…

510 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 19:51:15 ID:???
乙!やめないで下さいね(´・ω・`)

511 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 20:12:42 ID:???
貞本のように長期休載しても全然かまいませんからお願いします。

512 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 20:22:00 ID:???
やめたきゃやめれば

513 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 20:34:10 ID:???
無理して書き続けることもないんじゃない

514 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/18(水) 20:34:36 ID:???
512

515 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/19(木) 11:00:43 ID:???
は皮かむり

516 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/20(金) 18:59:36 ID:???
あぁ…乙です。作者様には妹はいらっしゃるのか?こんな妹が欲しい(´・ω・)

517 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/20(金) 19:27:01 ID:???
妹萌え

518 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/20(金) 22:22:22 ID:???
嫌々書いてるんならもう投下しなくてもいいよ先生。
そんな作品あんまり見たいとも思わないし。俺はあなたの作品好きだったから
続きが見れないのは残念っちゃー残念だけど。疲れたんなら周りを気にしながら
無理して書く必要もないと思う。


519 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/20(金) 22:29:06 ID:???
たぶん、みんなが引き留めると思っていたんだろうなあ

520 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/20(金) 22:54:25 ID:???
俺もそう思う。残念だが作者が嫌々書いてる作品見たって面白くもなんともないし。
投下したくないんならもうしなくてもいいよ。今まで乙でした。
>>519
君もよけいな事言わなくていいと思うよ。

521 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 01:30:29 ID:???
 <電車の中にて>

「碇君、どうして私の料理を食べないの?(怒)」
「許せなかったんだ。綾波が、いつも僕が作った料理に
 ニンニク(6個分)をすりおろしてかけるのが・・・・・」
「あなたはニンニク料理を食べようとしたの?」
「食べようとした。」 
「どうして食べようとしないの?(怒怒)」
「食べようとしたんだよっ!!」
「どうして食べようとしないの?(怒怒怒)」
「食べようとしたんだってば!!でも、綾波はニンニクの量の
 加減を覚えてくれようとしないんだ」
「そうやって、嫌な食べ物から逃げ出すのね・・」
「いいじゃないかっ!?綾波は「特製よ・・・・(ポッ)」って
 いってるけど、ただのニンニクかけすぎの料理じゃないか!?
 臭い料理から逃げ出して、何が悪いんだっ!!」

ガタンッ・・・・・
   ゴトン・・・・・
     ガタン・・・・・
          ゴトンッ・・・・・
                   <終>



522 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 01:32:17 ID:???
スレ違いスマソ(´・ω・)

523 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 16:01:45 ID:???
晒しage

524 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 16:06:16 ID:???
>>521
場が少し和んだから良しとしよう。


525 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/21(土) 19:22:17 ID:???
乙ー

526 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 15:26:11 ID:???
綾波は今日も学校を休んだ。僕やアスカは毎日ネルフで顔を合わせているけど、ケンスケなんかは被写体がいなくなっているから文句を言っている。
そんなこんなでようやく綾波の住んでいるマンションに着いた。
「綾波…いるかな?」僕は鳴らないと知りつつも一応インターホンを押してみた。返事はない。
「綾波ー!入るよ!今日学校で渡されたプリント持って来たから!」
やっぱり綾波の部屋には包帯や血まみれのティッシュが散乱していた。しかし、肝心の綾波がいない。
「ひょっとしてまたお風呂とかかな…」 そんな音は聞こえない。ちょっと残念かな…。
「な、なにを考えているんだ僕は…」
ちょっと顔が赤くなってしまったようだ。
「何を考えていたの?碇君。」
そこにはまたバスタオル一枚の綾波がいた…

527 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 16:52:31 ID:???
綾波は今日も学校を休んだ。僕やアスカは毎日ネルフで顔を合わせているけど、ケンスケなんかは被写体がいなくなっているから文句を言っている。
そんなこんなでようやく綾波の住んでいるマンションに着いた。
「綾波…いるかな?」僕は鳴らないと知りつつも一応インターホンを押してみた。返事はない。
「綾波ー!入るよ!今日学校で渡されたプリント持って来たから!」
やっぱり綾波の部屋には包帯や血まみれのティッシュが散乱していた。しかし、肝心の綾波がいない。
「ひょっとしてまたお風呂とかかな…」 そんな音は聞こえない。ちょっと残念かな…。
「な、なにを考えているんだ僕は…」
ちょっと顔が赤くなってしまったようだ。
「何を考えていたの?碇君。」
そこにはまたバスタオル一枚の綾波がいた…

528 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 16:53:39 ID:???
連投スマソorz

529 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 16:58:44 ID:???
>>528
同人の焼き直しイクナイ

530 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 19:37:26 ID:???
ケンスケが綾波の写真を売ってたという描写はないよね。

531 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/22(日) 19:55:09 ID:???
>>529何て同人?

532 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/23(月) 02:02:45 ID:???
またひとり、ネ申が去ってしまったのか……。
取りあえず乙です先生。


そのうち違う作品でもいいから会える事を…。

533 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:25:20 ID:???
「へぇー、結構服売ってるとこ多いんだね。」
シンジは辺りを見回しながら言った。
紳士服や、婦人服の専門店から、若者向けの服を売っているところまでいろいろな店がデパート内にあった。
さきほどの階に比べて人も少なく、ここならゆっくりと服を選べそうだとシンジは思った。
レイはふっとそばの店に入った。
シンジはそこを通り過ぎそうになったが、慌てて中に入っていった。
店内はそう派手な服はなく、落ち着いた様子だった。
彼女の雰囲気にぴったりだな、とシンジは思った。
「いらっしゃい。」
すぐ後ろから声がしたので、シンジは思わず声を出しそうになった。
高鳴る胸を抑えながらゆっくり振り返ると、そこにはやさしそうなおばあさんがニッコリ微笑んでいた。
シンジはほっと胸をなでおろした。
「おや、驚かせちゃったかね?」
「あ、いえ。そんなことないです・・・。」
するとおばあさんが顔を近づけてきた。


534 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:26:05 ID:???
「な・・・なんですか?」
「・・・キミは彼女とどういう関係?」
「は?」
「だからレイちゃんとどういう関係なんだい?」
おばあちゃんはさらに顔を近づけた。
「あのっ・・・かっ彼女は妹です。」
「いもうと?」
そう言うとおばあさんは首にぶら下げていたメガネをかけ直した。
「・・・言われてみると似てなくもないねぇ・・・。」
「え?そ、そうですか?・・・一応義理の兄弟なんですけど・・・。」
「義理?」
「あ、はい。両親は再婚で、僕は父の、彼女は母の連れ子なんです。」
「ほーそうなのかい。・・・それにしてもよく似てるねぇ。」
「あ、ハハハ。」
(僕の話聞こえてるよな・・・。)


535 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:26:51 ID:???
シンジはふとおばあさんの言葉を思い返した。
するとあることがシンジの頭に引っかかった。
「・・・ところでおばあさん。」
「ん、なんだい?」
「あの、綾波の・・・いや、妹の名前を知ってたみたいですけど・・・いったいどうして・・・。」
「あぁ、それはね・・・。レイちゃんのお母さん・・・ユイさんといったかね・・・。
親子二人でよくこの店に服を買いにきてくれたからね・・・。もう顔を覚えちゃったんだよ。」
「ああ、そうなんですか。」
「おばあさん。」
「おや、レイちゃん。どうしたんだい?」
「これ、試着してもいい?」
「もちろん。」
おばあさんは笑顔で答えた。
「ところで、お母さん再婚したんだって?」
「あ、ハイ。」


536 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:27:35 ID:???
「で、こちらが新しいご兄弟なんだね?」
レイはコクリとうなづいた。
「レイちゃん、気をつけたほうがいいよ。レイちゃんは可愛いから、いくら兄妹でも油断したら駄目だよ。」
「えっ・・・。」
レイはそれを聞いて顔を赤くしてうつむいてしまった。
「おや、もう心当たりがあるのかい?」
「ちょ、ちょっとおばあさん。」
シンジが口をはさんだ。
「なんだい?」
「かっ彼女をからかうのはよしてください。」
「おや、そうかい?レイちゃんはまんざらでもなさそうだったけど?」
そういっておばあさんはレイの方をうかがった。
「・・・試着室借ります。」
「はい、どーぞ。」
レイは顔を赤らめたまま店の奥に向かった。
「ふふふ・・・。」
おばあさんはとても嬉しそうに笑っていた。
シンジはそれを見てると怒る気も失せてしまった。
自分も服を選ぼうとシンジも店の奥に向かった。


537 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:28:20 ID:???
「・・・コレがいいかな・・・。」
シンジは一組の上着とズボンを手にした。
「あのーおばあさん。」
シンジは店のカウンターに座っているおばあさんに呼びかけた。
「なんだい?」
「僕も試着室借りていいですか?」
「ああ、かまわないよ。」
「ありがとうございます。」
「あ、ちょっとまって。」
「何ですか?」
「右側の方、確かレイちゃんが入ってるから、左側つかってね。」
「あ、はい。わかりました。」
シンジは服を手にしたまま試着室に向かった。
(え〜と、たしか右側が駄目なんだよな・・・。)
シンジは念入りに確かめて、左側のカーテンを開けた。


538 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:29:05 ID:???
シャッ
「あ・・・。」
シンジは思わず声を上げた。
レイは白いシャツを上に羽織っただけの姿で立っていた。
「・・・・。」
「・・・・。」
二人の目が合った。
彼女の顔がみるみる真っ赤になった。
シンジは呆然としていたが、すぐに我に返った。
「ごっごごごゴメン!」
シャッ
カーテンを再び閉めた後、シンジはそこから逃げるように去った。


539 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:29:51 ID:???
店内の紳士服コーナーで、しばらくシンジは隠れるように身を潜めていた。
(どどどどどうしよう!)
シンジは以前にも似たような経験があったことを思い出した。
(こっこれじゃあ僕がわざとやってるみたいじゃないか!)
シンジは少し辺りを見回した。
彼女の姿は見当たらない。
シンジはほっと胸をなでおろし・・・
「碇君。」
ビクッ!
シンジは背筋が寒くなるのを感じた。
「あ・・・・綾波・・・。」
怖くて後ろを見ることが出来なかった。
「・・・ワザとなの?」
彼女の声が恐ろしいほど冷たかった。
「いや、それは違う!全然違うよ!」


540 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:30:35 ID:???
「ならどうして?」
「それはおばあさんが・・・。」
シンジは店のカウンターをうかがったが、彼女は知らん振りだった。
(あ〜ずるいな〜。)
「碇君。」
「ハイ!」
「おばあちゃんが何?」
「いや・・・別に何でもないです。」
シンジはどうせ本当のことを言っても信じてくれないだろうと思った。
「・・・信じられない。・・・コレで2回目・・・。」
反論の余地は無かった。
「ハイ、すいませんでした。・・・もうしません。」
「ホント?」
「・・・うん。」
「じゃあこっち向いて謝って。」


541 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:31:20 ID:???
「ハイ・・・。」
シンジはうつむいたままくるりと振り返った。
そしておそるおそる顔を上げた。
シンジには彼女の表情など気にならなかった。
それよりも、彼女が着ているオレンジ色の服、
それに髪を後ろで軽く結んでいる彼女の格好がシンジの心を奪った。
「・・・碇君。聞いてるの?」
「え?あ・・・うん。・・・ゴメン。」
シンジはジーッとレイを見つめていた。
「・・・碇君、何?」
「・・・その服・・・買うの?」
するとレイは自分の服を見た。
「・・・この服は・・・一応着てみたけど、似合わないから・・・。」
「そうかな・・・ものすごく可愛いと思うけど。」
「えっ・・・。」


542 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/23(月) 06:32:05 ID:???
レイは顔を赤らめた。
「けど・・・綾波が言うんだから仕方ないよね。」
「あ・・・うん・・・。」
そのまま彼女はうつむいてしまった。
「・・・綾波?」
「・・・碇君も・・・服・・・選んだら?」
「あ、そうか。そうだよね。」
と言ってシンジは再び服を選びはじめた。

おわり

543 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/23(月) 08:19:04 ID:???
おってゅ。本編レイの髪で後ろ髪結べるかな?

544 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/23(月) 18:30:16 ID:???
はわわわ…
乙であります!

545 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/23(月) 20:04:30 ID:???
二人?も神がいらっしゃっていたとは!乙であります!

546 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/23(月) 20:57:10 ID:???
お疲れさんです。ゆっくり自分のペースで投下してくださいね。
あんまり急ぎすぎての未完よりも、のんびりでも完結の方が良いと思いますんで

547 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/24(火) 17:43:30 ID:???
ドウーイ
マイペースが一番でつよ!

548 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:14:50 ID:???
「おばあさん。」
「おや、もう服は決まったのかい?」
「うん・・・コレを・・・。」
レイが差し出したのは、オレンジ色のシャツと白いスカートだった。
「おや、珍しいねぇ。こんな派手な色、めったに着ないだろうに・・・。何か心境の変化でもあったのかね?」
レイは顔を赤くしたが、おばあさんはこれ以上聞かなかった。
「はい、3000円ね。」
「え・・・あの、でも値札には4000円って。」
「ふふ・・・いつもきてくれるからサービスだよ。」
「でも・・・。」
「いいんだよ。気にしないでおくれ。こうしないと私の気がすまないもんでね。」
「あの・・・ありがとうございます。」
レイはぺこりと頭を下げた。
「いえいえ・・・それより、ほら、彼氏が向こうで困ってるみたいだから行ってやって。」
またレイは顔を赤くした。


549 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:15:35 ID:???
普段が白いだけにそれが余計に感じられた。
レイは上気した顔のまま、もう一度頭を下げてシンジのもとへ向かった。
「ふふ・・・あの子もすっかり変わったね・・・。」
おばあさんがポツリとつぶやいた。

シンジは服の売り場で立ち尽くしていた。
(いったいどれにしたらいいんだろう・・・)
今まで服をこんな風に選んだことは無かった。
考えれば考えるほどわからなくなる。
(・・・もう何でもいいや。)
シンジは適当にそばの服を手に取った。
(一応試着した方がいいかな・・・。)
おばあさんに許可をもらおうと振り返ると、そこにはレイが立っていた。
「あ、綾波。・・・もう服買ったんだね。」
「・・・うん。」


550 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:16:20 ID:???
「どんなの買ったの?」
「それは・・・。」
レイは顔を赤くした。
「えっどうしたの?」
彼女の態度がおかしいことをシンジは不思議に思った。
「私のことはいいの・・・それより碇君はもう決まった?」
「あ・・・うん。コレなんかどうかなって。」
レイはじっとその服をを見た。
「・・・そんなのダメ。」
「え、そうかな・・・。」
「うん・・・碇君には全然似合わない。」
「え・・・。」
(ひどい・・・。)
「ちょっときて。」
そう言ってレイはシンジの腕を引っ張った。


551 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:17:05 ID:???
シンジは彼女の言葉に軽くショックを受けながら彼女の後を歩いていた。
するとレイは立ち止まった。
「碇君、コレ持ってて。」
彼女はそばにあったジャケットをシンジに渡した。
「あ、うん。・・・わかった。」
(さっき僕が選んだのと、どこが違うんだろう。)
シンジは釈然としなかったが、大人しく彼女に従った。
次にレイはジーンズがたくさん並んであるところに向かった。
(こんなのに違いなんてあるのかな・・・)
シンジの目にはどれも同じに写った。
彼女があれこれ思案していることが不思議でたまらなかった。
(どれも同じだよ・・・)
「碇君、コレ。」
「え?」
レイは掛けてあったジーンズをシンジに渡した。


552 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:17:50 ID:???
「じ、じゃあコレを着ればいいんだね?」
彼女はゆっくりうなずいた。
「うん、わかった。」
シンジがそう言って試着室に入ろうとしたとき、不意にレイが口を開いた。
「・・・安心して。」
「え?綾波、何?」
「私は碇君と違ってのぞいたりしないから。」
「なっ何だよそれ!僕は・・・」
「いいから早くして。」
「あ、ハイ・・・。」
(やっぱり逆らえないな・・・)
シンジはため息をつきながらカーテンを閉めた。


553 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:18:35 ID:???
しばらくして、シンジはゆっくりカーテンを開けた。
「あ、綾波。・・・どうかな?」
シンジはなんとなく照れくさかった。
「あ、碇君。襟が・・・。」
「え?」
レイはシンジに近づこうと、試着室に入ってきた。
シンジは思わず後ろに下がったが、すぐ壁にあたった。
「え・・・あ、自分でやるから。」
「・・・じっとして。」
彼女はシンジの言葉にかまわず近づき、ジャケットの襟を正した。
二人の距離はほとんど無かった。
シンジは胸が高鳴った。
「・・・これで大丈夫。」
「あ・・・ありがと。」
シンジは彼女を抱きしめたいと思ったが、それを必死で抑えた。


554 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:19:20 ID:???
レイはもう一度後ろに下がってシンジの格好をじっと見た。
「・・・うん。・・・いい。」
彼女が誉めてくれたことで、シンジは嬉しくなった。
「そ、そう?じゃ、コレにしようかな。」
シンジはこの服を買うためにそれを脱ごうと再びカーテンを閉めた。
「碇君待って。」
そう言ってレイがカーテンを開けた。
「え?何?」
「このままの格好で大丈夫だから。」
「え・・・でも。」
「そのまま着ていったほうがいいわ・・・その方が・・・。」
レイは何か言おうとしてそれを飲み込んだ。
「あ、綾波が言うんなら・・・そうするよ。」
シンジは自分が家からきていた服を持ってレジに向かった。


555 :先生 ◆jisaITln1s :2005/05/24(火) 20:20:05 ID:???
支払いを終えて、店を出ようとした時、シンジはおばあさんに呼び止められた。
「はい、なんですか?」
「そういえばあんたの名前聞いてなかったからね。なんて言うんだい?」
「あ、シンジです。碇シンジ。」
「ほーシンジ君かい。いい名前だね。」
「そ、そうですかね・・・ハハハ。」
「それより、レイちゃんを大事にしなさいよ。」
「えっ・・・。」
「しっかり支えてあげないと、女の子の心は傷つきやすいんだからね。」
「あの・・・それはどういう・・・。」
「ふふ・・・私の言いたいことはそれだけさ。・・・ほら、早くしないと彼女においてかれちゃうよ。」
「・・・あ、ホントだ。おばあさん、ありがとうございました。」
「またいつでもおいで。」
シンジはレイを追っていった。
おばあさんはその二人の後姿を見ながらずっと微笑んでいた。

おわり

556 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/24(火) 20:30:20 ID:???
gj!!!!

557 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/24(火) 21:10:50 ID:???
乙。

558 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/24(火) 23:09:40 ID:???
タマンネーナ!チキショイ!

559 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/25(水) 19:52:43 ID:???
乙ぱい!乙ぱい!

560 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/27(金) 19:01:06 ID:???
グジョブ!!

561 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/05/30(月) 18:35:30 ID:???
GJだぜブラザー!!

562 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/01(水) 12:00:11 ID:???
何か暇つぶしに投下する?

563 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/01(水) 12:56:27 ID:???
投下してください

564 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:2005/06/01(水) 19:04:41 ID:???
投下して

211 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)