5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【舞-HiME】藤乃静留総合スレ9【堪忍な♪】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 20:14:24 ID:+oaqPZjc
プロフィール&インタビュー

名前: 藤乃 静留
よみがな: ふじの しずる
年齢: 17
身長: 162cm
体重: 46kg
血液型: AB
誕生日: 12/19
星座: いて座
B/W/H: 85/57/82

INTERVIEW:
Q:好きなことは?
「可愛らしい女の子見るんは、楽しおすなぁ」
Q:苦手なことは?
「急かされるんは嫌いどす。物事はゆっくり構えへんと」
Q:好きな食べ物は?
「いもぼう。ご存じおすか?」
Q:好きな言葉は?
「『玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする』」
Q:好きな色は?
「薄紅藤、半色(はしたいろ)……薄い紫系の色とかが好みどす」

声優:進藤尚美

前スレ
【舞-HiME】藤乃静留総合スレ8【堪忍な♪】
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1114964862/

まとめサイト
ttp://moesizuru.fc2web.com/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 20:15:34 ID:+oaqPZjc
チャイルド: 六首の大蛇「清姫」
「たいせつなもの」: 玖我なつき

Q.静留は何で一番地のこと知ってたの? 一番地topの婆さんはどうなったの?
 23話にて、黎人が「凪、静留さんに一番地について教えてあげて」と言うシーンがあります。
 婆さんは……死んだんじゃないですかねぇ。描写されてませんが。

Q:ぶぶ漬け女って?
A:京都弁でお茶漬けの意味がぶぶ漬け、作中で京都弁を喋るキャラは静留です。
  京都には、煩わしい客を「ぶぶ漬け食わはりますか?」といって暗にお帰りをねがう風習がある。

Q.なつきと静留の消滅の件
なつきがシルバーカートリッジを清姫に叩き込んだ次のシーンに二人が消えているのですが、
ゆっくり見るとなつきの方から先に光の粒子になり始めてます。
ので、清姫死亡、静留敗北、「たいせつなもの」なつき消滅開始→なつき敗北、「たいせつなもの」静留消滅開始、
という流れがほぼタイムラグ無しで起こった、ってところだと思われます。

Q.25話でのなつきの「好きだ」の意味は?
なつきの「好き」は親友の意味です。このことはアニメブック2学期の16ページ(なつきの紹介)と24ページ(静留の紹介)に説明がなされています。
16ページ:……HiMEとしての力を取り戻す。そして「親友」として静留と戦い、共に消滅した……。
24ページ:だが、その戦いが相打ちに終わったとき、静留は初めてなつきの気持ちを知る。自分は、なつきにとって本当に「一番大切な友人」だったのだと……。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 20:19:22 ID:cbmzdDSZ
>>1


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 20:31:25 ID:CDlW5D9T
     l  〃  |  i ! | |    l、 \  、     \! l、
.     l 〈 l  │ l ! ! ヽヽ   | ヽ ヾ ヽ    ! ! !  !
     | |  !  | l トヽ‐-ヽヽ、 ヽ-ヽr‐ヽ l、 ! | | ! l ト、 
     ! !  rヽ |_ゝ!ニニ,ミ丶  \ゝニヽ-‐リ- ! ! !ハ !  !
     ! |  |  !‐ゝ{ゝr`j `     イrアj`ゞ! !ノ  ! ! ! !
     ! l  l  !l   ̄ ´    i   ー`- ' レ' !  │ ! | !
.    ! | |  !       │       /,イ   l  ! !ヽ
    /! | !   !       、 ,      /^r v-!   ! ! !  !ヽ    >>1はん乙どすえ
.   / |  !│  !ヽ    、_______,  /゙,r'|゙亅 !    ! | ! l ヽ
  /    !!   ! \    ─‐  / / / /7 !    ! ! ヽ ヽヽ
  | 〈   l    l、 r`ト、     ,〃/ / 〃l  l    |  ! ヽ ヽヽ
-、_l、 ヽ  !    レ' ヽ ` ー- | / /=@/ / / |  !    ! ヽ ヽ ! ヽ
  `ーl´ ̄´ ! !   ! l、 ヽ   〃 / / / ! 、 ヽ |    │ヽ ヽ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 20:36:50 ID:P5j34ZZd
>>1
乙橘学園

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 21:25:55 ID:nrYhDw94
>>1
乙〜

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 21:41:50 ID:PSqc6kZh
      ,ィ^ '⌒'`ヽ、  
       /ハ/_v、l_ヽl  i  
     l !l '、_,  、_,.| l |  
      l ||  ,ィ==、|! !  
     ノ !| ソ 7_ ニ{ノ! l l  乙どす
    { l/(_ イ-.rく_┤| 〉  
     Vヽ _スニ`_/ 入  
    /  /lニYTニく   ヽ  
    `ー1人、/-ヽクiヽ- '  
       r'´, -〈 r‐、 ト、|  
      rV {  l!__,.V ├i  
      `!T'ヽニ ヘ= ヘ´| |  
      | |  ヽ  i  ||!  
      |_|  ├ ヘー1.! !  
      Ll    ー'^ー' Ll  

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:10:58 ID:EZwL5ORf
>>1
乙!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:12:42 ID:x//Au4SB
>>1
オツカレチャーン!

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:21:30 ID:izjV9iZz
>>1乙華麗。

某葱同盟、もう50人越えなんだな…なんて勢いだΣ(゚Д゚)

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:43:31 ID:iF3NN5h4
>>1
乙です。
ずっとROMってたんだけどSS投下させてください。
静留卒業して一人暮らし設定なのでそういうの嫌いな方はスルーでよろしく。



日差しは穏やかに降り注ぐ。
新緑の木々はちらちらと光を反射し、光る。
風がゆるやかに亜麻色の髪と纏う衣服を揺らしていく。
静留は陽光に目を細め睫を伏せた。

穏やかな春だ。あの日々が嘘のように。

「嘘やあらしませんなぁ・・・」

嘘などであるはずがない。この手は刃を握り、いろいろなものを傷つけた。

「うちだけは、忘れるわけには・・・」

唇をかみ締める。柔らかな光が今は遠い。

「なつき・・・」

唇に乗せるだけで音にはしない。
大事な人は美しい言葉をくれて、今もあんなことをした自分の傍にある。
笑ってくれること、ただそれだけで。

手にいれたかったのも心からの気持ち。
いっそ心などなくてもなつきが欲しかった。
何度あのときに戻されても同じことをしてしまうと思う。それでも。

ほんとうは、いてくれるだけでよかった。

「今となってはあんたが幸せでいてくれたらうちはそれでええんどす・・・」

なぁ、なつき―


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:44:29 ID:iF3NN5h4
何週間かぶりの友人に軽く手をあげると、街路樹の下の影も手を振って答える。
卒業式の後もなんだかんだと理由をつけて会っていたというのに、最近は互いの予定が合わなかった。当たり前とはいえ、変わらない友人の姿に頬が緩んだ。

「なつき、なんやえらい久しぶりやねぇ」
「本当だな。元気だったか、静留」

名前を呼ばれ目を細める友人への違和感にふと首をかしげる。

「どないしたん?」
「ん、あぁ・・・そうか。おかしいな。私服姿など見慣れているのに、おまえが制服を着ていないのがちょっと変な感じで」
「なつきはいつもどおりどすな」
「あぁ。しかたないだろ、補習帰りなんだから」

苦笑いをするなつきに静留も微笑みで応じ、どちらからともなく歩きだす。
なつきはあれから随分表情が丸くなった気がする。
先ほどのやり取りも、普段なら唇を尖らせていただろうに今は穏やかに笑うだけだ。

「それでな、命が―」

相槌をうつ静留の目がなつきの髪あたりでふととまる。
ハナミズキの白い花弁が背中に流れる髪に絡んでいた。
何気なく指先でつまんで取ろうとした静留の動きがふと淀む。

「静留?どうかしたか」

親友の瞳の陰りに気付きなつきが問いかけた。

「え?」

綺麗に手入れされた指が自分の右肩上方に留まっていた。
腕を伸ばしたまま動きをとめた静留の表情はなぜか途方にくれた、頼りない子供のもののように見えて驚く。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:45:35 ID:iF3NN5h4

「静留?」
「ん?あぁ・・・なつき、髪に花びらが絡んでますえ」

留めた手をそのままなつきの背に伸ばし、花弁を取ると同時になつきの胸あたりを触ろうとする静留はいつもの静留だった。

「ちょっと、おまえ、そんなところにはなにも無いぞ!」
「なにもないことあらしません。なつきのかぃらし胸がほら」
「貧乳って言うな!!」
「いややなぁ、そないなこと言うてませんのに。大事なんは量より質。なつきはこれからですやろ」

ぎゃあぎゃあとじゃれあい、笑いあう。

そうだよな、いつもの静留だよな。

先程の表情は見間違いだった。
そう結論付けてふと空を見上げる。

「ええ天気やね」

風に乗り名も知らない花の匂いが二人の間を通りぬけていく。
違和感がよみがえる。
そうか。距離が遠いんだ。
今も、さっきも。
会ったときの嬉しそうな表情とは裏腹に、静留は抱きついてこなかった。
やっと自分の思いを汲んでくれたのだろうか。
これからもいい関係を築いていけるはずで、喜ばしいことだというのに―
感じる違和感もいずれは消えるのだろうか。
どこか感じる一抹の寂しさと共に。

さぁ、と音をたてて風が吹き抜ける。
舞い散る自分の髪の隙間から覗く静留の姿はひどく儚げに見えて、なつきは自分の感傷を振り切るように首を振った。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:46:32 ID:iF3NN5h4

何度か静留と会った。
今日のように喫茶店、もしくはなつきの部屋で、街で。
話し、笑い、食事をする。
以前と同じ穏やかな空間。以前と同じ、いや以前よりも更に安心できる関係。

「なつき、お塩とってくれはる?」
「なつき、よぉ似合うとりますよって」
「堪忍なぁ、なつき」

記憶に残る声に耳を澄ます。
以前とまったく同じ心地よい会話と関係のはずなのにその端々に感じる違和感。

「もう遅いな。泊まっていくか?」
「おおきに。でもうち明日は早いんよ。今日は帰ります」

答えはいつも同じ、NO。

ぎりり、と唇をかみ締めると口を開く。
眼前の静留はケーキを片付けて優雅にカップを傾けて紅茶をすすっている。

ついこの前も誘いをさらりと断り、静留は帰っていった。
今日は逃がさないぞと口を開く。

「静留。おまえの部屋に遊びに行きたいんだが」
「なんやの、なつき。どないしはったん?いきなりそんな」
「前から行きたいとは思っていたんだ。行ったことなかったから」
「せやけど・・・」

静留の顔が曇る。

やはり、か。
ため息にとられないように息を吐き出した。

「せっかく外に出てきたんやし・・・うちの部屋はまたの機会でええやないの」
「また、ってこの前もまたと言ったぞ、静留」
「あら、そうどした?」
「そうだ!おまえ、やはり私を部屋に入れたくないからっ・・・」



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:47:46 ID:iF3NN5h4
「・・・なつき」

困ったように微笑んで唇に指をあてる静留に、なつきも周りをはばかりばつが悪そうに肩を落とした。

「けど・・・なにか訳でもあるのか?私にいえないことでも・・・」
「違いますえ。そないなこと、あらしません。ただ・・・」

ふと口を噤んだ静留を問い詰めようとなつきがテーブルに身を乗り出した瞬間、頭上から声が降ってきた。

「あの・・・お冷のおかわりは」
「・・・ください」

小さく笑った静留に毒気を抜かれ、グラスを前に突き出して腕を組んで黙り込む。
沈黙が落ちた。


「・・・べつに、なつきに隠してることも、なつきを部屋に上げたないような訳もないんどす。・・・ええよ。ほな、ここでたらうちに寄りましょか」
「・・・うん」

ありがとう、もすまない、も口に出来ず居心地悪く水を含む。


・・・隠してること、か・・・。

中身を干したグラスの底に沈んだレモンの切れ端が妙に目に残った。




帰り道の静留はいやに饒舌だった。

「こないだえらいかぃらしお店見つけたんどす」
「じゃあ次はそこに行こうか」
「ふふ。次、楽しみにしてますよって。あ」

ふと頭上を見上げ、口を噤んだ静留の視線の後をおってなつきも目を上げる。

「ここか?どうした?静留。行くぞ」
「・・・えぇ。お夕飯も食べていかはる?」
「うん、そのつもりだけど・・・迷惑か?」
「そんな、なつきが迷惑やなんてことあるわけ無いやないの



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:53:28 ID:iF3NN5h4
瀟洒な印象の建物の中の静留の部屋は、以前と同じ家具が整然と並び落ち着いた雰囲気だった。
静留が開けてくれるドアをくぐり、なんとなく気恥ずかしさを感じながら内部へと足を踏み入れる。室内に漂う香りは主と同じもの。なつきはどこか緊張していた自分に苦笑いをする。

「上着、どこかに掛けて置いておくれやす。
そこ、開けて要るもの勝手につこうてもぅてええさかい」
「うん。静留は?」
てきぱきと自らの上着を片付け、なつきにもハンガーを差し出す。
そのまま静留は長い髪をまとめてキッチンへ向かう。

「もうお夕飯の時間ですよって。なつき、なに食べたい?」
「そうだな・・・お茶漬けと葱以外で」

とたんにキッチンで静留が背を震わす。
「ね、葱・・・ふふふふ」
なつきに背を向け笑い転げる静留に、苦い顔をしていたなつきはふと表情を緩めた。

食事を済ませ、静留の淹れたお茶をすすりながら他愛の無い話をしていると夜も更けてくる。
「なつき、もう帰らんと」
「その・・・静留。今日泊めてくれないか」
「・・・どないしたん?なつき」
静留の表情に影が落ちた。
そうだ。この表情だ。穏やかな春の日差しがかげるような、流れていた水がふと澱むような。
なつきは手にした湯飲みを握り締める。わずかにうつむいた静留の表情は見えない。

「別に何もないが・・・最近あんまり会えなかっただろ?だから・・・一応用意はしてきたんだ。静留、なぁ、だめか・・・?」
「あかんなんて・・・わかりました。狭いところやけどそれでなつきがよかったら」

ふわりと微笑んでお茶をすすった静留の笑顔は完璧だった。
生徒会長を務めていた貫禄そのまま、睫を伏せて優雅に湯のみをおろす。なぁ、静留。
おまえ、いつから私の前でもそんな顔で笑うようになったんだ。
問いかけたい気持ちをこらえる。
随分遠くのほうで車の走っていく音がする。
会話の抜け落ちた室内でかちり、時計の針の音が響く。
「これもこれで、苦しおすなぁ・・・」
「何か言ったか?静留」

口元の微笑みを保ったまま、静留はゆるりと首を振って答えた。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:54:20 ID:iF3NN5h4


「静留・・・起きてるんだろ」

静留のベッドを譲られ、その傍の客用布団に包まる静留に問いかける。
勧められるままベッドにもぐりこんではみたものの、眠れない。
カーテンの隙間から漏れる月光を睨んでなつきはため息をついた。

「・・・なぁ、起きてるんだろ。昔はわからなかったけど、なぜか今はわかるんだ」

寝息らしき規則正しい呼吸音は聞こえていた。
乱れもない。それでもなつきには確信があった。
薄闇の中布のこすれる音とシャンプーのかすかな香りがする。

「・・・なつき・・・」

かすれた声が耳に届いた。
闇に慣れた目に身を起こした静留の姿が見える。
布団に手をつき、驚いた様子でこちらを見やる静留は少女のようだ。
稚く頼りない。
とてもあんなことをしたとは思えないな。

どこか他人事のように小さく笑ってなつきは静留にそれを寄越した。

「なぁ、おまえ・・なんで私の目を見ないんだ」

静留の目が大きく見開かれる。
手が胸元近くで握り締められていた。
あからさまな動揺を押し殺そうとしているのか。
静留は静かに息を吐き出すと完全になつきに向き直った。

「うちはなつきのことちゃんと見てますえ」
「あぁ、見てるな。でも前みたいにじゃない。仕方のない事かもしれないと思っていた・・・。
でも、いやなんだ。私のわがままかもしれないけどいやなんだ」

差し込んだ月光になつきの髪と目が映え、鮮やかな色を透かす。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:56:21 ID:iF3NN5h4
光に頬を白く浮き上がらせた静留は静かな表情で睫を伏せた。
「・・・なつき・・・堪忍え」

肩を落とし、なにかに耐えるかのように詫びる親友に眉を寄せる。
「なぁ、もういいんだ。少なくとも私に罪悪感を感じなくても・・・いい。
そりゃ少し怖かったけど・・・でも、もういいんだ。もうわかったから」
「・・・けど、うちがなつきにしたことは消えまへん」
「静留!私がもういいと言ってるだろう!」

なだめるように肩に置かれたなつきの手を払った。
ゆっくりと首を振る。
「うちはなつきを傷つけたんどす。なつきだけやない。
ぎょうさんの人に迷惑かけて、壊して・・・
うちは怖いんよ、なつき。自分で自分が怖い。
うちは今でも、あの時に戻ったらまた同じことをするかもしれん。
なつきをもう一度、傷つけてしまいそうで怖いんどす」
静かな表情の、頬の辺りを水滴が落ちていく。

嗚咽も漏らさずに泣く静留に遣る瀬無く奥歯をかみ締める。
胃と胸が焼けるような感覚。
怒りと呼ぶべきか、悲しみと取るべきか。
わけのわからない感情のままなつきは声を荒げる。

「そうやって私から逃げるつもりか。あんなことをしておいて、今度は怖いだと?」
「わかってます。
自分のことは自分でけじめつけますさかい・・・もう少し待っとくれやす。
そしたら・・・」
「そうしたら前みたいに戻れるとでもいうのか!・・・・・・戻れるわけ、ないだろう・・」

怒鳴って、項垂れた。
気がついた。本当は最初から気がついていた。
どうなるかは知らない。明日など知れず、静留も、自分のことも、何一つわからない。
でも、もう戻れない。

「戻れないんだ・・・」
「なつき・・・?」
「おまえの気持ちを知ってしまった私はどうしたらいい?
口をぬぐって、知らないふりでおまえの隣にいろ、とでもいうのか?
・・・そうできたらいいいと思ったこともある。
でも、そんなことは不可能だ・・・」
祈るような気持ちで真摯に思いを言葉にする。
静留はどこか信じられないものでも見るかのような顔をしてなつきを見上げていた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:57:52 ID:iF3NN5h4
「なぁ、静留。我慢なんかしなくていい。
そ、そりゃ少しはして欲しいと思うときもあるが・・・でも、いいんだ。
静留は静留であればいい。もう無理はするな」
「なつき・・・」
「私はちゃんとおまえを受け止めるから。
おまえが間違ってたら止めてみせるし、いやなことはいやと言える。
拒むときはきちんと拒むから。・・・なぁ、泣くな静留。言っただろう?
わたしは、おまえが好きなんだよ」
「なつき、なつき・・・・・・うち、うち」

新たに頬に伝った涙を拭おうと指を伸ばすと、静留の腕が躊躇いがちになつきの肩に伸びる。
目があうと、なにかを恐れる光がかすかに瞳をよぎる。
ベッドからすべり落ちるように静留の隣に座ると、なつきは静留の背に腕を回した。

「おまえの好きとわたしの好きは違うかもしれんが・・・・・・私が静留と一緒にいたいと思うんだ。
静留は私と一緒にいるのは、嫌か?」
「嫌やなんてこと!うちは、なつきと一緒にいられればええんどす。
それだけで、うちは・・・」

顔が見えなくなる寸前の静留は赤い顔をして、泣き笑いの表情は子供のようだった。

多分、自分も同じようなものだろう。
頬が少し濡れているのが気恥ずかしく、こっそり静留の寝巻きの肩に顔をこすり付ける。

「・・・なあ、もう泣くなって。おまえに泣かれるとこまるん、だ・・・」
「・・・じゃあなつき、キスしとくれやす」
「はぁぁあ!?」

肩口から勢いよく顔をあげ静留をまじまじと見つめると、静留は頬に涙のあとを残したまま
いつものように艶やかに、それでいてとらえどころのない顔で微笑んでいた。
「なつきがキスしてくれはったらうち、涙も止まりますさかい」
「ちょ、おまえ、懲りてないな!」
「もういけずやなぁなつきは。前はちゃぁんとしてくれはったのに」
「前は前、今は今だ!」

なつきの絶叫に静留は今度こそ涙を拭い、声を上げて笑った。

「ふふふ・・・残念。・・・おおきに、なつき。ほんまに、おおきになぁ・・・」

頬を染めて目を逸らし、微笑む静留の反面に柔らかな影が落ちる。
頬どころか泣いたせいで鼻も赤く、目は少し腫れて充血していたが静留はとても綺麗だった。
慣れているはずなのに思わず見とれ、そんな自分に驚愕する。
さっきから頬が熱い。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 23:58:48 ID:iF3NN5h4
そうか、泣いたせいか。
でも、今は―

「おい、静留」
「なんどす・・・!!」

振り向きざまに固まった静留になつきは背を向け勢いよくベッドにもぐりこんだ。
一仕事した、という達成感らしきものはあるものの慣れないことはするべきではない。
まだ頬が熱い。

「・・・・・・考えてみれば1度も2度も同じだからな!
こ、今回だけ特別だ!私はもう寝る!お休み!」

これからどうなるのだろうか。それは、誰にもわからないだろうしわかりたくもない。
なるようになればいい。
とりあえずはそれでいい。
心臓が早鐘を打っている。
今日の睡眠は諦めたほうがいいだろうか。

「・・・同じやあらへんよ。・・・お休み、なつき。ほんまに、おおきに」

震える、柔らかな声が背のほうから聞こえてきた。
思わず泣きそうになって、目を閉じる。

それにしても静留のベッドは柔らかくて暖かでとても寝心地がいい。
それに良い匂いもする。
これからちょくちょく、ここで寝かせてもらおうか。
のんきなことを思いながら、なつきは眠りに落ちた。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 00:00:20 ID:iF3NN5h4
おわり。
長くて堪忍。そしていろいろ失敗して本当堪忍・・・!!
ROMに戻るよ!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 00:02:01 ID:RjQ+Iohz
>.>21
何をおっしゃる、メチャ良かったよ! また書いて欲すい!
超GJ!



23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 00:04:18 ID:T/7YsTeB
>>21
相当高い水準に達してると思う。時間があるとき、また頼むよ。
とてもよかった。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 00:04:31 ID:3KWJdQ6J
前スレ>>997の新作4コマ、小説では無償の奉仕っぽいですが。
この漫画ではしっかり元を取っていますな、会長w GJ!


25 :前スレ997です。:2005/05/13(金) 00:06:22 ID:yXvGcGhK
すばらしいSSの後にこんなもの投下してすいません・・
さっき投下したらスレ終わり寸前でしたので
もう一度書き込ませていただきます・・(汗

4コマ2つほど描きましたんでうpしてみました・・m(_ _)m
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1115909634.gif
ttp://www.42ch.net/UploaderAnime/source/1115909306.gif



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 00:16:26 ID:f5OTIgqG
>>21
静留やなつきの心情とか上手く書かれてて、グッジョブ!!
気が向いたらまた書いておくれ

>>25
下着選びの4コマに萌え、グッジョブ!

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:03:39 ID:4OP8NF5K
>>21
GJGJ!!
こういうSSが読めるからこのスレを離れられないんだよなー

>>25
いいねー。
その後はお楽しみだったようで・・・に思わずワロス

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:26:22 ID:yuzhKscL
裏ヨーさんとこの静留にSpoonfedされてるなつきのおててが〜〜。(はなぢ)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:35:38 ID:cS3tfZuS
あそこの静なつ+でぼ雪は毎回たまらんですなあ(*´Д`)ハァハァ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:35:59 ID:zv2mINOA
>>21
GJ!
しんみりと心に響くようでいいね〜 (´д`) b
文章もスゲェうまいよ…また何か考えたら書いて欲しいよ。いや、マジで

>>25
ムハ〜してる静留に心奪われますた… ムハ〜♪

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:42:44 ID:oLnCiy2L
>>11
静留×なつきは今後の関係を色々妄想出来ていいね。
ラブラブなのもいいけどこういう友達以上恋人未満な関係も萌へ。
>>25
なつきのプレリュードの静留エピソードは本当にいいねえ(*´Д`)
命のブラは最初はお下がりかなんかかと思ってたが
よく考えてみたら下着に人一倍こだわりのあるなつきなら
下の4コマみたいな展開は十分にありえるねw

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:44:09 ID:Y5EmKp7Y
最近馬面生徒会長でもいいかなぁとか思ってきた俺は
もうダメだろうな......

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 01:49:16 ID:09Gnxwa5
>>28
Spoonfedって思わず検索しちゃったよ。なるほど、アレにふさわしい単語だ。
それにしてもあのなつきは本当に愛らしい……。口調が偉そうなのがツボだ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 02:36:36 ID:3KWJdQ6J
>>33
ちゃんとフーフーしてよぅに萌えたw
でも一番好きなのは、きよしだったりするw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 02:59:25 ID:eC4xjzqD
きよしかわいいよきよし

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 03:12:22 ID:A9H3rVid
>>11
切なくて初々しくて萌えるなぁGJ!
>>25
会長計算高いよワロス。十分に見返りはあるわけか

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 04:19:21 ID:cjDUzguh
「うち、あんたのこと、好きやったよ。知っとった?」
「ちゃんと言えなかった事、むちゃ後悔しとったんよ。知っとった?」
「誰にも渡したくないって、今でも思っとる。知っとった?」
「ほな、さよなら。もう逢えへんけど。…これは知っとったやろ?」

>>11はこんな感じで終わるとばかり思っていたので、僅か1行であんな方向転換を
するとは考えもしなかった。GJ!
>>25
恐るべし、会長!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 06:16:48 ID:b4H990vN
一日空いて、今日も一枚。
昨日は体調不良で寝てました。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1115932107.gif
静留とでぼちんの髪型は、何回描いても描きにくい…

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 07:13:38 ID:COlJ+t5m
>>11
うわー、よかったよ。すっごい引き込まれた。
よかったらまた書いてー。GJ!

>>25
命のブラ選びと会長立候補にそんな裏が!ワロタw
GJ!

>>38
体育座りの遥モエ-!(゚∀゚) GJ!
体調悪いときは無理せんとゆっくり休んでな。お大事に。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 07:19:50 ID:oLnCiy2L
>>38
羞恥プレイ(;´Д`)ハァハァ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 07:25:05 ID:P2nQVtBp
>>38

おお〜っ、このじわじわと落ちてゆく感じが・・・。
でぼちん最後の時まであと何枚?w

いつもGJです。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 09:22:24 ID:UBsD/7wO
>>38
グッジョブ!!
でぼちんかわいいよ…

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 10:15:29 ID:Af3vCy5a
>>38
会長の次の一手が気になる(;´Д`)ハァハァ  GJ!

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 11:17:26 ID:I6DGFmon
>>38
いつも乙です。
でぼちん、着実に追い詰められていってますなw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 13:02:20 ID:MlrkNCm0
>1
乙です!
>11
>25
>38
いつの間にやら次スレでネ申がこんなにも…(〃▽〃)

裏ヨーさんのなつきがどんどん駄目人間化している点についてw


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 13:06:03 ID:O3BQmpnR
裏ヨーさんの静留、惚れた弱みって奴なのかね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 13:55:33 ID:H8toTRz1
今月末から来月頭にかけて舞-HiMEのアンソロが3冊もでるんだね。
静なつネタはどれくらいあるかな

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 14:11:07 ID:zv2mINOA
小説 舞−HiME(Side-A 秘密の花園ってやつね)のア○メージュ版予告(?)の一部

舞「なつきは、ネ○ミミとかブ○マ姿で登場するとか……ますますヨゴレ街道ばく進中!?」
な「あ、あれは静留から依頼された特殊任務で……」
静「なつきはん、萌え萌えどすえぇ〜」



って……あんたら二人何やってんだよw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 14:17:13 ID:PbKhNodW
なつきはんという呼び方に激しく違和感が。
でも内容的には静なつの絡みはありそうだね。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 15:28:42 ID:Y3/WeRHx
確かにものすごい違和感が…。なんか他人行儀
あと、何気にアニメでもメガミ文庫でも人のこと、はんじゃなくてさんづけで呼んでるよね。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 15:29:14 ID:aIPj+L18
なつきはんって!
会長いったいなつきに何を…(;´Д`)

素敵な神々ご降臨の後に申し訳ないです
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1115964910.gif
いまいち怖くならなかったような…

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 16:06:16 ID:3ngKw+1O
>>51
GJ!
エレメントを構えた姿はやはり様になりますね

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 16:43:24 ID:s7eCKivL
>>51
うわっ!
雰囲気あり杉 キレイな絵でイイ!!
壁紙にしたいくらい

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 16:54:48 ID:UBsD/7wO
>>51
( ・∀・)カコイイ!
線とか色使いがすごく綺麗だ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 17:17:23 ID:pVXwOQJP
>>51
なんでおまいは、ゲームに参加しなかった!w

GJ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 19:22:49 ID:270pw5kC
>>51
カッチョイイ&カワイイ! GJ!

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 20:09:15 ID:oUz5w4EJ
>>51
静留のエレメントはやっぱり薙刀だね。グッジョブ!

58 :前スレ484:2005/05/13(金) 21:28:39 ID:acI5l3PP
>>51さんGJ!
51さんの凛々しい会長の後にこんな会長投下しちゃうのはどうかと
思うのですが・・・・

『ワンワンなつき』投下した前スレ484です。
"13日の金曜日"に、また懲りずに第3弾投下してみようと思います。

もうこの妄想垂れ流し脳みそはダメだ・・・。_| ̄|〇



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 21:29:31 ID:WnueRYBs
公式の壁紙・・・

60 :藤乃病院へおこしやす1:2005/05/13(金) 21:29:34 ID:acI5l3PP

「あー!全く、何故私がこんな目に・・・。」

なつきは、目の前でギブスに包まれて吊るされている自分の右足を
見ながら少々苛立たし気に一人ぼやいた。

ここは、なつき達の暮らす街にある大きな総合病院である。
事の発端はバイクで帰宅途中のなつきの前に突然子犬が飛び出し、
それ避けようとして急ブレーキを掛けバイクから投げ出されたなつきは
足からの着地を試みるも失敗。右足を骨折、病院に一時入院となった。
他に人がいると落ち着かないというワガママな理由から個室にしてもらった。


なつきが暇を持て余し近くあった雑誌をパラパラと適当に読んでいると
トントンと病室のドアを叩く音がした。
「ああ、どうぞ・・。」となつきが詰まらなそうな声で答えるとすぐドアが開き、
学校から真っ直ぐやってきたのか制服のままの静留が入ってきた。

「なつき事故に遭わはりはったいうから心配したんえ。」
ベット脇の椅子に腰を掛けて静留が本当に心配したように言った。

「ただ右足を骨折しただけだ。他はかすり傷程度で済んだ。」
なつきが覗き込むようにしてくる静留にバツが悪そうに言った。
静留が手に持っている2つ紙袋に気づくとなつきはそれについて尋ねた。


「ところで静留、その紙袋はなんだ?」
なつきにそう聞かれ静留は紙袋を少し上げて
「ああ、これどすか?こっちは、なつきの部屋からうちが持ってきたなつきの着替えどす。
あとこっちは秋の文化祭で演劇部の人たちが使いはったけど処分に困った言うて、
生徒会に持ってきはってなー。うちらもどうしはったら良いか分からんかったら、
うちが一旦預からしてもらう事に・・。」
と、言いかけ突然何かを思いついた様にハッとなった静留は

「うち、ええ事思いつきましたわ〜。なつき、ちょっと待っててな〜。」
と、嬉々としてなつきの着替えではないほうの一つの紙袋を持って病室を出て行く。

「何なんだ?」と、不思議そうに静留を見送るとなつきはまた雑誌をパラパラと捲り始める。


しばらくすると、またドアがトントンと叩かれる。
「どうぞ。」と雑誌に視線を落としたままなつきが答えると

「ほな。玖我はん、失礼します〜。」
と、静留は病室へ入ってきた。

『玖我はん』と突然呼ばれ、どうしたのかと不思議に思ったなつきがふっと視線を上げると

そこには、ピンクの看護婦制服に身を包んだ静留が立っていた。




61 :藤乃病院へおこしやす2:2005/05/13(金) 21:30:43 ID:acI5l3PP


あまりの突然の光景になつきは「なっ!?」と言い口をぽっかりと開けるしかなかった。
正直、なつきの目の前に広がる光景はあまりにもなつきの予想を遥かに越えていたからだ。


髪をアップに纏めナースキャップを被る看護婦姿の静留はカルテを手に持ち、
ぴったりとしたその制服は胸元が強調されるそうに作られているのか
静留の豊かなバストの存在感を一層増している。
更にその制服のスカート丈は膝上20cmほどまでしかない上にサイドに深いスリットまで入っている。


予想だにしなかった事態にパニック中のなつきの頭では、それを上手く的確に表現する語彙は見当たらず
唯々『エロイ』と表現するしかなかった。

呆然と茹で上がったタコのように顔を赤面させているなつきに
静留は微笑みかけるとしなやかな歩みでなつきに近づいてくる。

そんな静留が一歩一歩と近づいてくる度、なつきの心臓の鼓動はどんどん早くなっていく。

『ええい!私は何をそんなにドキドキしているのだ!』
と、精一杯自分に言って聞かせるも心臓の鼓動が落ち着く気配は全くない。

静留はなつきの横までやってくると
「玖我はん、顔が赤なってますえ。熱出てはるんちゃいます?」
と、顔を近づけなつきの額に手を当ててくる。
近づく静留のふわふわとした亜麻色の髪から静留特有の甘い匂いがする。

「のぁあ〜!!」
なんとも情けない叫び声を上げて身を引くなつき。
静留の匂いなど普段嗅ぎ慣れているはずなのだが、
この状況でのその香りはなつきにとって何だか非常に危険な香りであった。

なつきは先ほどから、もやもやと湧き上がってこようとしている得も知れない衝動と必死で戦っていた。
そんな状況下でそのような危険な香りを嗅ぎ続ければ、必死な抵抗は吹き飛んでしまうような気がした。


「あらあら、玖我はん。もしかして照れてはるん〜?」
と、そんななつきの心の葛藤を知ってか知らずかからかう様に静留が言う。

「そっ、そんな訳あるか!だ、第一、静留どうしてそんな格好してるんだ!?」
必死に言い返すなつきに静留は笑いながら
「さっき言いましたやろ、演劇部の方たちが処分に困って生徒会に持ってきたモノがあるって。
実は、この制服の事でしてな〜。今年の演劇の為に一式まとめて買うたらしいんやけど、
もう使う予定ないしもったいないから生徒会で引き取って欲しいいうて〜・・。」
と、答えるとなつきが

「一体どんな演劇だ!!」と演劇部にツッコミを入れる。




62 :藤乃病院へおこしやす3:2005/05/13(金) 21:31:25 ID:acI5l3PP

「ふふっ。せやからな、なつきの看病に丁度ええ思うて着替えてきたんよ。
なつき、嬉しそうで良かったわ〜。」
そう言い身を乗り出すようにまた近づく静留。

「だっ、誰が嬉しそうだと〜〜!?」
と、耳まで真っ赤にしたなつきは恥ずかしさからか静留と目を合わせられず下の方へ視線をずらす。


「なっ!?」
するとその視界には、ベッドに膝を掛けた静留の短いスカートのスリットの隙間から
ガータベルトの黒いベルトが見えていた。

「のぁあ〜〜!!」
と、またなつきは情けない叫びを上げる。
顔が再びカッと上気し、心臓の鼓動は、また一段と早くなった。

「あらあら〜、やっぱり玖我はん熱があるみたいさかい、お熱計りましょうか〜?」
と、そんななつきの反応を楽しむように静留は言い、突如胸元にある制服のボタンを1つ2つと外す。

「!?なっ!何を!?」
パニック状態のなつきをよそに静留の制服の胸元は開かれ
そこには静留の白い肌と豊満な胸を黒いブラが包み込み、その谷間に体温計が挟まれている。

「のぁあ〜〜〜!!!」
またまた本日3度目の情けない叫び声を上げたなつきはぶわっと吹き出す正体不明の衝動から
足を固定され吊るされている為逃亡する事も出来ず、
沸騰した頭を抱えてブンブンと振りその衝動を振り払おうと必死に努力する。


「どないしはりました〜?やっぱり何処か体調悪いやろうか〜?」
と、またからかうように笑いながら言うと胸元から体温計を抜き取り顔を近づけてくる。

「ちっ、ちが・・。」
と、『違う』と必死に反論しようと静留を見ると、
静留の顔もほんのり上気していて唇が艶かしく赤い。

何故かごくりっと息を呑んでしまうなつき。
『これはマズイ・・。』と瞳を反らすも、今度は開いた胸元が見え視線をまた元に戻す。

「ほんま手のかかる患者さんやね〜。」
そうどこか嬉しそうに言うと静留はなつきの隣に腰掛けなつきの首に腕を絡めてくる。

急接近されたなつきは、静留から発される背中をゾクリとされるような甘い匂い
上気した艶やかで赤い唇、そして豊かな胸を覗かせる胸元
のトリプル攻撃で今にも心臓が口から飛び出しそうなほど高鳴っていた。




63 :藤乃病院へおこしやす4:2005/05/13(金) 21:32:11 ID:acI5l3PP

顔をこれでもかと言う程真っ赤にしガチガチになり一言も発せずにいるなつき。

みつめ合う二人。

無言の間が流れる。

すると、なつきのそんな顔を見て
「あ〜あ、やっぱり迷惑やったろうか〜。堪忍な、なつき。」
と、寂しそうに俯きながら静留が言う。

「!?」


ーその時であった。なつきの中の防波堤が決壊したのは。ー



「静留!!」
そう言ってなつきは静留を抱き寄せ静留のアゴを引くとその赤いくちびるに口づけした。
突然のなつきの大胆な行動に最初は驚くも静留も徐々にそのキスに答えていく。

・・・・・・・

自分でも驚く程の熱いキスをし終えたなつきは、またまた羞恥心で真っ赤になって下を向いた。

そんななつきを嬉しそうに微笑みながらみつめる静留。
しばらくの間の後、静留はふふっと笑い

「うち嬉しいわ〜。やっぱりなつき看護婦さん好きやったんやね〜。」
と、とぼけた様に言ってなつきをからかう。

「ちっ、違うぞ!!べっ、別に私はそういう趣味は!!」
そう言ってまだ顔を赤くしながら静留の期待通りの反応をするなつき。
それを見てまたふふっと嬉しそうに笑う静留。そして、

「ほな、患者はん。体温計りまひょうか〜〜?」
と、嬉々としてなつきのパジャマを脱がし始める。


「なっ!?ちょっ、ちょと待て静留〜〜!!」

「安心しい〜。準備は万端さかい。ほら、My尿瓶も・・。」

「しっ!尿瓶まで〜〜〜〜!!」



<<ここからは先は21歳以上板向けの内容な為、自主規制・・・>>


(おまけ)

後日、リハビリ中に病院内でピンクの制服を見かける度
ビクリッ!とするなつきであった。




64 :前スレ484:2005/05/13(金) 21:33:48 ID:acI5l3PP
ランブルやりながら思いつきました・・。
(ぶっちゃけ個人的には看護婦より先生のほうが萌え)
いつも駄文でスレ汚ししてすみません

神様・スレ住人様達ほんとスマソ...  ”ついカッとなって書いた、今は氏ぬほど反省している”

でも、レス貰うと嬉しくなり図に乗ってまた書いてしまう属性な自分。 _| ̄|〇〜妄想垂れ流し中〜
(毎回、投下する度死にそうな程心臓ドキバクだから感想・指摘など貰えるとものすご〜〜くうれしくなる。単純。)


どきばくのくせに・・・・Mなのかもしれない・・w

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 21:48:20 ID:o3snuZGP
>>64
スマソと言うのなら、>>63で自主規制した部分を21禁板に投下しる!!
要約するとGJだ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 21:53:57 ID:oLnCiy2L
>>50
わざと他人行儀な言い方してなつきの羞恥心を煽ってるんだよw
>>51
かっこええ!
薙刀+清姫の静留は絵になるね
>>60
エロワロスw
タイトルもちょとワロスwww

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:05:10 ID:dWRL8Rix
また神のコンボだ。このスレからは目が離せないな!

>>51
カコイイ(・∀・)!!色使いといい、絵柄といい私好みだぁ〜。
構図もいいし、すんごいいい絵だね。上手い!
ホント、薙刀持った会長さんは絵になる。
壁紙にしてもええですか??GJ!!

>>60
ええもんみせていただきました〜。ワロタよ!!GJ!!
自主規制の分は大人板の百合スレにでも投下してくれたら
ますます神!!尿瓶使われるクライシスみたいぞ。
エロい静留にウブいなつき、いいねえ…。
だれぞの神さんが静留のナース姿、描いてくれないやろか…。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:17:02 ID:n7hXkCJ9
>>60
静留のナースルックですとォォォ!!
 ―妄想中― 
ブバッ(出血)。  作者はん、GJ☆
こんな看護婦がいるのなら自分、骨ぐらい何回でも折るヨ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:34:26 ID:R3w0CXLq
看護されてみたい・・・はうー

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:34:40 ID:R/SoGueO
やばいよーやばいよー。静留のナース姿めっちゃ見てみたいw
なつきを看病する静留ナースも良いけどいっその事なつきも医者の格好して
宿直中のなつきドクターを誘惑する静留ナースとかもイイ(・∀・)!!なww

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 22:55:33 ID:UmSAEcaU
>>60
静留はエロイのが似合う
しっかし、なつき…動揺というか興奮しすぎw

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:00:59 ID:yuzhKscL
そういう細工をしながら自分好みの攻めを展開するクライシスを
自ら養成するわけですね!静留さん

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:11:36 ID:vSqcDIDz
>>60
GJ! やはり持参してきたかMy尿瓶w
足を折ったんだから当然トイレには行けないので
付き添いの静留ナースに羞恥プレイされまくりですな、ハァハァ

で、その現場に見舞いの舞衣達がやってくる罠w

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:12:42 ID:fp9iI49R
>>73
なんて素晴らしい展開だw

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:29:05 ID:hWerD6N5
そしてVIPPERがここに写真をうpする訳か。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:31:01 ID:COlJ+t5m
>>60
な、なんてものを書くんだw 萌え死ぬ!!ww
静留のナース姿…(*´Д`)ハァハァ
なつきはそこまでよく耐えたもんだ。俺だったら見た途端に防波堤k(ry
出来れば自主規制部分も見てみたい。21禁板にでもぜひお願い。
GJ〜!!!



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 23:52:39 ID:yuzhKscL
My溲瓶で妄想。

「や、やめろ、静留っ」
「溜まってるモンはちゃーんと出さな、体の毒どすぇ、なつき」
言いながらなつきの下半身に手を伸ばす静留。片手には溲瓶。
骨折した足は吊るされているためもはや逃れる事は不可能だ。

「や、やはりだな。こういう事はちゃんとした看護婦に..(静留の手を汚す訳にはいかないじゃないか!)」
「あらぁ?いややわぁ。だからうちがその看護婦さんやないの。何言ってはるのー。なつきは」
「し、静留.........」
「ホンマは出したいのに、うちが居るから緊張してよう出されへんのやろ?
せやからうちが緊張しているなつきの体をほぐしたるさかい、遠慮せんとー」
扇情的な姿でせめ寄る静留を前に、もはやなつきは従うしかないのだった。

「し、静留、こらァ..」


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:08:03 ID:A2HsYTSV
>>64
エロスw超GJ!ってかなつきの反応が完全に男性のそれになってますなw

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:15:04 ID:07UHEbdo
>>77
コンコンガチャ
舞「なつきぃお見舞いきたわよー」
なつき「あ・・・」
舞「あ・・・お取り込み中ごめん。すぐ帰るね。」
なつき「いやこれは、あの、その」
舞「ドアの外にお見舞いの品置いとくね。それじゃっ」
なつき「オイッ舞っちょっとまてっ!!これは誤解だっ」

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:40:20 ID:mlmYXNj8
>なつき「オイッ舞っちょっとまてっ!!これは誤解だっ」
いや、正解だろw>なつき

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:44:23 ID:jHPWyDJ6
>>60
(*゚∀゚)=3ハァハァ

まじで萌え死にますなwGJ!!

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:52:37 ID:EBRY78Uq
>>77
>>79
>>80
もまえらこんな時間にうちをワロス死させるつもりかw?
ともあれこの連鎖は(・∀・)イイ!!GJ!!

そして再度>>60に(*´Д`)//ア//ア

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 01:10:55 ID:9JDE++b8
>>70
病院勤務の設定で逆に静留ドクター×なつきナースなんてのもいいな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 01:16:22 ID:2bLyW7nX
妄想が広がりますな(*´Д`)ハァハァ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 01:53:40 ID:PYhd834b
よし!明日夜行バスで京都逝って
ぶぶづけ分を補給してくるか!

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 02:07:01 ID:kLq2P9k9
>>79
最初に入ったのが気配りの出来る舞衣で良かったなw
命なら「何してるんだ?」としつこく質問の雨。
碧ちゃんなら
「シャッターチャーンス」
「撮るなーっ!」

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 02:10:38 ID:tcqfow16
でぼちんだったら大騒ぎだっただろうなw

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 02:21:37 ID:xipAJAjV
>>86
尻葱の状態も撮られてそう。

89 :前スレ484:2005/05/14(土) 02:31:11 ID:OgIBh7UJ
レスくれた方々ありがとうございます。涙でモニターが(ry
なんだかこんなに好評だとまた”酢”に乗って続編書いちゃいそうになるから
Mな自分にそんなプレッシャーかけんれ下さい。_| ̄|〇
あぁ〜、妄想がまた脳みそから垂れ流しに...


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 02:43:24 ID:07UHEbdo
>>89
みんなその妄想を待っているはずだ。
すぐにでもこのスレに垂れ流してくれ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 03:14:31 ID:5ul00P5U
>>89
ぜひぜひ続きを……
もう、いくらでも垂れ流しちゃって下さい(*´Д`)ハァハァ
いっそコスプレ妄想シリーズ……ゲフンゲフン


そしてもし「21歳以上板向けの内容な為、自主規制・・・」な内容になったら
荒れてるエロパロ板より下の方が安心かも♪
ぜひ投下をば… ○| ̄|_ コノトオリデス

ttp://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1112008803/

92 :650:2005/05/14(土) 03:27:25 ID:CyuHUyYH
>>664>>665
色々なご意見ありがとう御座いました。
注意書きと言う方法を選択したいと思います。


では早速。
以下のSSにはエロ描写が有ります。
苦手な方はスルーして下さい。

93 :92:2005/05/14(土) 03:28:17 ID:CyuHUyYH
すみません。
誤爆です。スルー願います

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 04:19:01 ID:khquHcNd
>>86
あかね  見て見ぬふり
命     質問攻め
奈緒    携帯で全世界に配信
雪之    VIPでスレ立て
でぼちん 女同士でカストロなんて汚らわしい!と言って雪之にスパーンされる

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 04:46:47 ID:07UHEbdo
>>94
コンコンガチャ
奈緒「玖我お見舞い来てやったわよぉ」
なつき「あ・・・」
奈緒「ふぅん、こんな所でもしちゃうんだ。さっすが。」
なつき「いや、これは静留が」
静留「結城はん。いいところに来てくれはったな。
是非手伝どうておくれやす。」
奈緒「藤乃、何をバカなことを・・・
いやぁぁぁ、ママァァ」
バタン

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 04:57:18 ID:+XVgyB/e
>雪之    VIPでスレ立て
ワロタ

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 05:12:46 ID:trCsGQCq
今日も一枚。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1116013878.gif
そろそろ終盤の予定なんですが、申し訳ないほど話が進むの遅いような…

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 05:16:58 ID:trCsGQCq
すいません、間違いました。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1116014688.gif
こっちでした。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 05:40:47 ID:bT47hlc1
>>94-95
ハゲワロスwww
>>98
飴と鞭をたくみに使い分ける会長さんてばテクニシャン(*゚Д`;)

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 06:06:05 ID:Tkd2A3Gi
>>98
GJ! 会長緩急自由自在だw

330 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)